●「怪物ランドのもしもし電話探偵局」●(雑誌「「Q&A」より)

●INDEX● ●OTHERS●

 1.「初詣のおさい銭は、どうやって数えているのか?」

連載一回目で一月号掲載。この連載の取材は全部電話、局長(その回の切り込み隊長の事)が持ち回り制。で、この回の局長は平光さん。平光さんの命令で、赤星さんが明治神宮社務所に電話をし、お賽銭の数えかたを聞くが、みかんやモチなどを取り除き、硬貨とお札を選別し、銀行員に来てもらって数えてもらう、用途としては神社の経営(参道の掃除、職員の給与、森の管理費)などに使う、という事。他に明治神宮、稚内の北門神社に取材。

2.「「肥後ずいき」の正しい使い方とは?」

今回の局長は熊本生まれの父を持ち、幼少時より「ずいきちゃん」と呼ばれていたという赤星さん。まずは赤星さんの父に仕事中に(!)取材。材料はイモ科の植物の茎が原料で漂白してあるからかゆみはないらしい。「熊本の人間なら、誰でも一回くらい使った事有る。」とは赤星父の証言他、熊本の春雨堂というみやげ店、「性具の研究者として知られる作詞家の西沢爽」先生、性学者として有名な石渡利康先生に取材。ぬるま湯につけてよく水分を含ませて、かんぴょう状の物を男性が巻いて使うのが正しい使い方らしい。

3.「風呂屋の煙突掃除は、どうやってやるのか?」

郷田さんが局長。この回は、飲み屋のママさんから聞いた話(ムシロみたいなものを着た人間が煙突の中をぐるぐる廻りながら降りていってススをはらう)と言うのが発端。都内の風呂屋(梅の湯)、沼袋「桝乃屋」のママ、沼袋の消防団員で、煙突掃除を実際にやっている田中さんから取材。一回の掃除代は1万5千円位、都内で大体10人から20人居り、田中さんの担当は7百〜8百件(!)大体三ヶ月に一回の掃除で一日六軒くらい、一件に40分くらいかかるそうだ。とれるススは一斗缶( 18L)6杯から8杯たまるそうだ。

4.「「腎虚」とはどんな病気なのか?」

「性行為のしすぎで死んでしまう病気がある。」との情報からの取材。新宿のホストクラブで働いていた人、町田漢方堂、永山病院、真部病院、井の頭公園動物飼育係、北里大学教養部の立川昭二教授に電話取材を行った結果、「今の言葉で言うとインポテンツ」になると言う事。

5.「エイズ患者が水虫になると水虫死するか?」

読者からのリクエストにより、都の電話サービス、全国納豆協同組合連合会

(こちらへは「納豆を食べていればエイズにならない」という記事の信憑性を確かめる為。実際はアメリカの有名な先生が「納豆を食べていれば、エイズにかかった人の症状がそれ以上ひどくならない、という説を発表したそうだ。全国はっ酵乳乳酸菌飲料協会、森永乳業、都立駒込病院、厚生省のエイズ対策専門会議のメンバー、帝京大学医学部松田重三助教授への電話取材。

6.「紅茶キノコはどこへ消えたか?」

ソ連政府観光局(紅茶キノコがソ連から入ってきたという説から。今でも普通の家庭でわりとさかんに飲まれているそうだ。)ソ連大使館広報部、新潟の日ソ協会、新潟市役所国際室、歌手の畠山みどりさん、「紅茶キノコの正体」の著者、S博士の夫人、日本菌学会会員、内田正宏先生に取材。

7.「下半身のカツラはどうやって作るのか?」

カツラ屋さん「高橋」、ニドー植毛相談所、アートネイチャー赤羽相談室、田辺カツラ店、アデランス広報室に取材。アートネイチャーでは値段は四万八千円、商品名は<夜の花>アデランスでの値段は三万円、商品名は<ナイトフラワー>製造方法は、人毛にパーマ処理を施してから、同じ流れにならないように一本一本植えていくと陰毛らしくなるらしい。

8.「哺乳ビンの乳首と本物では何が違うか?」

青梅市の主婦・目黒さん、印刷会社勤務の三井さん、平凡社勤務・『未婚の乳』有美ちゃん(仮名)(この方は、お腹の肉を寄せていたら母乳らしきものが出たという)、ピジョン(株)商品開発部に取材。結局、本物の乳首は赤ん坊が吸った時、吸った後で形が違う(実際の所、大人と赤ん坊では乳首の吸いかたが違うそう。赤ん坊が吸った後の乳首は平べったい形になるそうだ)けど、哺乳ビンの乳首ではそれが不可能なので、ある程度赤ん坊が実際に乳首を口に含んだときの形になっているそう。ピジョン社のものは乳房を口に吸い込んで伸ばした形、ヌーク社のものはそれをさらに潰した形になっているそう。

9.「あのネッシーやツチノコは、いま何をしているのか?」

英国政府観光局、上野動物園、中里村役場、高田ハ虫類研究所の高田栄一先生に取材。ネッシー、ツチノコ共に「絶対いないと断言したくない」とは高田栄一先生。ツチノコに関しては、いろんな動物の印象が合わさった合成動物ではないか、という事。

10.「やき鳥のスズメは、どうやって捕まえるのか?」

すずめのおやど本社、卸問屋「松屋」、日本野鳥の会に取材。やき鳥用のスズメはほとんど(90%以上)中国からの輸入品で、高級なものが千葉あたりで捕れるものとの事。「高級なもの」の定義は「寒スズメ」などのシーズン物、その日のうちに流通してしまうフレッシュ流通、羽のむしり方だとか。国内の物はカスミ網を使っての捕獲(注:違法行為です)、中国ではスズメを疲れさせて飛べなくなった所を拾い集めるそうだ。

11.「モンペ・デザイナーは存在するのか?」

全農、日本デザイナークラブ、コム・デ・ギャルソン、農家の佐藤さん、元秋田県立農業短期大学教授の日浅治枝子先生、卸し商「松正」に取材。

どうやら「松正」にモンペデザイナーがいるらしいが、しかし、形は変らず、生地・色・柄のみの決定という事なので、実際はパタンナー、MD兼任(?)という所でしょう。

12.「来年はどんな年になるのか?」

東京光頭親睦会(ハゲ頭の人達の会らしい)、全日本チョンマゲ愛好会(読んで字の如し)、富士山の噴火について、某大学某教授、南京玉すだれ保存会、ソープランド乙女、毒ガス兵器禁止運動(今はほとんど活動していないらしい)、結婚の意味を問う継続討論会(結婚するのは当たり前だと思っている人が多いけど、本当にそうだろうか?という団体)に取材