●INDEX● ●TAKUYA-WORKS●

director 

主に舞台の演出のお仕事関係です

◆ロックミュージカル「BLEACH」レポートUP(2005/08/25)
「マクベス」レポートUP (2005/08/17)

                         

*演出*

NEW!
ロックミュージカル『BLEACH』
05/08/17〜28

ロックミュージカル『BLEACH』
劇場/新宿全労済ホール スペースゼロ
原作/久保帯人
演出/平光琢也 脚本/奥村直義 音楽/玉麻尚一 製作/ネルケプランニング

キャスト/伊坂達也・佐藤美貴・森山栄治・永山たかし・大口兼悟・伊藤陽佑・土屋裕一・吉田直史・林修司 ほか

*観劇レポート*

 20日の昼の部を観劇。一般発売は5分で完売(らしい)、当日券も一時間前に整理券配布、抽選で・・・という事だったので、劇場はさぞや凄い事になっているんだろうと思って行ったら・・・そうでもありませんでした。当日券でも観られないって状況はなかったようです。
 内容的には、現在連載中のもののダイジェスト版+声優イベント的なものがドッキングしたようなものという印象。キャストの1/1再現率は素晴らしく、姿だけでなく、動きも漫画やアニメの中から抜け出して来たような方ばっかりで、それぞれ歌がちょっと不得手だったりというマイナス要素ももちろんあるのですが、あえてキャラと演じ手を同一視してしまうと、その辺りも許せてしまうような、そんなカンジ。今まで拝見した、平光さん演出のアニメを演劇化したのもでは、まあ主要人物なのだけど、物語をサイドから引っ張っていくような役割の人物を作って、その人物中心に物語を動かしていくものが多かったですが、今回ルキア役の佐藤美貴さんが歌・演技・踊り共にこなせる方だった為か、ルキアが物語を引っ張っていく方式になっていたのがとても良かったと思いました。
 護廷十三隊の中では個人的に大口兼悟さん演ずる藍染隊長が大人の魅力でステキ、と思いましたが、ただの眼鏡くん好きかもしれません(笑)。二部の最初、護廷十三隊のライブ(?)の場面では、白哉にいさまでオトす方式にしているのも平光さんっぽい演出だし、舞台でなければ出来ない遊びだと思いました。 だだ、ちょっと残念だったのは、一護の斬魄刀が、斬月になっても(斬魄刀の時点でも)かなりチャチに見えてしまった事。もちろん舞台上の小物という事は承知していても、恋次の蛇尾丸はかなり出来が良かったと思うので、あの位のクオリティのモノを用意できなかったのかなぁというのが気になりました。
 なんとなくですが、今回評判が良かったら次回作があるのかも・・・なんて感じがしました。キャストはとても良いと思いますので、次回作があるのなら、今度はもっと芝居自体を楽しめるような構成で観たいと思いました。(マッチ次長)

NEW!
演劇集団円
『マクベス』

05/07/22〜31

『マクベス』
劇場/紀伊国屋ホール 
作/W.シェイクスピア 訳/松岡和子 
演出/平光琢也
出演/金田明夫、木下浩之、石田登星、佐々木睦、吉見一豊、渡辺穣、佐藤せつじ、山口太郎、本多新也、大窪晶、佐藤銀平、内埜則之、手塚祐介、吉澤宙彦、寺尾貴裕、片岡静香、三沢明美、林真里花、大門マキ、ほか

*観劇レポート*

 30日を観劇。平光さんのシェイクスピア作品の演出は「リチャード三世」に続き、二作目です。この超有名な題材を平光さんがどう調理していくのか、すごく楽しみでした。簡単に言うとセリフは余計な脚色はなく松岡さんの訳に忠実に。演出は斬新でわかりやすく。テーマとして、マクベス夫妻の愛を描く。そんなカンジでしょうか。
 とにかくマクベス役の金田さんが色っぽい。特に三人の魔女に唆されて王を殺したあとの色っぽさにはクラクラきてしまうほど。なるほど、これじゃあ魔女に目をつけられるわけだ・・・ なんて考えてしまいます。導入部分の爽やかな男・マクベスもいいカンジで、導入部分のマクベスをこんなにはっきり色づけしたものは見たことなかったので、これまた新鮮でした。
 マクベス婦人は稀代の毒婦として描かれるのがデフォルトのようですが、平光さんが演出すると、それと同時にマクベス婦人の持つ清楚な気品だとか、夫への愛だとかが付け加えられて、マクベス婦人の人物像に厚みが出ていたように感じました。また、これはちょっとこじつけかもしれませんが、今回、男性陣が素晴らしく格好よく感じられたのは、同時に演出している「BLEACH」の影響(男性陣たくさん出演)があるのかな?なんて考えてしまいました。あと、前作でも預言者めいた役をやっていらっしゃいましたが、今回も「三人の魔女」を演じられた片岡静香さんの演技が好きだな、と思いました。
 円での次回作もシェイクスピアで・・・ということでしたら、今度は喜劇で。個人的に「十二夜」を拝見したいなと思います。金田さんのオーシーノゥ公爵はなかなかはまりそうではありませんか? いえいえ、ヴァイオラとシザーリオの二役を演ずる金田さんでも構いませんが(笑)。(マッチ次長)

『革命の林檎』
04/12/22〜29
 『革命の林檎』
劇場/新宿 THEATER/TOPS 
作/宋英徳 
演出:平光琢也 
出演/平沼紀久/小林顕作(宇宙レコード)/川本成(あさりど)/藤岡豊/八十田勇一/津田健次郎/佐藤せつじ(演劇集団 円)/鳥居しのぶ/納見佳容/深田あき

*観劇レポート*

 楽日観劇。雪の為、電車が遅れて開演ギリギリに劇場に飛び込み、偶然平光さんと同じエレベーターに・・・ というのは余談ですが(笑)、演出家の座る席も無いほどの満席状態(これは平光さん談)の為か、客入れに時間が掛かり、15分押しで芝居はスタート。その後は、息もつかせぬノンストップ120分でした。
 常々平光さんの演出の好きなところの一つに「残酷な場面も容赦なくきっちり描く。そして観せ方がキレイ。」ということを掲げている私なのですが、この公演での平光さんの容赦なさは本当に凄まじく、いつもは客観的に観られる心の余裕も全くなく、物語の中に完全に引きずりこまれてしまいました。もちろん、脚本自体の完成度も高いのでしょう。そう思いました。
 役者の皆さんは演技が上手い・下手でなく、その役を「生きた」カンジがありました。あゆとさんのレポート(アクエリアス)にもありますが、特に川本成さんは本当に平光さんと「役者としての資質」が似ているように感じられました。独特の可愛らしさを持っていらっしゃるというか。個人的に注目して行きたい役者さんです(笑)。それから、半年ぶりに観る深田あきちゃんは、彼女の持つノーブルな雰囲気が今回の役でも生きていて良かった。今後も平光演出舞台で拝見する事ができるでしょうか? まだ若い方なので、今後の成長をじっくり見守って行きたいトコロです。
 戦時中の日本が舞台の為、重いテーマが横たわる中、ところどころに笑いも織り込まれて。しかし、後半の畳み掛けていく場面では、客席からすすり泣きの声が漏れていました。
終演後に平光さんに伺った話によると、一度観たお客様がリピーターとして観てくれる事が多く、しかも若いお客様が何度かご覧になって下さっている、という事でした。そうそう、書き忘れていた。劇中歌われる『林檎の木の下で』、私は『上海バンスキング』のイメージがどうしても強かったのですが、若いクリエイターたちの象徴としてすごく良かったと思います。脚本・演出・役者の力がそれぞれ相乗効果を上げ、素晴らしい舞台を作り上げていたと思います。お疲れ様でした。(マッチ次長)
ミュージカル『ふたり
04/8/01〜11
  8/19〜21
ミュージカル 『ふたり』 
東京公演:劇場/全労済ホール スペース・ゼロ(新宿) 大阪公演:劇場/リサイタルホール
原作/赤川次郎  劇作・脚本/松村武  
演出/平光琢也
出演/加藤紀子/塩谷瞬 <A>美加役:竹田侑美 / 千津子役:深田あき 
<B>美加役:三好美優 / 千津子役:高橋真唯

*観劇レポート*
 
 楽日観劇。キャスト変更により、去年の姉妹コンビのキャストでした。(席はなんと一列目ド真ん中。)
やはり去年との違う点を考えながらの観劇となったのですが、今年の女の子たちは去年の子達よりちょっと色っぽいカンジがしました(笑)。迫力は去年の子達が上ですが、今年は全体的にスィート。若い女の子達の持つ、爽やかな色気ってこういうものなんだ、と思いました。
 猫役の二人の子達は小学生?! 子猫な魅力全開でした。高校編の最初の場面で登場する足立さん、公式サイトにあった「何か一つ自慢できるもの」ってことでサッカーを持っていったんでしょうか? ギリギリ、辛くなりそうなところまで引っ張ってドリブルなんかを披露させるところが平光さんらしい(笑)。今年の面白い趣向の一つでした。(個人的には演劇部副部長の宇野さん、好きです。)
 去年の姉妹コンビは、美加役の竹田さんの成長(ボロボロ泣いても声に響かず歌えるのはスゴイ)、お姉ちゃんの深田さんのセリフの解釈がぐっと深くなっていて、ふとしたセリフに度々泣かされそうになりました。加藤さんのお母さんも色っぽく、お母さん役に必要な、危うい魅力があって良かったと思います。塩谷さんの前田くんは、去年の岩崎さんが二枚目半なら、今年の前田くんはバリ二枚目。問題のキスシーンも、去年の前田くんがついうっかりキスしてしまった可愛らしさ、今年の前田くんはしたかったんだからしたんだ、どうだ悪いか、の開き直りの格好よさ(笑)。男性キャストは1人で今年も1人三役、お父さんのぶっといネクタイも健在でしたが、次回はお父さん役だけ平光さんにやって欲しいなと思いました(笑)。
 パンフレット(平光さんがけっこう写っている)の平光さんの言葉の中に、「10年間続けて、キャスト全員で同窓会を開きたい」とあります。来年の夏も新しい個性に出会えるのでしょうか?楽しみです。(マッチ次長)
後藤真希主演ミュージカル 
「サヨナラのLOVE SONG」

04/2/18〜22 
  2/25〜29
後藤真希主演ミュージカル 「サヨナラのLOVE SONG」
劇場/青山劇場・ウェルシティ大阪厚生年金会館芸術ホール
作・音/つんく♂  劇・脚/樫田正剛  演出/平光琢也
出演者:後藤真希 ココナッツ娘 勝野洋 山素由湖 吉岡麻由子 住吉玲奈 種子 石倉良笙 幸野友之 野添義弘 土屋裕一 鈴木健介 松本忍 岩下政之 善澄真記 松本美千穂 山本真悠子 山下幸絵 江藤有乃 藤井美妃 土居美佐子

*観劇レポート*


 初日、なんと前から二番目という良席で見せて頂きました。(この辺りの顛末は「COLUMN」に書きます^^;)
 
 「江戸っ娘〜」を観た方には「江戸っ娘〜」に出演していた勝野さん・山素さん・種子さん(個人的には「グランセイザー」の婦長役を思い出してうれしかった(笑))・今回、後藤真希さんの恋人役(というよりも主人公・ゆきのの初恋の相手)の幸野さんとの前回の役との比較も見どころの一つだったと思うのですが、幸野さんはかなり顔立ちが個性的だし、前回が長屋の熊公的役だったのから今回はこの役ですから、ジュニア役の石倉さんが「イヤミなおぼっちゃま」役で、ルックス的にも対比を出したのかなぁと思いました。勝野さんは前回と全く違い、コミカルな役。ご自分もとても楽しんで演じてらっしゃるのが伝わってきました。今回一番オイシイところをさらっていった感があります(笑)。後藤さんはとにかくひたむき。動きも良く、役にスッと入っていく集中力を持った子、というカンジ。台本はやや詰め込みすぎな感がありましたが、ダイジェスト版と思って見ればこれはこれで良し^^; それからジュニアの自称婚約者役のアヤカさん、色っぽい。「江戸っ娘〜」では、「何故彼女たち(ココナッツ娘)に着物着せるかな〜^^; これも一種のコスプレ?」なんて思って観ておりましたが今回はココナッツの二人はいいカンジ。特にアヤカさんの方がいろいろな見せ場があった分目立ちました。帰国子女な設定と、いまどきどこでそのボディコンスーツ、調達したかなーというのが彼女のキャラにうまくハマってました(笑)。
 これは後藤真希さんの素材の良さというのが一番大きいと思うのですが、とにかく楽しめました。(もしかしたらグループでのお芝居でなく個人での出演というのも大きいのかもしれません^^;) 後藤さんのナース姿・セーラー服姿とコスプレ面でも楽しめ、そういう意味でもお徳感満載な舞台でした。コミカルな味付けが生きていて、「『怪物ランドの平光さん』の演出」なイメージで行った方にとっても満足度が高かったのではないでしょうか。ミニコンサートもノリのいい曲と、ハデハデな衣装も良く、とても楽しめました。余談ですが、「空気の酸っぱさ」はやや弱めで助かりました^^; いつもちょっと寒い季節にやって頂けるとありがたいな、と舞台と直接関係ありませんが思ってしまいました。(マッチ次長)
「LOVE LIVE」
03/12/5・6
「LOVE LIVE」
劇場/TOKYO FM HALL  
出演/三ツ矢雄二 郷田ほづみ 高杉航大 岩崎征実 竹本英史 内藤玲 下崎紘史 森山栄治 竹内順子 笠原弘子 鈴木真仁 風間水希 種子 尾小平志津香 鈴木まひる 鮭延未可
演出協力/ 平光琢也

*レポート*

 第一部が朗読、第二部はミニミュージカルあり、寸劇あり、アフレコっぽいものあり… といった内容だったわけですが、全体的に三ツ矢雄二さん色の強いイベントだったな、と感じました。どの辺りが三ツ矢色かというと… 第一部のめり子の物語はその昔、アニメージュ文庫になった「ハーフボイルド・ストーリー」(三ツ矢雄二さんの短編小説作品集)の中の一編で「1/2の童話」。かの作品集の中でも一番印象の強い作品で、過去、上演もされているようです。
それから、三ツ矢さんと郷田さんの朗読に出てくるテネシー・ウィリアムズ。戯作家として有名(「欲望という名の電車」を書いた方です)ですが、三ツ矢さんが好きな作家さんだし、第二部の最後で歌われた「約束」も、三ツ矢ファンにとってはおなじみの曲。20数年前に、三ツ矢さんの歌う「約束」を初めて聴いた私は、お姿も、歌声も変わらない三ツ矢さんをものすごく懐かしい気持ちで拝見しました。あの当時、たぶん「第一次声優ブーム」という言葉があった頃で、声優さんのアルバム(当時はLP)なんかがたくさん出て、その中にもいろいろいい曲はあったんですけど、三ツ矢さんはスタンダードジャズの名曲のカバーを2枚ほどLPで発表されていて、三ツ矢さんからはアニメ以外の音楽の面白さも教えて頂いたし、アニメ雑誌で読む「三ツ矢さんの好きなもの」はその後、自分が関わる事になる芝居に繋がったものですし、いわば恩人と再会したような気持ちでした。しかしやはり私も腐女子のはしくれ、「三ツ矢さんと郷田さんならば、郷田(攻)三ツ矢(受)かしら?」なんて開演前に予想をしていたら実際は…その逆でした^^; ドナドナ状態で三ツ矢さんに手を引かれて退場する郷田さん、面白かったです(笑)。BBSの方に先に書いてしまったのであまり重複することは書きたくないのですが、第一部の朗読での郷田さんのレザーパンツ姿、足長すぎです(*^^*) ひそかにウェストにあしらわれたチェーンベルトを私は見逃しませんでした(笑)。
 第二部ではミニミュージカルでの竹内さんの動きのよさと、種子さんの存在感(「江戸っ娘。忠臣蔵」でも2ちゃんねるのモー娘ファンの男性方から熱いラブコールが掛かっていましたっけ(笑))、風間さんのハンターミュージカル(イルミ役)とのギャップが印象的でした。個人的に、内藤怜さんは声のお仕事で拝見する限り、ものすごく器用な方のように思えるので、演技を拝見したいと思っていたのですが、今回は声だけで動きのないものだったので、是非、舞台の内藤さんを拝見したいと思いました。
 今回、平光さんは「演出協力」と書かれていますが、舞台を観て納得。各パートの演出さんがいて(それはミニミュージカルの竹内さんだったり、パートによって異なるようですが)平光さんはいわば、全体の交通整理のような役目だったのではないかと思いました。最後に三ツ矢さんも仰ってましたが、事務所でのこういうイベントって本当に珍しいですよね。集まるファンの年齢層も、嗜好もかなり異なる中で、内容的にいろんなものがたくさんつまった福袋的な見せ方で、所属の皆さんのいいプロモーションの場になったのではないかと思います。次回は(できれば)平光さんも出演して下さって、三ツ矢さん・平光さん・郷田さんで何かやって下さったらこんなに嬉しいことはないんですけど(笑)。

今後も引き続き当日の様子をUPする予定だそうです。是非ご覧下さいませ。
http://www.nelke.co.jp/lovelive/live/llindex.html (『LOVE LIVE』公式サイト)
アミューズ25周年記念企画 ミュージカル『ふたり
03/8/14〜24
アミューズ25周年記念企画 ミュージカル『ふたり

劇場/全労済ホール/スペースゼロ  原作/赤川次郎(新潮文庫「ふたり」)  企画/アミューズ  脚本/松村武  
演出/平光琢也  音楽/福寿 テーマ曲:BEGIN  出演/奥山佳恵/岩崎大/他

*観劇レポート*

 今回は楽日を観せて頂ました。予備知識としては「オーディションに受かった20名の女の子達が舞台に立つ」ということと、「原作・赤川次郎さん、大林監督が映画化している、ピアノのシーンが美しい映画」「中には元・OHAガールなんかもいる」ということだけで、あとは観劇前にオフ会でお会いした仮の名さんに伺った「これはファミリーミュージカルだ」という事・・・ 観劇前にはずいぶん予備知識もなく行くもんだなぁと思っていましたが、こうやって並べてみるとけっこう色々と構えて観にいった部分もあったのかな? と思いました。
 まずは出演者の女の子たちの歌と踊りだけで泣けてくる。彼女達の真摯な姿が客席にいる私達の心を打つのです。芝居が進むに従って、彼女たちの得手・不得手も確かに見えてきます(この子はちょっと芝居が苦手なんだな、とか、リズム感はいいけど踊りがね^^; とか) でも、自分の力以上のものを出し切ろうとしている彼女達の姿は掛値なしにすごい。そして20人の女の子が歌い踊る中で、前列じゃなくっても、どこにいても目を引く女の子たちがいて、「ああ、これが『華がある』って事だな。」とも思いました。
 今回、この観劇レポートをまとめる前に原作本も読んでみました。私の勝手な「赤川次郎イメージ」と違い、原作はかなりヘビィな場面が何箇所もあって(例えば主人公・実加がレイプされかけるシーンとか)その辺りがやっぱりファミリー向けにちょっとやさしくアレンジされた脚本になっているんだな、と思いました。実加は原作でも小説を書く設定になっているのですが、ミュージカル中では実際に実加が書いた(とされる)小説が登場したり・・・ その辺りの趣向も面白かったと思います。
 キャスティングもリアルだな、と思いました。舞台だと、ついつい「お母さんらしいお母さん」「お姉ちゃんはお姉ちゃんらしく」みたいな感じで、役を過剰に作りすぎてしまう傾向があると思うのですが、実加役の竹田侑美さんと、実加の姉・千津子役の深田あき子さん(漢字が出ないので平仮名で) ・奥山佳恵さんの親子が友達親子っぽい雰囲気が出ていたのと、千津子役の深田さんが、「なんでもできるお姉ちゃん」なのに、目線が実加と同じだったのがとてもいいと思いました。黒一点(?)の岩崎さんは、お姉ちゃんの淡い初恋の人・実加の彼氏・ふたりのお父さん、と全ての男性キャラを一人でこなし、その長〜い足がイヤミにならない、適度にボンクラ(注:誉め言葉です)で、確信犯な二枚目半を上手に演じていらっしゃいましたが、お父さん役のときのぶっといネクタイでは「・・・これ、笑うところでいいのかな〜?」 と、少々悩んでしまいました^^; 
お父さんの浮気相手疑惑の「北の女」のカラオケシーンも愉快でした。(ただちょっと、岩崎さんとデュエットが見られるのかな〜? という期待は裏切られましたが(笑))
 今回の演出は、平光さんが得意であろう少女漫画っぽい味付けと、舞台に立つ彼女達とほぼ同年代の娘さんを持つ父としての眼が光っていた舞台ではないかな、と感じました。終演後、平光さんご本人に生意気にも「演出が変わりましたね。」なんて言ってしまいましたが、平光さんの演出の節目が「リチャード」で出来て、また新しい局面に向かったように私は感じましたが、この舞台をご覧になった皆さんはどう感じたでしょう?(マッチ次長)
演劇集団円
 「リチャード三世」

03/7/10〜20
演劇集団円 「リチャード三世」
劇場/紀伊國屋ホール 作/W.シェイクスピア 訳/松岡和子 演出/平光琢也  
出演/金田明夫 木下浩之 石田登星 佐々木睦 吉見一豊 石井英明  渡辺穣 荒川大三郎 小森創介 佐藤せつじ 関貴昭 山口太郎 本多新也 岩崎正寛 茶花健太 大窪晶 高林由紀子 片岡静香
三沢明美 入江純 高橋理恵子 大門真紀 ほか

*観劇レポート*

 初日公演に行って参りました。
最初は「シェイクスピアって難しいんじゃないかな?」「原作を読んでなくても大丈夫かな?」と思っていましたが、実際はそんな懸念を覆す面白さで、予備知識が全くない素人にも楽しめる舞台でした。
 音楽はロックを使用していて「時代劇にロック!(byゆうきまさみ)」みたいでユニーク。キャスト陣も主役の金田明夫さんをはじめ個性的な方ばかり。その中でも特にエドワード四世、ロンドン市長、騎士と三役も演じてらっしゃった佐々木睦さんの忙しさ、ヨーク公役の大門真紀さんの可愛さ、準主役のような感じだったバーミンガム公の吉見一豊さんが印象に残りました。

 今回設定した観劇のテーマの一つに「ヘイスティングズ卿役の石田登星氏が、ウソップランドでどんな役を演じていたかを思い出す」というのがありました。おそらくCMパロディの「ハイウェイの稲妻リヤカー」で赤星さんにナンパされる女性が石田氏だと思うのですがどうでしょうか?(ゆーすけ)


 初っ端、金田さん演じるリチャード三世のシャウトから始まり、観る人の度肝を抜く。そして、すっかり平光演出に魅了されてしまうか、戸惑いを感じるか… そんな刺激的なはじまりの舞台でした。シェイクスピア作品は難しいと一般的に思われがちだと思うのですが、平光演出では、「シェイクスピアはこういう事を言いたかったに違いない。」という事を非常に判りやすく観客に提示してくれます。装置はジャン・ハース氏の「毛皮のマリー」’94 を思い出させる斬新なもの。音楽も、(ゆーすけさんも触れていますが)ザ・ローリングストーンズの曲などロックを多用し、衣装もリチャード三世(金田さん)はコム・デ・ギャルソン風のものを着用…など、私の中の「演劇集団円=新劇調の堅い芝居」というイメージは根本から覆されました。

 ただ、テンポの良い舞台にする為か、全体的にセリフが早口だったのですが、シェイクスピアの長セリフは辛かったのでしょう、セリフをかんでいる役者さんが何人かいらっしゃったのが少々残念… しかし、私が観たのは初日だったので、中日以降は改善されているかもしれません。殺陣のシーンの動きも段取りがちょっと見えてしまったのが勿体無いな、と思いましたが、それ以外の場面は本当に一つも無駄がなく、(暗転の間の舞台転換の様子が全て客席から見えるつくりも、私好みでした) 演出家・役者双方が楽しんで舞台を作り上げた様子が客席からもよく窺えました。

 キャスティングもみなさんとても役に合っていると思いましたが、個人的にはヨーク公爵夫人役の高林由紀子さんの演技が良かったです。

 私には、今回の金田・リチャード三世は、「悪事を重ねても本当に欲しいものが手に入らない可哀想な人」に思えました。リチャード三世の高笑いで幕を閉じる、裏「リチャード三世」が観たいな…と思ってしまいましたが、これも平光さんの狙い通りだったのでしょうか?(マッチ次長)

モーニング娘。の主演ミュージカル 『江戸っ娘。忠臣蔵』
03/5/31〜
6/29

モーニング娘。主演ミュージカル『江戸っ娘。忠臣蔵』
劇場/明治座  プロデュース/五木ひろし&つんく♂  脚本/樫田正剛 
演出/平光琢也
出演 /モーニング娘。 ココナッツ娘。カントリー娘。 勝野洋 佐渡稔 種子 平野くんじ 川渕良和 山素由湖 積圭祐 篠田剛 他

*観劇レポート*
 
 今回は6月10日(火)に行ってまいりました。「5分くらいは押すよね〜。」と、それ位で劇場に入った私とレイディさん・・・もう始まってました^^; よってオープニング観られず。ストーリーを楽しむよりもまず、モー娘。メンバーの顔の見分けを、の私でしたが、そこはレイディさんの解説によって無事全員見分けがついたので、安心して観ることができました。

 その後の夜のオフ会のとき、「どんな話だったの?」と聞かれ、「一言で言うと・・・オヤジ狩り。」と答えた私でしたが…確かに幕府使用人・前川のした事はひどかったけど、あの討ち入りシーンはちょっと可哀相です。しかもあの討ち入り衣装、いくら「これは芝居、心の中で薄目を開けて観るんだ。」と思っても、あのスパンコールは(芝居の中では)ちょっと頂けないと思いました。それから石川梨華さん演じるつねが前川の屋敷にかどわかすシーンでは、自分の中では(戸板に貼り付けられた石川さんをくすぐり棒なんかでくすぐるような柔らかい陵辱シーンが観られるに違いない!) と思ってワクワクしたんですが、「外国に売り飛ばしてやる」ってセリフ1コでは物足りないと思いました。狂言回しのくのいち羅舞羅舞隊(この役はオイシイですよね)、あずき姫、新兵衛の子供達以外はちょっと見せ場が少なかったのが残念でした。
 娘。の皆さんは、セリフがちょっと^^; という場面も確かに多々あるのですが、動きは綺麗です。顔(TVの演技に慣れてるせいか、客席から見ると顔が下がってしまって表情が見えない場面が多いのが残念)と、人数が多くて自分のセリフのない場面では気を抜いてしまって、演技をやめてしまっているメンバーが多かったのが勿体無いです。脇の方々もしっかり芝居を引き締めていて、時間の少ない、メンバーも全員揃っての稽古もあまりできなかったでしょうに頑張ってるな、と思いました。

 ミニライブではミュージカル終了直後からのいわゆる推しメンコールと、揺れる会場と、臭気(ミュージカルが進むにしたがって会場はだんだん寒くなっていくのに反比例し、客席はだんだん酸っぱく・・・そしてミニライブではMAXに^^;) に圧倒されましたが、生で見るモー娘。メンバーは可愛くてパワーがあって、とても良かったです。叉、アンコールの時の「どっこい!江戸っ娘。忠臣蔵」(実質カーテンコール)の時の共演者の皆さんの、ノリノリでうれしそうに踊る表情が良かったです。(まさかテキサス勝野が踊るとは思いませんでした^^; しかもちょっと恥ずかしそう・・・)

 それから、ミュージカル以外で気になったこと。モー娘。のパンフでは、もちろん一番最初に平光さんのページを開いた私ですが、平光さんの写真うつりひどすぎます(T^T) (今までのハンターミュージカル等のパンフの写真なんかでも「これは本物の平光さんやない、にせもんや!」(何故か関西弁) と思った私ですが、プロデューサーの方(特に名は秘す)の写真が修正しまくりなのに対し、これは^^; 平光さん、写真はもっと写りのいいのを使ってください。お願いします。(マッチ次長)
ミュージカル・ハンター×ハンター 『tha nightmare of ZAOLDYECK』 
02/8/8〜14
8/17・18
ミュージカル・ハンター×ハンター 『tha nightmare of ZAOLDYECK』 
劇場/全労災ホール スペースゼロ(東京新宿) サンケイホール(大阪梅田)
原作/冨樫義博(集英社『週刊少年ジャンプ』連載) 演出/平光琢也 脚本/田原弘毅 

キャスト/ゴン・竹内順子 キルア・三橋加奈子 クラピカ・甲斐田ゆき レオリオ・郷田ほづみ
  ヒソカ・高橋広樹 イルミ・風間水希 ミルキ・北野康弘 カナリア・鈴木真仁 他

*DVD[ミュージカルHUNTER×HUNTER」“6大特典つきスペシャルパッケージ”・ライブ収録CD
 限定生産で販売。

*観劇レポート*

仮の名さんのレポート追加!(02.09.24) ↓ 


 まず最初に。実は私、開演時間を勘違いする(17時と7時)という大ポカをしでかしました。気付いてダッシュで駆け込んだときには舞台は送別会がお開きになるところ、温泉シーンには間に合いはしたのですが…いい席だったのに(通路一つ前、カーテンコール時に郷田さんが丁度真正面になる位置)…バカです。で、入りましたよ「キル」スイッチ。もう止められない、翌日当日券決定です。果たして劇場の右端、温泉が見えるかどうかのギリギリの位置で仕切り直ししたのでした。

 前半は、削れるところは削ってテンポよかったですね。ただカナリヤ降参するの早過ぎ。もうちょっと引張ってもよかった気がします。あとこのシーンのゴンのヤラレ芸は相変わらず見事でした。
前作を引き摺ってるシーン・曲がいくつかありましたが、見続けている者にとっては、心憎い計らいですね。まず林檎の唄。歌に合わせたさりげない手品も相変わらずでイイ感じです。カナリヤって真仁さんだったんですか。三ツ矢さんの一番弟子、芝居できればそれだけで幸せ!って感じの人ですよね。

シルバ・ゼノ×ヒソカのアクションシーン。さすが、の見せ場でしたが、笠原さんにはもう一つの顔、破壊ギリギリのアドリブも見せてほしかったです。温泉シーン、土曜はクラピカが完全にタイミングを失って、白いのがバッチリでした。ありゃトランクスというよりサルマタでしょうか?翌日はしっかりスタンバってました、クラピカ。バンジーガムのシーンは、やってくれた!って感じですが、ちゃんとしたダンスシーンってここだけなんですよね(執事のコインとか送別会の冒頭とかあるにはありましたけど)。この点はミュージカルというにはちょ〜っと食い足らなかったかなぁ。

 で、カーテンコール。日々変化がある点一番のお楽しみ、です。まず、最初のカーテンコールでは並んでひと通りの挨拶の後一人早々に退却しようとするレオリオをゴンが引き止めるハプニング。翌日の様子だと、どうやらマジボケだったようです。再度のカーテンコールでは退場時、シルバがキルアを右肩に抱えて退場、ゴンもヒソカにおんぶされて退場しました。翌日はキキョウがシルバにお姫様ダッコされて登場、帰りはヒソカに乗り換えてクルクル回りながら退場していきました。また、その他執事のイマイチ垢抜けない、ホッとした表情が印象的でした。

 お芝居としてみると、あと30分欲しかった気がします。駆け足だった分どうもお話の軸が見えなかったような。主役って誰?というと、ゴンは違うし、キルア?…まあそうかなぁ、でもイルミも役も役者もキルア食ってたし。クライマックスもスイッチが入った以降よりむしろ、やはり温泉シーンの方がテーマ的にも一番のヤマだったと思うし。

 最後にもう一つ。三橋嬢、話程ヒドくなかったような…特訓でもしたのか、内容を修正して見栄えを整えたのか、初日マイクが不調だったのか、或いは単に私が若い嬢ちゃんに甘いのか…にしても唄・アクション共そぅ劣っているようには見えませんでした。う〜〜ん??

 来年はアニメ化されてない話になるのでしょうか?蜘蛛絡みは無いとは思いますが。そのときは席まで御一緒はムリとしても、皆で観てそのままオフ会に雪崩れ込みってのもいいかもしれませんね。(仮の名さん)


 今回は、東京公演初日に観に行きました。全体的にエンターティメント性に優れ、とても楽しめました。特に、一人一人の見せ場がしっかりあった事が良かったと思います。
 キャストの方でまず思ったのは、甲斐田さんのクラピカがとても良かったという事。実は初演では、けっこうハラハラして観ていたのですが、今回は非常に安心して観られました。木村さんのクラピカも良かったけど、クラピカはやっぱ甲斐田さんじゃなきゃね、と思わせてくれました。イルミ役の風間さんは、とても素晴らしいと思いましたが、私自身が原作のイルミをもっと男性的なイメージで捉えていたので、そこでちょっと違和感を感じてしまいました。原作を読まないで見たら、先入観がなく、風間さんの演技が楽しめたかもしれません。
 シルバとミルキに関しては、ゆーすけさんと同意見なのですが、特にシルバは、原作を読んだ時点から笠原さんなると良いな、と願っていたので今回のキャスティングはイメージ通りで大満足。ただ、あの素晴らしい筋肉を堪能できる場面が欲しかったです・・・半裸でのアクションシーンとか(*^_^*)演技とは全く関係ないですが、北野さんはピンクシャツがとても似合うな、と思いました(笑)
 ヒソカ・高橋さんは妖しさが増していてこれまた満足、♪リンゴちゃ〜ん、の曲は初演から観ているものにとってはたまらないツボ(笑)・・・それにしてもミュージカルのヒソカは「いいひと。」じゃないですか?いいひとすぎて、最後に酷い目に遭うんじゃないかとちょっぴり心配しています^^;
 あと、何といってもレオリオ!!二幕の「レオリオ温泉」シーンでは輝いておりました(笑)、しかし今回、ゾルディック家編という事で、個人的に「扉」のシーンでの、「かっこいいレオリオ」の見せ場を期待していたのです。もっとも観たかったその場面は割愛されていた為、一幕の脚本には散漫な印象を抱いてしまったのですが、二幕のオリジナルストーリーは、文句なく楽しめました。「伸縮自在の愛(バンジーガム)」のシーンは最大の見せ場ですよね。ダンスシーン、楽しめました。(ってこれは一幕の方でしたっけ?^^;)
 それから音の入れ方について。「deja-vu in summer」のところでもちょっぴり書いていた、音のタイミングなのですが今回は、いつもの平光さんの「音」のタイミングに戻っているな、というのがとてもうれしかったです。平光さんの音の入れ方は、生理的に気持ちよい「裏切り」をしてくれるタイミングなのです。(わかりにくい表現ですみません。)私は、平光さん以外でこの音の入れ方をする演出家さんって出会ったことないので、平光演出の特徴の一つ、として挙げておきたいと思います。
も一個つけたし。ラジオ効果によるものか、「ねー、平光さんってどこにいるの?」と探している、女子中学生らしい女の子たちを見かけました。もうベルが鳴ってからだったので、教えるのはやめときましたが、毎日、こんな光景が会場のどこかで見られたかもしれませんね(^.^)

 以下は管理人2号・ゆーすけさんの観劇レポートです。こちらも併せてお楽しみ下さいませ。(管理人1号・マッチ次長)


 ハンター×ハンターミュージカル(東京公演・初日)を観てきました。
開演ギリギリ、一番最後に入場したため通路に座っての観劇になりましたが、笑いあり、友情あり、やおい要素あり(^^;)で、座り心地の悪さを忘れるほどの楽しさでした。

【キャラクターについて】
 キルア父のシルバと次兄ミルキは、まさに「本物」って感じでした。笠原氏、北野氏以外に適役は存在しないでしょう(ミルキは伊集院光氏でもいいかもしれませんが、彼がアクションをすると膝に水が溜まるし、大量の汗が出ると思われますので無理でしょう(^^;))

 イルミはやや女性っぽかったかな と思いました。素人考えですが、もっと男っぽく、そして無表情に演じたほうが良かったのでは? でも芝居やアクション等は素晴らしかったです。

 キルア。スケボーを持ってるんだから乗ればよかったのに。(初演等では乗っていたそうですが。)上手く乗れても転んでもファンサービスになったでしょうに(笑)

【その他】
 客席からの笑いや歓声(悲鳴?)が大きかったので、その後の役者さんのセリフが聞こえなかったのがちょっと残念でした。客席が静かになるまで間を若干取って欲しかったですね。

 面白いと思ったのが舞台装置。テーブルを逆さにしたようなものが中央に鎮座しているのですが、足にあたる部分に小道具を差しこむことによって、時にはシルバの部屋、時には屋外へと変化します。(管理人2号・ゆーすけ)
ミュージカル「HUNTER×HUNTER」deja-vu in summer
01/8/15〜20
8/25・26
ミュージカル「HUNTER×HUNTER」deja-vu in summer
劇場/全労済ホール スペース・ゼロ(東京・新宿) 八尾市文化会館 プリズムホール(大阪・八尾)
原作/冨樫義博(集英社『週刊少年ジャンプ』連載) 演出/平光琢也 脚本/田原弘毅 

キャスト/竹内順子・三橋加奈子・木村亜希子・郷田ほづみ・高橋広樹 他

*観劇レポート*

前回、初演は初日に観せて頂いたので、今回は楽日・最終公演を観に行きました。今回はキャストがクラピカ役→甲斐田さんから木村さんになるという事で、新しい演出の部分なども楽しみだったわけですが、前回同様メインキャストがそれぞれ2役を演じる事は変わらず、新・クラピカの木村さんがアニメで実際演じているミトさんを2役で演じていたところがアニメのハンターファンの方にはたまらなかったのではないでしょうか?キャスト変更に従って、人質も一人少なく、甲斐田さん演じるミセス・ユカイータがいなくなった分、脚本も随分シェイプアップされていたような印象を受けました。前回の舞台では、今回と比較するとやはり、(一幕目は)稽古不足の感が否めませんが、今回は、(楽日の熱・・!という事ももちろんあったと思いますが)再演の方々はそれぞれ力のこもった演技、というだけではなく、余裕が見え、サービス満点、特にヒソカの「りんごちゃ〜ん♪」のシーンでは会場内大爆笑でした(笑)上・下や花道の登場だけでなく、客席からのキャストの登場も、ミュージカルでは珍しい演出ではないでしょうか?ただ今回、平光演出の醍醐味の一つの音のインパクト(大体、ここで音が入るな〜という予想より半拍くらい早く入る。怪物ランドプロデュース時代よりの特徴)が予想通りの入り・・で、個人的にそれがちょっと残念でした。アニメの音響監督のお仕事の弊害なのでしょうか?一幕のラストの、お互いの立場を歌で掛け合いするシーンや、マダムイザベラの衣装の早替え、見どころ満点で実に楽しめました。クラピカのキャスト変更に関しても、これはこれ、すんなり入れました。オフ会である方が「甲斐田さんはアニメのクラピカで、木村さんは原作のクラピカ」と仰っていたのが印象的です。次回作のハンターミュージカルでは、新しい脚本で上演されるのでしょうか?今度こそは平光先生の脚本で!(まだ言ってる(^^;)

*19日夜の部観劇のレイディさんのレポートも併せてお楽しみください。
ミュージカル「HUNTER×HUNTER」
00/12/26〜29
01/1/1〜4

劇場/全労済ホール スペース・ゼロ(東京・新宿) 八尾市文化会館 プリズムホール(大阪・八尾)
原作
/冨樫義博(集英社『週刊少年ジャンプ』連載) 演出/平光琢也 脚本/田原弘毅 
キャスト/レオリオ◆郷田ほづみ ゴン◆竹内順子 キルア◆三橋加奈子 クラピカ◆甲斐田ゆき ヒソカ◆高橋広樹

*DVD(予約限定5000個。完売です)・VHSビデオで販売

ミュージカル 「HUNTER×HUNTER」VHS (発売:2001/8/10) 価 格:\4,800(税抜)
仕 様:VHS カラー/ステレオ
発売元:株式会社マーベラスエンターテイメント 販売元:株式会社ポニーキャニオン
特 典
1.インタビュー映像収録・・・DVDにも収録されているキャストインタビュー
2.オリジナルガイドブック・・・同じくDVDにも同梱されていたガイドブック(歌詞付き)
3.原画オリジナルポストカード・・・DVDではポスターになっていた絵柄がポストカードに!!

*観劇レポート*

・・・という訳で、初日のマチネに行ってきました。マチ蔵は当日券で入りました。補助席を作ってあるので、若干は当日券もあります。(チケットは完売)大体会場10分前に入って、「残りはあんまりないです。」という事でしたがなかなか良い席でした。
ネタばれになるので内容については触れませんが、これでもかっ!っていう位、派手で「観せる」演出でした。郷田さんの動きの激しい事!マチ蔵、あんなに「動く」郷田さんを見たの、初めてです(笑)←これは平光先生も、「郷田、動くだろ〜!」と、言ってらっしゃいましたが。
ヒソカ役の高橋さんのオイシイ事!劇場中のみんなのハート、わしづかみです(笑)
アニメも二回くらいしか観たことなく(しかもレオリオが出ない回ばっか(^^;)あえて原作を読まずに観にいったのですが、内容を知らなくっても充分楽しめます。
んで、今回のラッキー・・・休憩時間にロビーに出たら丁度、平光先生がお一人でいらっしゃったので話し掛けてしまいました。「バタバタで作ったんだけど、二幕の方がまとまってるから。」と、おっしゃってました。いやいや、一幕だって時計も一回も見ずに(マチ蔵、退屈だと何回も見てしまいます)観てしまいましたよ。あと、郷田さん演じる「Mr.ゴヅミ」というおじいさん、すっごくいいです!昔、郷田さんが「B-BOY」(雑誌)で「益田喜頓ののようなおじいさんになりたい。」と、言っていたのを思い出してしまいました。贅沢を言えば、平光先生の脚本で観てみたかった、かな?再演(きっとある!)では平光先生のご脚本で是非!
「みず色の空、そら色の水」
00/2/23〜27
チーム99/00「みず色の空、そら色の水」
原作/竹内銃一郎 演出/平光琢也           
キャスト/オーディションで選ばれた精鋭
「怪傑! 鈴鳴学園探偵部
〜きみの心がみえたなら…」

99/1/29〜1/31
星のねこ舎プロデュース公演 Vol.2
劇場/ 野方区民ホールWIZ
原作/日下部拓海(「怪傑!鈴鳴学園探偵部(ティーンズコミック パル連載)」)
脚本/三井 秀樹 演出/平光琢也
キャスト/雪乃五月・風間勇刀・千葉進歩・田代智宏・雪絵れな・羽吹梨里 他
リンク
(1998年)
演出 平光琢也、高橋いさを、佐山泰三 シアターVアカサカ
美少女戦士セーラームーン新・伝説光臨
98/7/10〜20 
8/25〜31
'98年サマースペシャルミュージカル美少女戦士セーラームーン 新・伝説光臨
劇場/サンシャイン劇場 岡山市民会館 新神戸オリエンタル劇場 広島郵便貯金ホール 愛知厚生年金会館
演出・脚本/平光琢也 原作/武内直子 総合演出/斉樹潤哉
キャスト/原  史奈(新任) 宮川由起子(新任) 坂井ひろみ(新任) 大山 千穂(新任) 小谷 美裕(新任) 他
美少女戦士セーラームーン永遠伝説[改訂版]
98/2/5〜16
'98ウィンタースペシャルミュージカル 美少女戦士セーラームーン永遠伝説[改訂版] -The Final First Stage!!-
会場/サンシャイン劇場
 原作/武内直子 演出・脚本/平光琢也 総合演出/斉樹 潤哉
キャスト/大山アンザ・森野文子・小谷みさこ・宮沢あきこ・利根川朱里・木村早苗・田原裕子・斉藤レイ・武田 恵子・川崎真央・望月祐(示右)多。片山沙有里・小野妃香里・奥山桃子・吉岡小鼓音・松本圭未・笠原竜司 他 
アイスクリームマン
97/12
演出 平光琢也 スタジオゆたか
「美少女戦士セーラームーン」〜永遠伝説
97/7/25〜27・8/21〜31・8/12〜13・8/18
97サマースペシャルミュージカル 美少女戦士セーラームーン 永遠伝説
劇場/サンシャイン劇場 新神戸オリエンタル劇場 愛知厚生年金会館
原作/武内直子 演出・脚本/平光琢也 総合演出/斉樹 潤哉
キャスト/大山アンザ・森野文子・小谷みさこ・宮沢あきこ・利根川朱里・木村早苗・田原裕子・斉藤レイ・今井ちひろ・川崎真央・望月祐(示右)多。片山沙有里・小野妃香里・奥山桃子・吉岡小鼓音・松本圭未・笠原竜司 他


初めて観たセラミュでしたが、一幕のうさぎたちが舞台の稽古をしているシーンなど、とっても平光テイストで大満足。クオリティの高い、良い舞台でした。
美少女戦士セーラームーンセーラースターズ〈改訂版〉
96/12/28・29
97/1/ 2〜12

97ウインタースペシャルミュージカル美少女戦士セーラームーンセーラースターズ〈改訂版〉
劇場/大阪 厚生年金会館中ホール サンシャイン劇場
原作/武内 直子 演出・脚本/平光琢也
キャスト/大山アンザ・森野文子・小谷みさこ・佐藤 恵美香・中谷 果夏・木村早苗・田原裕子・斉藤レイ・武田恵子・川崎真央・片山沙有里・小野妃香里・奥山桃子・望月祐(示右)多・沙羅さおり・笠原竜司 他
中川裕季子ダンス50周年記念
97/7/12.13
That's Entertainment-あるダンサーの物語ー 
劇場/メルパルクホール
演出/平光琢也 監修・構成/中川裕季子 脚本/朝田麻友美 
キャスト/高橋てつや・野原ひろみ・栗原智恵 他
美少女戦士セーラームーンセーラースターズ
96/8/5〜18・8/20〜21・8/23・8/25・8/27〜30
96サマースペシャルミュージカル美少女戦士セーラームーンセーラースターズ
劇場/サンシャイン劇場・ 愛知厚生年金会館 四日市市文化会館 浜松アクトシティ 大阪 厚生年金会館中ホール
原作/武内 直子 演出・脚本/平光琢也
キャスト/大山アンザ・森野文子・小谷みさこ・佐藤恵美香・中谷果夏・木村早苗・田原裕子・斉藤レイ・武田恵子・白井珠希ディア・片山沙有里・小野妃香里・望月祐(示右)多・沙羅さおり・笠原竜司 他

美少女戦士セーラームーンスーパーズ(改訂版)夢戦士・愛・永遠に…サターン復活篇
96/3/24〜31
96スプリングスペシャルミュージカル美少女戦士セーラームーンスーパーズ(改訂版)夢戦士・愛・永遠に…サターン復活篇
劇場/サンシャイン劇場
原作/武内 直子 演出・脚本/平光琢也
キャスト/大山アンザ・森野文子・小谷みさこ・稲吉貴子・征矢千鶴・木村早苗・藤みゆ希・斉藤レイ・武田恵子・白井珠希ディア・望月祐(示右)多・井関佳子・笠原竜司 他
『SHE LOVES ME』
1995/12/3〜12/28
演出・脚色/平光琢也 (帝国劇場)
出演/島田歌穂 涼風真世 市村正親 藤木孝 菱谷紘二 石井一孝 斎藤晴彦 村井国夫 杉村理加 シャンディ−圭 麻生かほ里 飯田容子 市野莉絵 松澤重雄 井面猛志 長沢徹 森田浩貴 坂井成 館形比呂 乾アキオ 佐々木信彦
中尾和彦 中右貴久 篠原正志 杉田秀之 小山みゆき 佐藤薫 井上めぐみ 北林優香 百沢由香 朝日夫美子 後藤未雪

「夜会」 95年演劇ベストテン 9位にランクイン!
 中島みゆき「夜会」 演出/平光琢也
美少女戦士セーラームーンスーパーズ 夢戦士・愛・永遠に…
95/7/25〜30・8/1・8/4・8/6・8/9・8/12・8/18〜22・8/25・8/27・8/30
95サマースペシャルミュージカル 美少女戦士セーラームーンスーパーズ 夢戦士・愛・永遠に…
劇場/シアタードラマシティ 愛媛県民会館 広島郵便貯金ホール 香川県民ホール 北九州厚生年金会館 名古屋センチュリーホール ゆうぽうと簡易保険ホール 大宮ソニックシティ 新潟テルサ 浜松アクトシティ
原作/武内 直子 演出・脚本/平光琢也
キャスト/大山アンザ・森野文子・梅宮亜須加・佐田真理恵・征矢千鶴・木村早苗・藤みゆ希・斉藤レイ・武田恵子・白井珠希ディア・竹中夏海・望月祐(示右)多・井関佳子・笠原竜司 他
「南国ディアマンテ」
1995/4/30 1:00〜3:15
渋谷・BEAM 伊東たけし+ショーマ(LIVE UFO'95)
作:ストーリーバスターズ 演出:平光琢也
http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/gekidan/shoma.html
美少女戦士セーラームーンS変身・スーパー戦士への道
94/12/28〜95/1/8・1/15〜16
95ウインタースペシャルミュージカル 美少女戦士セーラームーンS変身・スーパー戦士への道
劇場/サンシャイン劇場 シアタードラマシティ
原作/武内 直子 演出・脚本/平光琢也
キャスト/大山アンザ・森野文子・小谷みさこ・かのこ・鈴木奈々・木村早苗・富田千景・細木美和・宮川愛・川崎真央・望月祐(示右)多・矢島俊作・笠原竜司 他
美少女戦士セーラームーンS 変身・スーパー戦士への道(改訂版)
95/3/26・3/28・3/30・4/1・4/4・4/6
95スプリングスペシャルミュージカル 美少女戦士セーラームーンS 変身・スーパー戦士への道(改訂版)
劇場/福岡サンパレス 佐賀市文化会館 大分文化会館 仙台サンプラザホール 山形県民会館 会津風雅堂
原作/武内 直子 演出・脚本/平光琢也
キャスト/大山アンザ・森野文子・小谷みさこ・かのこ・鈴木奈々・木村早苗・富田千景・斉藤レイ・宮川愛・川崎真央・望月祐(示右)多・矢島俊作・笠原竜司 他
美少女戦士セーラームーンS うさぎ・愛の戦士
94/7/26〜31・8/3〜4・8/6〜7・8/13〜17・8/19〜20・8/24〜25
94サマースペシャルミュージカル 美少女戦士セーラームーンS うさぎ・愛の戦士
劇場/大阪シアタードラマシティ 名古屋市公会堂 清水市民会館 東京ゆうぽうと簡易保険ホール 金沢市観光会館 仙台市民会館
原作/武内 直子「美少女戦士セーラームーン」(講談社刊『なかよしKC』シリーズ)
演出・脚色/平光琢也
キャスト/大山アンザ・森野文子・かのこ・鈴木奈々・岩名美紗子・木村早苗・坂本かほる・宮川愛・川崎真央・望月祐(示右)多・矢島俊作・笠原竜司 他
「フラジャイル」
93/1/8〜17
 作/演出 辻仁成 プロデュース/平光琢也 (シアターVアカサカ)

怪物ランドプロデュース公演から持ち上がった話らしいです。 赤星さんも出演。辻氏のホームページにも「昔、赤星昇一郎を口説いて舞台化したことがあるんだ」との記述があります。
【きたみ組】プロデュース vol.1「恋、または横っ面をはられた彼」
19916月〜

【きたみ組】プロデュース vol.1「恋、または横っ面をはられた彼」
※東京公演@下北沢ザ・スズナリ 1991年6月〜 近鉄小劇場  7/8・9
脚本・潤色/大橋泰彦・北見敏之 演出/平光琢也
出演/北見敏之・山崎健二・大橋一三・中條彩恵子・松本きょうじ・赤星昇一郎・出光翔・清実・平光琢也 他

<未確認情報>
他演出作品として「熱海殺人事件」北村想作品連続公演「ピックポケット」」「ピックポケット2」岩松了作品連続公演 「センター街」「傘とサンダル」ダンスミュージカル「アメリカ」 「月の光」など。

*構成*

The Back at 37℃
ー寝る子を起こすためにー
86/8/26〜8/30
構成・平光琢也 CAST/高野寛 富永みーな 矢尾一樹 岩田光央 他
渋谷・エピキュラスにて

*脚本*(舞台)

WAHAHA本舗
<ラブストーリー10〜アカデミー賞篇>

WAHAHA本舗 <ラブストーリー10〜アカデミー賞篇>
「戦場にかける橋/アラビアのロレンス/風と共に去りぬ/アパートの鍵貸します」
作/平光琢也/ひめはじめ/J・Mワイルダー/下山啓


 *脚本*(テレビ)

「新・やっぱり猫が好き」

(第6話)1990.11.24.O・A
 決死!素もぐり占いかや乃絶叫の巻

 ビデオ:洗面器占い「新・やっぱり猫が好き 蔵出し〜ゲイボーイかや乃編」
                                ポニーキャニオン(PCVC-10871)


*脚本(ラジオ)* 

青春アドベンチャー工房 NHK−FM サウンド夢工房
1991.01.07-01.18(第2回〜第10回)

羊が百匹 (作品中の羊を殴る冒険 のみ抜粋)
作:平光琢也・成田克也