●INDEX●

◆ COLUMN ◆
シルエット平光さん

◆2007年12月29日(土)コミックマーケット73◆

 さて、かねてからいろんな場所で「今回でサークル参加はファイナル! ・・・つうか、無期限締結の方向で。怪物ランドが活動再開したらまたサークル参加って事で・・・!」と、まるでさだまさし『関白宣言』の新郎君のように気弱になってきた私たちですが、それはひとえに、あの会場に来年居ない自分たちが想像できないからなわけで(@倉本總)。ともかく25周年記念本は、今回の本を入稿するまでいろいろあったドタバタを乗り越えつつ、出すことができました。執筆者の皆様も本当にどうもありがとう。
 当日の売り子はいつものメンバー、あゆとさんにゆーすけ@B・備蓄&マッチ次長の3人組。今回は左隣にしょこたんサークル、前方にオリエンタルラジオ、いつもうちが混ざっている伝統芸能系(笑)は島隣という配置。寒い寒いシャッターからはそう遠くない配置でしたが、コートを着用していればまあなんとかしのげる程度の寒さ。ご来場のお客様は女性が多いということで、場内のお手洗いの男性用が何箇所も女性用に変更されていたりして、会場内の男性の何パーセントかの方々はトイレ難民になってたかもしれないなぁなんて思いました。一般参加の入場規制が解除になった時間も遅く、12時をまわっていました。おかげで壁サークルさん以外は全体的にまったりムードでしたが、規制解除されるとかなり混みはじめて、いつものコミケのようなカンジに。途中、ボトムズ系サークルの方がいらして下さったり、かなりの遠方からいらっしゃって下さった方とお話したり。そういえば、外国の方もかなり見かけました。世界のある層の人たちにとっては、コミケは欠かせない年中行事になっています。

 それから今回は、赤星さんが飛び飛びロングラン公演に出演していらっしゃる劇団鳥獣戯画さんからチラシの配布をお願いされて配りました。チラシを受け取って下さった方々が劇場に足を運んで下さいますように。(マッチ次長)

*今回でサークルとしてのコミケ参加は一旦終了の予定ですが、通販は在庫がある限り続けます。新しくCGIを設置しましたので、通販希望の方はTOPページの「同人誌申し込みフォーム」よりお入り下さい。


◆2007年8月18日(土)コミックマーケット72◆

 C71でちらっと予告した通り・・・ 「次回のサークル参加ファイナル直前にも夏コミに参加してみるべか。」という事で、急遽コピー誌を作って参戦致しました。夏のコミケは暑くて大変だぞ、とは聞いていたのですが、実際にサークル参加してみると、中は一応冷房も効いているので、水分補給さえキチンとすればなんとかやり過ごせる暑さ程度。特に私たちの参加した二日目は気温も低く、恵まれていましたが、一般参加の方で、タンカで運ばれている方も見かけたので、開場前からビッグサイトの前に並ばれる方は、冬より充分な装備が必要かもと思いました。

 今回は、レイディさん宅からの「小さな売り子さん」たちは自宅でお留守番だったわけなんですが、代わりに小看板と、レイディさんからのご厚意で「男のペーパークラフト」が届けられました。小看板も、ボトムズは知ってるけど、怪物ランドって何ですか?って方たち(若い世代の方ですな)も足を止めて、ヒゲのフィアナについて質問して下さる場面もありました。レイディさんGJ!これで世代を超えた怪物ランドファンが増えてくれると良いのですが。

 それから平光さん繋がりで、元カントリー娘のリーダー・林華鈴さんがコスプレDVDを委託。ご本人もローゼンメイデン翠星石のコスプレでご来場。眼福で御座いました(*^^*)
 
 配置が入り口付近で、いつものマッタリムードとはかけ離れた慌しい感じの場所だったので、ご来場頂いた方ともいつもよりお話ができなかったのが残念。冬には是非。
今回の我等がスペースの様子。レイディさんの力作・看板に注目!  今後の予定としては、次回のC73でサークル参加は終了の予定です。怪物ランドのお三方も紙面に登場する・・カモ。情報は「NEWS」の方に随時載せていくつもりです。どうかよろしくお願い致します。(マッチ次長)

◆2006年12月30日(土)コミックマーケット71◆

 コミケ参加も4回目となる今年・・ 今回の当選通知が届き、配置場所を知るまでは「今回はちょっと小さい本(P数が少ない本という意味)にしようか。コピー本にして。」なんて話で進めていました。ですが、今回は壁の配置。まさかコピー本ってわけにも行かないよねぇ って事で急遽ページ数を増やし(当初は20P程度の予定でした)、オフセットで出すことに。プリンターで簡単なポスターも作ってみたり、知恵袋おばさんのてぬぐいも作って被ってみたり。おなじみレイディさんのドールも、「知恵袋おばさんとウエディングドレス姿の赤星さんが観たい」という私のリクエストに見事こたえて下さいました!

 開場前の準備段階での写真なので雑然としていて恐縮ですが、こちらは知恵袋おばさんドールの近影。平光さんの代理のマイメロドール(現在、平光さんは「おねがいマイメロディくるくるシャッフル!」の音響監督)をだっこして「ケッ、やってられねーや!」って表情なのでしょうか。
ウソップランドでは、こーゆーポーズは見られなかったのでちょっと新鮮。
 それから、冬コミが終わったばかりで気が早いですが次回の予定を。

 今年(2007年)は怪物ランド結成25周年の年です。今年の年末に、25周年記念本を作ってサークル参加はファイナルとしたい、という方向で考えておりますが、もしかしたら夏コミにも、ファイナル前夜祭という意味も込めて左に書いたような小さい本を作って出るかもしれません。とは言っても落選したら、元も子もないわけなんですが。
 次回の予定等は、また「怪物ランドNEWS」などで告知していきますので、そちらもチェックしてみてください。

 あらゆるところに書きまくってますが、執筆者さまも熱烈募集中! テーマとしては、「何度も取り出して読み返す資料本」「怪物ランド版 ロマンアルバム(何気に古い・・)」
我こそはと思わん方、是非スタッフまでご一報を。宜しくお願い致します。(マッチ次長)
 右側の画像はウェディング赤星ですが、まず最初にこのウェディング赤星に気がついて、笑い転げる方が何名か。インパクトは強いけど、NG集での一回限りのコスチュームだから覚えていない方も多いんじゃあ・・ という意見もありましたけど、実際に展示してみると、皆さんこの回の事もよく覚えていらっしゃる。作って頂いて本当に良かった〜。

 今回は、「カタログ見て怪物ランドのサークルがあるのに気がついて来ました。・・・本当にあったんですね。」「有栖川にも通っていたし、その後の怪物ランドプロデュース公演も観に行ってました! だけどその後の怪物ランドの活動がわからなくなっちゃって・・」(隠遁トリオ時代が不明。私と同じパターンですな。)なんて方も。皆さんよく覚えていらっしゃいます。年末のコミケで、わざわざスペースまで足を運んで下さる方は、何度も何度も映像を観返していらっしゃるような方が多いのでしょうね。新たな同士に会えるのも、コミケの楽しみの一つです。
それからいつものお客様や、前回買って下さった方がリピーターになって来て下さったり。「いつも買って下さってる方ですよね?」なんて話しかけてみたいなぁと思うんですが、ついつい躊躇してしまったりして。もし、次回ご来場の折に私たちがモジモジしていたらば話しかけて頂けると嬉しいです。

 協力してくれたレイディさん、有能な売り子嬢として活躍してくださったあゆとさん、それから年末のお忙しい時期にご来場して下さいました皆さま、本当にありがとうございました。

開場前に撮影したスペースの様子 ♪あーあなたーの燃える手で〜 わーたしーを抱きしめて〜

◆2005年12月30日(金)コミックマーケット69◆

 
 コミケ参加もすでに3回目。夏の委託参加を入れれば4回目。早いもんです。もうすっかり家族からは「アンタ、年末の行商(我が家でコミケはこう呼ばれてます(笑))は何日だっけ?」と言われ、職場でも「しっかり売っといで!!」と言われるまで身の回りの人たちの間でも恒例行事に。
 とは言っても再来年の怪物ランド結成25周年にはめでたくDVDも発売され、我ら管理人ズもコミケ卒業という青写真を胸に抱いているのですがはてさて、どうなることやら。

 写真を観て頂いてお分かりのように、今回は夏に委託させて頂いた「空飛ぶアンヨ」さんが今度は我が家に委託。
 クララが夏にアルムの山に遊びに行ったのならば、ハイジもクララのお家に遊びに行かなくっちゃ、ってのとは全く関係ありませんがザ・持ちつ持たれつな怪物ランドとモンティ・パイソンの関係。コミケの大先輩の木下(にょろにょろ)靖さんがいらっしゃるので心強い事この上なし。レイディさん作郷田&赤星も鎮座ましまし・・というよりも今にも暴れだしそうな。そんなこんなでコミケのはじまり、はじまり〜。
 「サイトを見て来ました!」とか、「絶対ここに来なきゃと思って来ました!!」なんて仰って下さる方もいらっしゃり、こういうスペースに出て良かったなぁとしみじみ。しかし今回は全体的に客数が少なく、前回よりもったりした雰囲気でしたが、その分来て頂いた方とじっくりお話が出来て楽しかったです。ご来場頂きました皆さま、どうもありがとうございました。

 今回あったちょっと面白いこととして、閉会後、撤収作業を手伝っていたゆーすけさん&にょろにょろさんがコミケスタッフと間違われて、スタッフの女の子に追いかけられた事がありました。二人はそれぞれバリバリ働いていて「あれはうちのスタッフで、コミケスタッフではないんですが・・」という私のしどろもどろの説明は聞いてないのですが、サークル参加者でコミケスタッフと間違えられるほど動きのいい人たちって・・・(笑)。

 隣の画像は帰り道の東京テレポート駅までの遊歩道の様子。夕日が落ちるところが見られました。あまり寒くない時はこの道経由で帰宅するのも良いかも。また来年参加の折にはよろしくお願い致します。(マッチ次長)

◆2005年8月20日(土)上映会オフ◆

 もうすでにnewsの方でも何回か書いていますが、mixi内に「怪物ランドコミュニティ」があり、今回はそちらと合同企画。場所は池の上のシネマボカン。3時間の予定です。上映内容はお笑いスター誕生!!から8週目 (迷信家族)・9週目( ロボットストーリー)・10週目(仮名手本忍者村 )、ウソップランドから48話(未来予知講座・日本一の無責任若大将 など)・67話(青田刈り戦線、ネバーネバーエンディングストーリー など)・91話(サマースペシャル ウソップランドの仁義なき戦い NG集です)、 なに・ソレ!?から13話(セントラルパーク近くドリームガールズ など)・23話(最終回)を上映。ウソップランドを観た事ない方もいらっしゃるという事だし、久々の上映会でしたので、リクエストを募りながら、初心者でも楽しめるチョイスということでこの内容。参加費用は会場費を人数頭割りってことで端数は主催者負担。お一人様¥600ずつ徴収させて頂きました。

 最大で50名収容というシネマボカンさんはこじんまりとしたスペース。上映会終了後はバーGARIGARIとしてお酒が飲めるというお楽しみもある会場。当日の進行は、マッチ次長・受付&ゆーすけ・上映係という事でやらせていただきました。
 中には自分か観客として映っている方々がいらっしゃって、自分の姿を見つけて笑っていたり、郷田さんがおばさん役役者として開眼する場面におおー!と低く唸ったり(笑)、赤星さんの頭技に大爆笑したり、平光さんの可愛らしさにやられてしまったり。なにぶん古い映像な為、映像が悪かったり、音が悪かったりしたのがホント申し訳なかったです。しかし、映像は劣化しても面白さはちっとも色あせていないのを再確認し、やはりDVDで綺麗な映像で楽しみたい、そう思いました。

 上映会終了後、終電あたりまで時間に余裕のある人たちだけ残ってお話&飲み。レイディ医院長が子泣きを連れてきてくれていたので、プチ撮影会やら、怪物ランドに関するお話やら、今ハマっている番組のお話やら。みんな好きな番組の傾向なんかが似ているのが面白かったです。

 約5時間くらいのオフ会でしたが、あっという間に時間が経ってしまったように感じました。帰りにゆーすけさんと話していたのですが、できることなら次回はホテル一井でのお泊り上映会オフなんてのも面白いかもしれません。怪物ランドを知らなかった男性2名も怪物ランドを面白いと思って帰って下さったようですし(笑)、次回オフでは身近にいる、怪物ランドファンにしてしまいたい人を連れて来て頂いて、ネズミ講式にファンを増やす(@郷田さん)のも良いかも(笑)。(マッチ次長)

◆2004年12月30日(木)C67コミケ参加◆

 
 前年、「今年は怪物ランド結成20周年じゃん!そしたら何か、記念になることやらないと!だったら・・・うーん、本を作ってしまおう!」と思い立ち、同人経験のない私たち管理人ズがwordDTPを1から学びながらの編集作業。C65の初参加の朝には「二度目はない。」と言い切っていた私たちも、閉場頃には「次の本、どうする?」なんて話をしながら打ち上げの席では早速次回本の編集会議 ・・・いやはや、コミケ会場には魔物が住んでいるのか。

そんなこんなで無事、今回のC67コミケも当選、前回は余裕がなくてレポート書くことすら思い浮かびませんでしたが、今回は2回目参加。しっかり書くのだ。
 30日朝、8時ちょっと回ったくらいにビッグサイト入り。スペースで荷物番をゆーすけさんに任せ、自宅から送った荷物類を取りに行く私。こちらの経験も初めてだったので、ペリカン便の方に手数料100円渡すのなんて知らなかった。回りの方々は慣れた雰囲気でおじさんに手数料渡していく。へぇ〜 ・・・なんて思いながらダンボール抱え、足元もろくろく見ずに(見れないとも言う)歩いてたらいきなり・・・ 転びました(T^T)バターン!と。
場所は大手サークル目当ての人の行列の目の前。両膝をしたたか打ち付けて、ハンパじゃない痛みに耐えながらスペースに戻るとしばらくしてイラストを描いてくれたはなさん到着。「服が破れなくって良かったよねぇ。ホラ、傷とかは治るけど、服破れたらシャレになんないじゃん。」・・・女としてごもっともなお答え(笑)
チャッチャと設営をし、新刊チェックを受けたあと、開場後にあまり出歩かないように先に昼のものやら買い物を済ませに行かせて頂く。コピー機を置いてあるところでは、皆さんが行列でコピーをしているのをみて、それはいくらなんでもギリギリすぎるんやないの? と、人事ながらに心配になる^_^;

 10時、拍手と共に開場。去年はコミケ初心者の我々スペースに、開場してから走ってきてくれた方もいらっしゃったが、今年は開場後30分くらい、立ち止まってくれる人もなく、「どっかに『怪物ランド』ってデカデカと入れておくべきだったんじゃあ・・・」「
オフ会告知がまずかったんじゃあ・・・(閉場付近に人が集中するかと思った)」プチ反省会が始まってしまいました^_^; すると、
「あのー実は、頼まれて来たんですけど、怪物ランドってここですか?」
お嬢さん、アンタ天使だよ! (T^T)
彼女をきっかけに、ボツボツと人が立ちよりはじめ、時々は小行列も出来ることもあり、管理人ズも一安心。
立ち寄って下さったお客様も、「いつぐらいからの(ウソップの)ビデオ持ってますか?」とか、「友人といつも怪物ランドごっこして遊んでました。僕は郷田さん役で・・・」(パペマペのコスプレの方。どうもありがとう!)とか、好きなネタのお話とか。
去年も来てくださった方や、いつもお世話になっているサイトの常連さん、(あゆとさんと息子さん、どうもありがとう!)アットニフティのコメディフォーラムのみなさんや、マッチ次長のはてなダイアリー仲間やら、たくさんの方が来てくださいました。本当にみなさん、どうもありがとう。お気に召して頂けると良いのですが。

16時閉場。今回編集長を務めてくれた仮の名さんが閉場間際に来てくれたので、片付けを済ませ、オフ会と言う名の次回本の打ち合わせに(笑)
(余談ですが、この時に普通に聞いてた仮の名さんの「僕は平光さんの演出のファンで・・・」という話が、今日レポートを書く段では勝手に「僕は平光さん(*´Д`)ハァハァで」に脳内変換されてました。私の脳って一体・・・)

本の件は↓ でゆーすけさんが触れていますが、次回もパロディ中心になると思います。「このような内容を取り入れて欲しい」などのご意見・ご感想募集中です。(メールにて、マッチ次長までお寄せいただけましたら幸いです。)よろしくお願いいたします。(マッチ次長 2005年1月3日)

 今回のサークルスペースは角地で場所が良かったせいか(風が冷たくはありましたが)、通行する方々が「怪物ランド」というキーワードに反応して下さって、予想以上の立ち寄り率でした。客層は若い方から「怪物ランドって、あの怪物ランド!?」という懐かし派の方や、「ホテル一井に行ったよ」というディープな方まで、結構幅が広かったです。
前回発行した20周年記念本も持参したのですが、意外にも新刊と同じ位手にとって頂き、前回の方向性も間違っていなかったな、と実感。

 ここでちょっと本の内容について補足。「弊社刊行物のご案内」の記事内容は「ウソップランド」や「なに・ソレ!?」の本編コントを、説明文は元にした雑誌の文章を適当に変えたものです(なので真面目に読まないで下さい(^^;))。怪物四季報の写真は「赤星さんに似ている」ということで“正岡子規”と、「下の人が平光さんに似ている」ということで、百年ほど前の写真を使ってみました。
あずまんが大王ネタは、もうちょっと時間があればキャラクターの衣装をグランセイザー本編に似せられたのですが、あえなく現状のままに…。
表紙はビックカメラの袋がモチーフ。最初は元の企業ロゴを真似て作っていましたが、後の方になるとネタ切れのため、番組や単行本に出てきた企業や団体等のものをでっちあげました(^^;)

 次回の本の方向性はまだ具体的に決まっていませんが、またパロディ要素の多い本になるかと思います。執筆希望の方は管理人までご連絡下さい。よろしくお願い致します。( 管理人ナンバー2 ゆーすけ 2005年1月3日)
 

◆2004年2月17日(火)&18日(水)&19日(木)ゴマキミュ観劇オフ会 など◆
 
 個人的に盛りだくさんな3日間でした。

 17日(火)、ショーアップ大宮でのストリップの為、帰国されていた一条さゆりさんと一年ぶりくらいにお会いする。怪物ランドの話から、コミケの話(そういえばここにコミケの話を書くの忘れてました^^;) 本の話、脱毛に効果的なもの(豆乳石鹸がいいらしいですよ、皆さん!)の話まで(笑)。久々にお会いした一条さんはやっぱり格好よかったです。一条さんと別れた後、一度ホテルにチェックインし、最近手相観として評判のゆきまる嬢とちょこっとデート。「私は興奮児だからさ、ワクワクして眠れないこともあるんだよね〜。」彼女とのつきあいは10年来になるけれど、彼女の無邪気さは全然変わってない。その後、前の職場での同僚で、「生まれてくるのを一世紀間違えて生まれてしまった女」、(自称)シャルロットとディナー。誕生日が近い彼女を祝いながらイタメシ。普段、こちらには私の私的な事はあまり書かないのだけど、今回は三人のパワフルな女たちからパワーを頂いたので話は別。ちゃんと書いておくのだ。

 翌18日(水)、お昼にレイディ医院長と待ち合わせ。レイディ医院長はいつもながらパワフル。上野・銀座とおもちゃ屋めぐりをし、夕方はシナボンでお茶 →後藤真希ミュージカルへ。今回の舞台、実は私の時間の読みが甘く、又しても開演してからの入場になってしまった。しかしそのお陰で思わぬラッキーが飛び込んで来ました。
私とレイディさんの席は本当は一階の最後列。しかし、開演時間に遅れたため、私たちの席が音響用に潰されたので、なんと2列目の席に変更してくれないかと頼まれたのです! もちろん二つ返事で快諾する私たち。2列目上手側席で生の後藤真希さんを堪能(*^_^*) ミニコンサートでは、トークの時に座って見せパンを堪能(自分が「女の皮を被ったオッサン」だったのをこんなに嬉しく思ったことはいまだかつてなかった^^;)。よく「痩せすぎ」みたいに言われるけど、均整の取れた、足の綺麗な後藤さんに満足。終演後、ダメ出し前の平光さんとちょっぴりお話。大分お疲れのようだったので、この舞台が終わったらしばらくゆっくりして頂きたいなぁと思う。その後、渋谷パセラで仮の名さん・ゆーすけさんと合流。なぜか編集会議に^^; 仮の名さんには前回の放置プレイのお詫びにスタッフ用缶バッチを。しかしこれを受け取ると次回本のスタッフになってしまうという恐ろしい代物(ひどい)。仮の名さんの抗議の声を聞き流し、その場で編集長に任命。あ、編集長、企画書近日中にはお送りしますので宜しく!

 翌19日(木)、レイディさん、ゆーすけさんと中野ブロードウェイへ。ドールの出物がけっこうあり、レイディ医院長、たびたびフリーズする^^; 軽く食事をし、バンダイミュージアムへ向かうレイディ医院長を見送り、オフ会終了。お会いした皆様、どうもありがとうございましたm(__)m

 3月繁忙期が終了したので、これからサイトの再構築やら本の計画に着手してゆきたいと思います。夏には「ふたり」の再演があるので、その辺りでオフ会を行いたいと思います。宜しくお願い致しますm(__)m  (管理人ナンバー1 マッチ次長 2004年4月8日)


 ◆ 2003年8月23日(土)&24日(日) まんツ&パセラオフ&観劇オフ会 ◆ 

 今回は「まんツ」(中野ブロードウェイ散策。まんだらけツアーを略してまんツ。我がサイト恒例オフ会の一つです。)パセラオフの他にもミュージカル「ふたり」観劇・年末に発行する予定の「怪物ランド結成20周年記念本」に収録予定の「ひらり、空中分解<仮>」の皆さんへのインタビューと、管理人2人はスケジュールがギュッとつまった2日間でした。

 8月23日(土)昼。まずは中野ブロードウェイ入り口でSatokoさん・仮の名さんと待ち合わせ。4人で、というより仮の名さんに引率して頂きながら、中野ブロードウェイ内をワイワイ散策、あっという間の3時間。煩悩によるところの熱を発散させるべく、ブロードウェイの近くのサンモールの珈琲店で歓談。ここ3カ月の平光さん演出の舞台を全て観ている仮の名さんに観劇レポート提出の命令をし、(もうここに書いちゃったから、ちゃんと観劇レポ出してね、仮の名さん(笑)) 明日の舞台の見どころなんかをお聞きしつつ解散。Satokoさんは某美形俳優グッズを、マッチ次長は「科学と学習ミニコレクション パート2」をフルコンプで購入。物欲も満たし、次なるオフ会会場・新宿パセラへ。

 新宿パセラではマッチ次長任命、編集スタッフ美女パート1・ハナさまと合流。オフ会参加が微妙だった編集スタッフ美女(というより魔女か?(笑)) パート2・さくらさんも無事到着。何故だか編集会議&親睦会の様相に^^; 内容は「恋のから騒ぎ・腐女子大会」とでも銘打ちたくなるような内容で・・・ この雰囲気を味わいたい方は、次回のオフ会にご参加下さいませ(笑)

 19:00〜 渋谷パセラで「ひらり、空中分解<仮>」の大波誠さん・若山慎さん・八幡朋昭さん・坂本充広さんに集まって頂きインタビュー。凄く個性的、ちょっぴり不器用そうな、それでいて優しい4人のメンバー。皆さんそれぞれ独特の持ち味があります。インタビューという事を忘れてゲラゲラ笑ってしまった事も多々^^; 次回の舞台はもちろんのこと、「ひらり〜」のみなさんの今後をずっと追って行きたいな、と思いました。「ひらり〜」のみなさんが語る郷田さんは・・・? これは本でのお楽しみとして取っておきます。みなさん、本当にありがとうございましたm(__)m 

 24日(日)「ぽんぽんよこちょう」管理人の常磐美砂さんと待ち合わせ。ミュージカル「ふたり」観劇。
実は常磐さんのチケットは、オークションで当日手渡しのものだったのに偶然、マッチ次長たちの席の真後ろ。ものすごーい偶然にビックリ。3人席が離れる事もなく無事観劇。舞台終了後は、楽日でバラシの関係もあったのでしょう、会場もバタバタしていたので、平光さんとちょっぴりお話をし、さっさと会場を出て代々木方面(近いし、空いているのです)に出て食事。サービス心旺盛で、気配り上手な常磐さん(お話も上手い)と楽しいひとときを過ごさせて頂きました。この後もう1本芝居を観て、大阪に帰るという常磐さんを見送って全ての日程終了。お会いした皆様、本当にありがとうございました。
 久々の少人数オフ会は、時間こそ短かったけれど、個々の皆さんとけっこうじっくりお話できたのがうれしかったです。年内は本作りでバタバタしそうですが、サイトの再構築(見た目はあまり変わりませんが)や、オフ会の事も考えて行きますので、今後とも宜しくお願い致します。 (管理人ナンバー1 マッチ次長 2003年9月15日)


 ◆ 2003年6月10日 突発オフ会 ◆ 

BBSに書いた通り、飲酒をしたためあまり覚えていないのですが・・・

定刻に会場のカラオケ店・パセラ前に到着。ハナ様に似た方がいましたが、人違いだと恥かしいので話しかけず(ナンパだと思われたら困るし、気に入られて着いて来られても困るので(^^;))。

■white6さん、ロシアンたこやきに当たる
 これは8個のたこ焼きの中に1個だけワサビやカラシなどの辛い物質が入っていて、食べた人は辛い思いをするという逸品です。
「当たった人には“青汁”を飲んでもらおう」と注文しましたが、残念なことに品切れでした(どうして辛い物を食べたうえに不味い物まで飲まなければならないのでしょうか。鬼ですね(^^;))

■2ちゃんねる語・浸透
 けっこう「2ちゃんねる」を見てる人いるんでつね(笑)

■平光さん演出のミュージカル『江戸っ娘。忠臣蔵』が上演中でした。
 レイディさん、マッチ次長が観に行ったのでパンフレットを見せてもらいました。評判通り、平光さんの写真は写りがあまり良くなかったです(^^;)

■「おばけ!三兄弟の秘密」
マッチ次長とさくらさんが話していました。最初は何の事かと思っていましたが「サイボーグ009」と聞いてすぐに思い出しました。たしかにおばけ(笑)
どんなキャラクターは下のURLをご参照のこと。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/mochio/009-1.jpg
http://www004.upp.so-net.ne.jp/mochio/009-2.jpg
http://www004.upp.so-net.ne.jp/mochio/009-3.jpg

■炎の宝物 じゃなくて忘れ物〜
 帰宅中に思い出したことがあってレイディさんに電話したところ「YUKOさんがカラオケ店に忘れてしまった携帯を取りに行った」という情報が!(^^;)
帰りにはテーブルと椅子と床に気をつけなきゃいけませんね。

てな訳でまた次回… (管理人ナンバー2 ゆーすけ 2003年7月8日)

 半年振りの更新ですね^^; BBSの方でも話題にしたので言ってしまいますが、ここ半年間は「怪物ランド20周年記念本」作成関係で暗躍しておりました。そちらの本の方の詳細は、ある程度原稿が集まってから明らかにしたいと思います。もう少々お待ち下さいませ。

 さて先日、久々にオフ会を行いましたのでご報告させて頂きます。

 平光さんがモーニング娘。のミュージカルの演出をやると知り、私の頭の中に真っ先に浮かんだのは宮城在住のレイディさん。(レイディさんは辻ちゃんファンなのです。) どうせ観にいくんだったらレイディさんお誘いしてミュージカル観にいこう!と、レイディさんにお声を掛てみました。快諾。持つべきものは良き友です。しかし、「せっかくのレイディさんの上京なんだから…やっぱりオフ会は必須よね〜。今回は平日だから、都内近郊にお住まいの方々だけでもお声掛けしよう。」と決めて、OFFBBSでの呼びかけと、レイディさんのサイトでお世話になっている方々や、来て頂けそうな近郊の方々にはメールにてお知らせをしました。事前の打ち合わせでレイディさんと観劇後、新潟からいらっしゃるyukoさんと途中で合流。オフ会までお茶会をしようという事になりました。

 当日、秋葉原で待ち合わせた私とレイディさん。レイディさんがPHSを高速バス内に置き忘れ、深川まで取りに行くというアクシデントに見舞われ、「もうメーンイベントが一つ済んだカンジ〜^^;」 と仰るレイディさんと、アキバのドールショップを襲撃し、それから明治座へ。観劇レポの方は「TAKUYA-WORKS」内「director」にUPしましたのでそちらをご覧頂くことにして、観劇後、新宿シナボンでyukoさんと落ち合い、軽〜く高カロリー(yukoさんの食べたシナボンは、大体700キロカロリー、私たちの食べたミニボンで300キロカロリー)のシナボンを食べながら、ひたすらおしゃべり。女三人集まれば姦しいとはまさにこのことでしょう。カロリーをおしゃべりですっかり燃焼し、yukoさんは通りすがりのタカノフルーツパーラーのメロンパンの看板を見ながら「小腹が空きました。」という余裕もかましつつ、一行は中野ブロードウェイへ。レイディさんはドールショップで大人買い、マッチ次長はチェブラーシュカグッズを大人買い… 物欲と食欲、思いっきり満たされました。

 その後渋谷パセラに向かい、このサイトOPENの折には非常にお世話になったwhite6さん・今度の本の編集スタッフもやって頂くハナさまとさくらさん、今回会計王子の名を恣にした仮の名さん、ゆーすけ管理人2号と、総勢8名カラオケボックスだと言うのに一曲も歌わず、ハニトー三種やナシゴレンなどを食べつつ、あっという間に2時間半。電車の都合があったので、皆様より一足先に帰らせて頂いた私でしたが、yukoさん・white6さんは、レイディさんのお見送りまでして下さった様子^^; 本当にありがとうございましたm(__)m 今回は、管理人のクセに先に帰らせて頂いて非常に申し訳なかったので、次回はキチンと最後までお付き合いさせて頂きます。
 
 それから、今回私の個人サイト(OraFeti)のキリ番3333HIT記念に、ゆーすけさんからこんなお宝を頂きました。(自サイトの、しかも自分がキリ番踏んだのに、人様から景品を頂く私…) 
 見よ!タクヤ&M.A.T原作「スポーションKIDs 1・2」!もちろん原作者タクヤは平光さん。(M.A.Tはいったいどなたなんでしょうか?機会があったら平光さんにお聞きしてみよう。)中には怪物ランドのお三方や、ウソップランドなんかでお馴染みの方の名前がバンバン出てきます。ちなみに主人公の名前は「平光遊」。マンガは「3×3eyes」の高田裕三さん。辻仁成氏といい、『怪物ランドあげチン説』は、男性にも有効なようですね(笑) (管理人ナンバー1 マッチ次長 2003年6月28日)

 
◆ 2003年1月1日 新年のご挨拶 ◆

 あけましておめでとうございます。昨年は、突発オフ企画が開けなかったのが心残りでしたので、今年は「まんツ」も一回くらいは開催、定例オフの方も、夏には第2回目のオールナイト上映会オフも行って行きたいと思っております。
 創作系コンテンツの充実化も(できれば)計りたいと思っています。まずはニューイヤー恒例企画の一つとして、「平光さんお誕生日カウントダウンチャット」を12日の22:30〜行います。今年も宜しくお願い致します。今年は怪物ランド結成20周年関係がらみの何か楽しいことがありますように。(管理人ナンバー1 マッチ次長 2003年1月1日)


 ナイスニューイヤー! 前年に引き続き色々と企画を考えていますので過度な期待はせずにお待ちください(内一つは参加型コーナーになると思います)。それでは本年もご愛顧のほどよろしくお願い致しますm(_ _)m
                         ( 管理人ナンバー2 ゆーすけ 2003年1月1日
)

◆ 2002年8月9日 オールナイトビデオ上映会 ◆

 2002年8月9日、初めてオールナイト上映会を行いました。きっかけは、現在は管理人2号に就任しているゆーすけさんがメールで、「特撮系サイトでは、ラブホを使ったオールナイト上映会をやっているところもあるようですが、次長サイトでもいかがでしょう?」とアイディアをくれたのです。一応半年に一回のペースでオフ会は開催するつもりでいる我がサイト、通常は観劇後の飲み会どまりですが、次の夏オフにこの企画をぶつけてみようと思い、今回のハンターミュージカルの日程が発表された時点から、皆様の集まりやすい日にちをチャットで聞いたり、会場となるラブホの下見をしたり、企画書を作って平光さんに見て頂きビデオ上映の許可を頂いたり(その時に公認も許可して頂きました)実行に向けてひっそり活動していたのですが、マッチ次長の胸の中で、「駄目もとでいいから、平光さんもオフ会に誘ってしまおう!」という考えがこの頃から芽生え始めました。その後、石塚千明さんに協力して頂くようにもなり、「石塚さんもオフ会に誘ったら来て下さるかしら?二人一緒なら、石塚さん・平光さん共に気分的にオフ会に出席しやすいかしら?」と思い、お声を掛けたところ快く承諾。それどころか郷田さんまで出席してくださる事に!!感激です!

 オフ会の前日、ハンターミュージカルの幕間の休憩時間、喫煙所で平光さん発見。「明日、郷田たちと行けると思うから。」期待が高まります。

 当日はまず、管理人2号・ゆーすけ氏と共に観劇後のレイディ医院長を新宿で拾いそのまま渋谷へ。渋谷でハナさまと待ち合わせ、集合時間まで間があったので、ハナさまが見た「地獄話」で盛り上がりながら時間まで近所の喫茶店で時間を潰す。今回の出席者の方々は、みな遅れることもなくほぼ待ち合わせ時間に集合。予めラブホの入室時間まで余裕を持たせてあったので、会場となるラブホの途中にあるドンキホーテで各自買出しをし、ほぼ定刻にラブホに入室。今回の会場となるラブホはパーティルームの為、ダブルベッドが2つに(ベッドルームが仕切ってある)5人くらいは余裕で入れそうなバスルームにみんな大興奮。ビデオの上演プログラムは、ゆーすけ王子が作ってくれてあったので、石塚さん・平光さん・郷田さん到着まで「バロムI大図鑑」などをドキドキしながら観る。

 そして約一時間くらい経った頃でしょうか、石塚さん・平光さん・郷田さん到着!!居酒屋でお酒を飲んできたというお三方、到着と同時にくつろぎモードへ。そして珍しそうにラブホの室内を見て歩き、特に何度もバスルームやベッドルームを見に行く平光さん・・・キュートすぎます(*^_^*)長い、長い足を組んでソファに座り、みんなのHNの由来や、怪物ランドをどうやって知ったのかなどを興味深そうにフランクに聞く郷田さん・・・しかしその空間はまるで「謁見の間」、長い足に圧倒されてしまい近づけない女子諸君^^;コアラさんやレイディ医院長に「せっかくだから横に座らせてもらって思いっきり話してきなよ、こんな機会ないよ!」とおかん干渉してみるが、二人ともいつもの元気はどこへやら、感激のあまりフリーズしてしまっています。そこで、私自ら特攻隊長となって郷田さんに以前からお聞きしたかった事などを質問しに行ってきました。サングラスに長い足、それにあの声・・・これにクラクラっとこない婦女子などいるものか(いやいない!)しかし・・・郷田さんと話しているとなんだか「面白い」のです。お話しながら面白い原因をずっと考えていたのですが、私のとんちきな質問を聞いて下さっている時の郷田さんの表情が、神奈崎 晋描く「郷田さんの口元」になっていたから。(図参照(笑))
それに気が付いてからというもの、「郷田さん、何故そんなに足が長いのに面白いの?」と、口元にばかり目が行ってしまいます。(いやもちろん、足が長いのと面白いのは別もんですけどね^^;)ここらで特攻隊長のお役目は御免、郷田ハーレムの為に謁見の間から退くこととします。丁寧に答えてくださった郷田さん、どうもありがとうございました。お聞きしたことはゆくゆく「Q&A」コーナーを設置して、そちらにUPさせて頂きますね。
 
 そして石塚千明さんからは「DVD化署名」の、署名が集まってからどう動いたらいいのかなどを丁寧に教えて頂きました。石塚さんの事は「ウソップランド」を見ていた人たちはお顔はよく知っているけど、具体的なプロフィールなんかは皆さんご存じないだろうと思いますので、「SPECIAL」内で公表させて頂きますし、「サーガ」も続いて行きますので宜しくお願いします。しばらくぶりにお会いした石塚さんは、渋い大人の男の魅力が増してました(*^_^*)石塚さんのお写真も、今後「SPECIAL」内で発表させて頂きますのでお楽しみに。

 さて、美味しいものは最後まで取っておく性質のマッチ次長、しんがりまで平光さんレポを残しておきました。まず、今回次長の心をいきなりわしづかみにしたのは洗いざらしの真っ白なスニーカー。やっぱ男の子のお洒落は清潔感が一番よね〜と、ここでまずうっとり。おまけに私は「眼鏡を掛けた平光さん」好き。8日に掛けていた、黒ぶちのちょっとカクカクしたタイプのフレームと違うタイプのものを掛けており、これまたグー。(*^_^*)平光さんとは、主にサイトのお話をしていたんですが、具体的にどんな話だったかは・・・今後、このサイトがどう変化していくのかを楽しみにしていて下さいませ。

 0時30分を回った頃、翌日は10時に楽屋入りの郷田さんが一足早くお帰りに。石塚さん・平光さんは残って「セクソフィー」を観ていらっしゃる。もちろん解説付き・・・幸せです。2時、明日お仕事がある大人なお二人を、みんなでお見送りしてから、仮眠に入るチームと、続けてビデオを観るチーム・・・「ウルトラマンティガ(よみがえる鬼神)」「何・ソレ!?」やら・・・郷田さんの楽屋入りの10時にチェックアウトした一行は、予定のあるさくらさん妹・姫と、yukoさんと別れてカフェで食事、レイディ医院長に全員郷田ウィンドウをインストールされ、13時過ぎにおひらきに。かなりハードなオフ会だったと思うのですが、意外なほど疲れていなかったのは、かなりの興奮状態にあったからでしょうか?今回のオフが無事、盛況のうちに終わったのは、参加者の皆様のお陰です。どうもありがとうございましたm(__)m又、お忙しい中時間を割いて下さった、石塚さん・平光さん・郷田さん、本当にありがとうございました。又の機会がありましたら、今度はお泊り道具持参でいらして下さいませ(笑)次回は冬以降に開催の予定です。今回参加できなかったみなさんも是非!宜しくお願いいたします。

* おまけ<ちょっといい話>*

 現在はpentium4のマシンで音響監督のお仕事をされている平光さんですが、昔は機械に関して全く疎かったそうです。
ある日、部屋の電気が点かなくなって困ってしまった平光さん、石塚さんを電話で呼びだしたそうな。石塚さんが平光さんの部屋に到着し、電球をキュッとしめたら・・・あら不思議、真っ暗だったお部屋に電気が点りました^^;電気が点かなくなって困って石塚さんを呼び出した平光さんもキュートですが、すぐに駆けつけてくれる石塚さんの友情もなんかいいな、と思った私です(^.^)(マッチ次長 2002年8月18日(日)・19日(月))


 ◆ 2002年7月 サイトリニューアル ! ◆ 

 2002年7月、サイトを「平光琢也公認サイト IN THE M'OOD」としてリニューアルOPEN致しました。それに伴い、「別冊・平光琢也」と「IN THE M'OOD」を統合、一部コンテンツはマッチ次長自身のサイト「Orafeti」に移動させて頂き、今まであったコンテンツも公認サイト用としていろいろと見直しをしてみました。

 今回、サイトリニューアルをするにあたってお世話になった一条さゆりさん、石塚千明さんにはここで改めて御礼の言葉を述べさせて頂きたいと思います。どうもありがとうございます。
 尚、今回から「ザ・聖地」「怪物ランド用語辞典」など、コンテンツ作成面でも大いに協力してくれていたゆーすけさんがマッチ次長と共に、W管理人として運営の手伝いをしてくれる事になりました。担当は主にサイトデザイン。今回の主だったところで平光さんのシルエット加工や、マッチ次長へのレイアウト指導はゆーすけさんの仕事です。「ビジュアル系のゆーすけ王子」と憶えて下さい(笑)

 なによりサイトを公認して下さった平光さん、本当にありがとうございます。今後も更なるサイトの充実化を図り、平光さんご自身も楽しみにして下さるようなコンテンツ作りを目指して行きたいと思います。
これからもよろしくお願い致しますm(__)m(マッチ次長・2002年7月吉日)