●INDEX● ●OTHERS●

「ウソップランド」「なに・ソレ!?」を中心に構成しました。基本的に個人の活動は除外してあります。
言     葉 解                説
「I’m winnner!」 「なに・ソレ!?」の選手権タイトルマッチで、勝利を確信したマリンバ赤星の雄叫び?
赤星昇一郎 昭和30年11月25日生・A型。頭のサイズ60センチ。いまや特撮作品の名バイプレーヤー。甘い物が嫌い。スキンヘッドなので寒さと直射日光は苦手な様子(^^;) アストンボラージュのファッションショーに出演したこともある。
赤星昇一郎の新年会 2001年1月に新宿ロフトプラスワンで開催されたオールナイトイベント。知人友人、ファンが多数出席。ゲストは磯部勉、石塚千明、郷田ほづみ、佐々木豊、関智一、高橋進、八月薫子、平光琢也、ブルース・オズボーン、又野誠二、松本きょうじ、ミッシェル近藤、村石宏實、若林ケン(敬称略)。数年ぶりに怪物ランドが結集した。
atelie(あとりえ) 怪物ランドファンクラブの会報。
あの娘のリクエスト ライブや一時期のエンディングで流れた曲。「♪たそがれの〜」
ARAMACHAN PERSONS PROJECT 怪物ランドと小暮光宏氏によるサウンドユニット。ユニット名は「アラン パーソンズ プロジェクト」から。
有栖川公園 正式には「有栖川宮記念公園」。ウソップランド、なに・ソレ!?のロケが行なわれていたホームグラウンド。地下鉄日比谷線「広尾駅」下車、徒歩5分。
有栖川ライブ 東京都港区広尾の「有栖川公園」で行なわれていた公開録画。
Arrested For Driving While Blind 「外苑東通りの狼」のBGM。演奏はひげもじゃのグループ“ZZ-TOP”。他に「TUSH」という曲も使われた。
♪あ〜んあんあ、やんなっちゃった 郷田氏が多用した歌。元ネタはもちろん牧伸二(元曲は「タフワ・フワイ」)。「アー アンア(anan)やんなっちゃった ノーンノンノ(nonno)驚いた」というバリエーションもある(笑)
アンケートコント・夜のプレゼント お客さんによる多数決でストーリー進行を決めるコント。彼らがドラマティックな展開を求める為に、平光・赤星両氏が焼く前のお好み焼きのタネをズボンの中に流し込んだり、雪山で脇毛を剃ったりと酷い目に遭うことに。
アンケート調査員 怪物ランドがこだわる職業その1。街頭でアンケートと称し、お人好しに映画や旅行の使えない割引券などを口八丁手八丁で売りつける人なので、近づくと困ったことになる場合があるので要注意(^^;)
安西正弘 ウソップランドの初期キャスト。現在は声優としてお馴染み。
飯塚悦子 番組のメイクさんで「これが行列だ!!」などに登場。愛称“えっちゃん”。
「タレントアカデミー」「怪物エージェント」で平光氏が落ちたり最初から浸かっていたりする有栖川公園の池。水がドブ臭いらしい(^^;)
石崎順子 怪物ランドの元マネジャー。番組にも時々登場。
石田登星 ウソップランド初期のキャスト。平光氏所属の演劇集団「円」の後輩。現在はドラマや舞台で活躍。
石塚千明 番組の構成作家だが脇役でもお馴染み。平光氏とは高校時代からの付き合いで元卓球部。現在はテレビ番組「ファッション通信」等を手掛ける。
「いじめてやりたかったんだもん」 「お友達になりたかったんだもん」を赤星氏がやったら… という企画。「こうやると食いやすいんだよ」と、山のようになっているかき氷を手で押し潰し、「汚ねぇじゃねーか、食えねーだろ!」と責められると「しょーがねぇじゃんか、お前。いじめてやりたかったんだもん。ほら食え!」と威圧(^^;)
一条さゆり(二代目) 怪物ランドプロデュース公演「Domination」「SEXSOPHY」で共演。芝居だけでなく、ストリップも披露。現在は広州で文筆業。無敵の香港映画通としても有名。
IN THE MOOD ウソップランドテーマ曲。J.ガーランド作。初期のオープニングはエンディングと同じロングバージョンだった。
WATER 怪物ランドプロデュースの記念すべき第1回公演。vol.2、vol.5と二回も再演され、『怪物ランドがやってくる』としてビデオ化もされている。一番の見どころはミラーボールか?(笑)
ウソップランド 昭和58年10月にスタートした深夜のコント番組。現在でも業界内部に多数のファンを抱えている。ディレクターさんが音楽畑の方のためか音楽ネタが結構多い。
放送されたコントを中心に構成された番組と同名の単行本も発売されており、絶版だがネットオークションでたまに出品されている。
うなぎパイ バロムIのエネルギー源。浜松銘菓で「夜のお菓子」としてお馴染み。バリエーション多数。
ウルトラマンティガ まさに怪物ランド同窓会のような番組。平光氏、郷田氏は第16話「よみがえる鬼神」、赤星氏は第27話「オビコを見た!」に登場。元々は第16話に3人揃っての出演依頼だったが、赤星氏はスケジュールが合わなかった為に第27話に出演することに。
ウンチクくん ファッションに疎い赤星氏(役柄は男、女、長靴を履いた猫など色々)のピンチを救う男。元ネタは『美味しんぼ』の主人公・山岡士郎。
「エイッソ、アイー!」 海外の言葉(挨拶?)。他に「ハファデー」なども。
エルザ イロモノ隊のメンバー。ドラマでは赤星氏が次男を好演。職業は英会話テープのセールスマン。同名で怪物ランドプロデュース公演にも出演しているが、そちらはゲイでパラレル。「エルザです! 野生です!」。
エンディングコント ドレスシャツに蝶ネクタイ、エナメルの靴を身に着けてするエンディング前のショートコント。
大声 赤星氏の得意技。これを聴いた犬は吠え、大通りの向こうの人はおもわず振り向く(笑)
「おっ! ええ女!」 「外苑東通りの狼」でいい女を見つけた赤星の台詞。これに対し郷田は「ありゃ駄目だ。足の小指に爪が無ぇ!」、「背中に色んな水着の跡!」などと些細な欠点を指摘する(笑)
お友達になりたかったんだもん 平光氏の名物コーナー。知らない人にいたずらをして、怒られると「だってお友達になりたかったんだもん!」と弁解するが、2人の例外(ジョークの分かるグアムの人と、何をされても怒らないどころか逆に「だってお友達になりたかったんだもん」という人)を除いて誰も友達にはなってくれない。そして驚くべきは「お友達に…なりたくなかったんだもん!」という人物がいること(六本木の某店のマスター)。
おばさん 怪物ランドがこだわる人種。職業おばさん、知恵袋おばさんなど様々なおばさんが登場した。
オープニング 3人が踊り狂いちょっとした小噺をするバージョンと、自分の店の宣伝をした人を銃殺するバージョン、ライブの「はみだしウソップランド」等がある。
おもしろ焼肉ショー 焼肉屋で行なわれた夏の総集編のひとつ。ウソップランド研究家・赤星氏は一言もコメントせず、汗だくになりながら焼肉をひたすら食べ、ビールを飲んだあげく「今日は赤星じゃ。汗かくぞ!」(笑)
「おや? こんな所にお葉書が」 コメント中に突然、視聴者からのお便りを発見した知恵袋おばさんの台詞。本編コント「青田刈り戦線」で初登場。
お笑いスター誕生 伝説のお笑い番組。10週ストレートで勝ち抜きグランプリの座を勝ち取る。ちなみにストレートでグランプリ獲得はB&B、おぼん・こぼん、大木こだま・ひかり、怪物ランドの4組だけ(その内一組は後に剥奪)。
外苑西通りの猿 外苑東通りの狼の後継企画。主演は平光氏の予定だった(本編はなく次回予告のみ)。
外苑東通りの狼 郷田&赤星 東京都港区を縦断する目抜き通り「外苑東通り」界隈で、社会の悪に敢然と戦いを挑むアウトローコンビ。しかしやってることはただのイタズラ。名前は格好良いが、活動範囲は六本木のロアビル〜乃木坂という狭い範囲(笑)
外人 ノーズパテを着け、語尾に「デスイズ」を付ければこれであなたも外人デスイズ!(笑)
怪物エージェント ニューヨークでの成功を目指す広告代理店の日本人青年、コピーライターの郷田、大道具の赤星、CMディレクターの平光の物語。ウソップランド初期のCMパロディを流用したこともあった(手抜きではない と思う(^^;)。
怪物ランド 1983年に結成された平光琢也、赤星昇一郎、郷田ほづみの3人からなるコントユニット。現在は活動停止中(解散はしていない)。
怪物ランドがやって来る 舞台「WATER」に新撮のコントを収録したビデオ。絶版だがレンタル店に置いてあることがあるので要チェック。ジャケットは2種類あるらしい。
怪物ランドタイムス 海外の古い白黒映像を3人がアフレコするニュースとコントのコーナー。イベントやライブの報告もここで。
「怪物ランドの熱い風に吹かれてみるかい?」 オープニング前のダンス&ミニコントでの平光氏の問いかけ。これに対し郷田「吹かれてみてぇなぁ。どんな風だよ?」 赤星「ウインディ スピーカーズ レッツゴー!」と続き、コント後は「今の話、忘れてくれ!」で締める。
怪物ランドの生涯 怪物ランドの結成から終焉までを、実話とフィクションと放送されたコントをミックスしながら綴った単行本。単行本「ウソップランド」同様、ネットオークションでたまに出品されている。
風が吹くと桶屋が儲かるコーナー 例えば「なぜ怪物ランドは3人組なんですか?」という質問に郷田氏が「デパートのお好み食堂が大混雑するから」と答える。その理由は「怪物ランドが4人になると徹夜麻雀を始めてしまう → 寝不足になる →まむしドリンクを飲みまくる → まむしがいなくなる→ スッポン料理に人気が集まる →便乗してミドリガメの人気が再燃 → デパートの屋上が客でいっぱいになる→ お好み食堂が大混雑する」と論理を展開するコーナー。
川崎悦子 怪物ランドプロデュース公演(「Water」)にも出演。セクシーダンサーズの振り付けや、自身もダンスを披露。ドリカムやサザン、劇団☆新幹線、キャラメルボックス、平光氏のセーラームーンミュージカルなども手掛けた。
キーコーヒー ウソップランドスポンサーのコーヒー会社。「私も〜活き活き〜」というようなセリフがあったらこのCMが元ネタ。
機嫌を直してもう一度 モノクロ映像(一部カラー)がシックな怪物ソング第一弾。オリジナル曲は望月浩。
ギフト 木村拓哉主演のドラマ。第7話(メインゲスト:葉月里緒菜)に平光氏と赤星氏がチョイ役・オカマのスミレちゃんとその情夫で登場。ちなみにキムタクは怪物ランドのことを知らなかったらしい。
義務教育 不潔なもの(笑) 用例:「バカヤロー! 義務で教育するなんて不潔なんだぞっ!」
Q&A 読者からの質問に答える雑誌。怪物ランドは「怪物ランドのもしもし電話探偵局」「怪物ランドの人間探Q大学」を連載していた。
吸盤 赤星氏の頭のお友達(笑) その先にはピンポン玉やネジ、バトミントンのシャトルが付属したりする。ただ内出血の危険性を孕んでいるのが難点。
奇をてらう 変わったことをしてウケを狙うこと。怪物ランドが大好きな行動。
禁断! イモリ帝国 深夜に放送されていた井森美幸司会のバラエティ番組。番組中のコントやTOKYO-FUGITIVEで怪物ランドや石塚氏が登場。
クォーターズ 「めでてぇなぁ」の後にカンカンダンスを踊る謎の女性3人組。
草津温泉 ホテル一井 「バーター全盛期」や「サバイバル日記」等の撮影時に泊まった「ナウい」ホテル。http://www.hotel-ichii.co.jp/
組人3(くみにんさん) メインボーカルのペコ(豊島智子)、コーラスのエッコ(中野詠子)とマリ(橋本麻里子)からなる3人組の、唄って踊れる女性ユニット。名付け親は平光氏。グアムでの別名は「なまこちゃん」。なに・ソレ!?最終回を期に「三人組」と改称。
グリコ・ワンタッチカレーと海苔の缶 青春ドラマシリーズのミーティング中に、何かが不足していた時に犬山が取り出すもの。往年のテレビ番組「ガッチリ買いまショー」が元ネタ。
ゲーム史上最大の作戦 TBS系で毎週水曜日に放送されていて、怪物ランドはレポーターとして出演。番組は後に「加ト茶の史上最大の作戦」と改名。
劇団魔天楼 平光氏が大学時代に主催していた劇団(“劇団・色鉛筆”から改称)。赤星、郷田、石塚、矢尾氏らも所属。
「けっ! 覚えてやがれっ!」 ウンチクくんに言い負かされた平光店員の負け犬の遠吠え。
月刊投稿写真 青少年向けのちょっとHな写真誌。怪物ランドは創刊号からカメラやビデオの撮り方のコーナーを担当。
「Get out!」 「タレントアカデミー」「怪物エージェント」のオーディションで、強く退室を促すゲットアウトおじさんの台詞。「ゲラゥ、ゲラゥ、ゲラーウ!」
「郷田郷田……郷田よぉっ!」 「外苑東通りの狼」で読んでいた英字新聞から悪事を嗅ぎつけた赤星の叫び。
郷田ほづみ 昭和32年8月22日生・AB型(昔の資料ではA型)。怪物ランドの二枚目で現在は俳優・声優・演出などで活躍。好きな言葉は「棚からぼた餅」。腰付きがチンピラと言われており、悩みは偏平足(^^;)
郷田ほづみとHIS BAND 「ストリートウルフ」等を演奏したバンド。メンバーは森康哲(やすのり)、平木登直(となお)、吉原茂、高橋進(しん)。
高度な○○ 「『私は○○だ、○○だ』と言い、○○じゃないと思わせる高度な○○」という、怪物ランドならではの奇をてらった言いまわし。
ゴジラ 「84年版ゴジラ」のタイアップで東宝映画から借りた暑くて臭い着ぐるみ(^^;) 「愛とゴジラを見つめて」「妖怪警察」、怪物ランドも参加している宝島別冊“ゴジラ宣言”の番組内CMで登場。
子泣きジジィ 赤星氏が演じる、赤ん坊の声で旅人を呼び寄せ旅人が同情しておんぶするとジジイに変わり、石の様に重くなる妖怪。理由は不明だが、しばらく投獄されていたことがあった。決めセリフはもちろん「夢見るぞ!」。月曜ドラマランド版『ゲゲゲの鬼太郎』にも登場。「なに・ソレ!?」では平光氏が一度だけ演じた。
小泣きミックス 子泣きジジイのプロモーションビデオ。Vol.1はスタジオ撮り、Vol.2は雪の有栖川公園でロケ。(「小泣き」は原文のまま)
小雪刺集 小雪ちゃんが見た夢を語るコーナー。3人の「よくわかんねぇ野郎だな小雪って」という台詞で終わる。
今週のヤな野郎!! 小雪ちゃんがイヤな女を再現するコーナー。「ヤな野郎振興会からのお知らせ」がベースになっている。
「こんにちは〜」 主に赤星氏が使う挨拶。発音は“ ̄_―― ̄”。
「最近ご無沙汰じゃん。やろ!」 兄のサリーへ不順異性交友を促すチッチの言葉。
ザ・格闘技! 「神経質選手権」や「お風呂遊び選手権」等、グレート琢也とマリンバ赤星が対決するタイトルマッチで、試合前のレフェリー郷田による選手紹介(赤コーナー 3ポンド グレート琢也!〜、青コーナー 645…年は大化の改新 マリンバ赤星!〜等)が秀逸。勝率はマリンバ赤星のほうが高い。
坂本寛 ウソップランドの初期キャスト。長髪で長身の男性で印象深い役は広島ヤクザやパフォーマンレオなど。
サリー 郷田氏演じるチッチの兄。本名不明、推定年齢15歳、身長180センチ、体重56キロ、B80W70H80、足のサイズ25.5。好きな言葉は「ひょうたんからコマ」。枕と敷布団担当。お馴染みの台詞は情事の後の「シスターイズコンビニエンスだろ?」(笑)
サングラス 怪物ランドにとっての必需品。郷田氏は「どうして郷田さんはサングラスをかけているのですか?」という質問に対して「顔が地味だからです。ほっといて下さい!」と答えていた(^^;)
30億円イロモノ隊 チャッピー(平光)、エルザ(赤星)、フランソワーズ(郷田)の3人組で、その名に恥じないファッションがステキ。莫大な金額でデビューしたという設定はセイントフォーや工藤夕紀のパロディーか? ドキュメント「30億円イロモノを追う」、ドラマ「若者たち・よ」「三銃の侍」に登場。
三銃の侍 「三銃士」と「三匹の侍」のミックスドラマ。「若者たち・よ」の後番組として予告が放送されたが「マンネリだ」という新聞等(再放送時には誌名にボカシが)のバッシングから放送されず(^^;)
GSリクエスト 皆様からのリクエストで懐かしのグループサウンドをお送りするコーナー。平光氏がコスプレで熱唱する。
ジープ 外苑東通りの狼・郷田&赤星が駆るマシーン。ドアが無いので雨の日は寒く、ノースリーブの赤星には不評。真っ赤なボディだったが途中から地味な色に変わる。それに反比例してか、二人の衣装はちょっと派手に(笑)
「シェックス!」 バロムIのキメ台詞。ただし「犬モード」では声帯が犬のため言うことが出来ない。
七星闘神ガイファード 1996年に放送された特撮ヒーロー番組。赤星氏は「城石丈雄」役でレギュラー出演。郷田氏は「塩沢良介」役でゲスト出演(第16話)。
渋谷探検隊 文化放送で公開生放送されていたラジオ番組。怪物ランドは火曜日担当。
下チチ グアムロケで休憩中に撮られた、小雪ちゃんの水着からはみ出た乳(笑)
ジャンケン 平光氏は後出ししてもなぜか負けてしまいます。
週刊就職情報 “ヤリガイ”でお馴染みだったスポンサー雑誌。「外苑東通りの狼」で編集部が襲撃されるが、編集部員たちはまるっきり無視。
銃撃オープニング 自分のお店のPRをした人が最後にダジャレを言って3人に銃殺されてしまうオープニング。
「しようがねぇなぁ」 「外苑東通りの狼」で視聴者から送られてきた被破壊物(いらない物)の「くだらない破壊理由」に対しての郷田氏の言葉。用例:「『いらなくなったので処分してください』って… しようがねぇなぁ」
湘南アクターズスクール 郷田氏が代表を務めるタレント養成スクール。「湘南アクトステージ」として公演も行なっている。
女装 男性が女性の格好をすることだが番組では日常茶飯事。平光氏→可愛い。赤星氏→色っぽい。郷田氏→おばさん(^^;)
所属 平光氏→「円企画」「ラブライブ」 赤星氏→「ぐあんばーる」 郷田氏→「ドリームコーポレーション」「ネルケプランニング」「ラブライブ」?
Shin 本名“高橋進”。HIS BANDのメンバーで「お友達になりたかったんだもん」の最終回に登場したことも。現在はテレビ番組「おはスタ」等で音楽を担当。
Sing Sing Sing 「なに・ソレ!?」のオープニングテーマ。L・プリマ作曲の定番曲。
深夜のアイドル 平光氏のキャッチコピー。これ以外に「深夜の玉三郎」なども。
スイング 野球やゴルフなどでボールを打つ為に道具を振ること。小雪ちゃんが苦手なもの(笑)
スタッフ 番組を裏から表から支えた人たち。スタッフがよく登場するのは「おれたち ひょうきん族」の影響か?
ストリートウルフ 「外苑東通りの狼」後期の破壊シーンで流れたテーマソング。「♪愛の言葉なら〜」
スネ毛 郷田氏のは「罪深いほど」濃いらしいです(^^;)
スーパーマリオ ご存知人気ゲームのキャラクターで「なに・ソレ!?」では赤星氏が演じた。苗字がスーパー、名前がマリオ。口からピンポン玉を発射し、叩いても何も出てこないのに壁のレンガを叩いて痛がる(笑)
素晴しき女たち!! 小雪ちゃんが歴史上の女性・悪女を独自の観点で解説するコーナー。
スプラッシュアクターズ モデル事務所“スプラッシュ”の俳優部門。平光氏、郷田氏が講師として招かれた。
スポーションKIDs 平光氏原作の、「バーゲン部」を元にした高田裕司の漫画(全2巻)。現在では入手困難。
スリーヤンキーズ 「なに・ソレ!?」に登場した3人組の唄うヤンキーだが、内一人はヤンキーというよりはイナカの中学生(笑)
青春ドラマシリーズ 「バーゲンとはなんだ?」「すすめ!留守番」「飛び出せ!当たり屋」「でっかい応援団」「これが行列だ!!」の5作品が作られているが、パターンはいつも同じ(部員が他校の生徒と揉め事を起こし、先生が学校を去ることになるが……)。
せんずり小僧 本編コント「ビタミン狂時代」で郷田氏が出した伝説のNG。「漢方小僧」と言うべきところを、何を考えていたのか「せんずり小僧」と言ってしまった(笑)
「せ〜んせ〜!」 ヘンリー赤星にいじめられた平光くんの叫び。この後ティーチャー郷田が颯爽と登場。そして転ぶ!
「そんな奴ぁいねぇよ!」 パフォーマーの無理のあるパフォーマンスに対して言われる台詞。
タイアップ 他企業と協同して仕事をすること。ホテル一井、猪苗代リゾートスキー場、コンチネンタル航空、PICをはじめ、色々な会社にお世話になりました。
高野寛(たかのかん) ウソップランド初期に登場した長身の男性で、印象深い役はバロムIと戦った新宿七色仮面。怪物ランドプロデュース公演「Water」にも出演し、現在は声優や講師として活躍。「草津温泉ホテル一井か…… ナウいじゃん!」
「だってお友達になりたかったんだもん」 イタズラや嫌がらせをして責められた時に使うミスターフレンドマンの弁解。相手によっては暴行を受けることもあった(^^;) コーナー化のきっかけは単発シリーズ・ミステリーゾーンの小便小僧のセリフ「たまにはウンコだってしたいもん!」から。
「だってオレ、家に金あるし…」 青春ドラマシリーズで、先生に退部の理由を聞かれた犬山の名セリフ。ちなみに猿田は「オレ、頭ワリぃから…」。
田辺エージェンシー お笑いスタ誕を勝ち抜いた怪物ランドが所属した事務所。後に離脱し3人バラバラの事務所へ。
玉袋おじさん 平光氏演じる知恵袋おばさんの亭主。サマースペシャルで一度だけ登場。陰嚢が大きい(笑)
タレントアカデミー ニューヨークのタレントスクールを舞台に青春の全てを燃やした日本人青年たちの物語だったが、いつのまにか「怪物エージェント」に変わっていた。
丹下段平 赤星氏がたまに演じる「あしたのジョー」のキャラ。まさに適役? 「なに・ソレ!?」では郷田氏がお店で購入したという設定でした。
知恵袋おばさん スタッフからコメントを求められてる最中に視聴者からのハガキを発見し、質問やお悩みに答えて迷走してしまうおばさん。ろくでもない息子の嫁に心を痛めているらしい。郷田氏の定番キャラ。
チッチ 平光氏演じる中2の淫乱な少女。本名不明、推定年齢14歳、身長160センチ、B80・W80・H80、足のサイズ24.5センチ。掛け布団担当。兄であるサリーとセックスすると“バロムI”に合体変身するのだが、その間の記憶は無い。
チャッピー 平光氏演じる30億円イロモノ隊のリーダーで、ドラマでは長男。末弟・フランソワーズの学費を稼ぐために弁護士の夢をあきらめ土木作業に身を投じる。その時の衣装はタキシードにサングラスという、フランソワーズをして「みすぼらしい」衣装だった(笑)
チャレンジビデオコーナー ウソップランドの最初期にあった、視聴者からの自作VTRを流すコーナー。脚本家・三谷幸喜氏の作品が流されたことも(彼は後に郷田氏のラジオ番組「ぱんたおじら」の構成を手掛けた)。
使いまわし 以前制作した素材を有効活用し業務の効率化をはかること(^^;)
てやんでぇおじさん 「なに・ソレ!?」に登場した坊主頭で着物を着た謎のおじさん。「デスコ」と書かれた扇子を持っている。「てやんでぇ てやんでぇ てやんでぇ ちくしょー! やってられねぇぜ」
テレビ 初期の「外苑東通りの狼」で壊されたモノ。テレビというメディアに対しての反骨精神の現れか?
テレビ朝日 番組のキー局。「外苑東通りの狼」最終回で郷田&赤星によって破壊されてしまったので、現在は六本木ヒルズの新社屋に移っている(笑)
T・V千一夜 過去の人気テレビ番組を現代にリメイクするコーナー。
テレフォンショッキング テレビ番組「笑っていいとも」の宣伝コーナー。1985年2月21日に岸田今日子からの紹介で登場(怪物ランドが紹介したのは「おかわりシスターズ」)。赤星氏はもちろん子泣きジジイの格好で登場(笑) 小雪ちゃんは86年12月19日と88年8月22日に登場。
転倒 雨天の中のハーフ村コントロケで郷田氏が登場する際に滑って転んでしまい、それが面白かったのでその後はわざと転ばされてしまった(笑)
点取り占い 駄菓子屋さんで一袋\100で売っている、シュールな文章と小学校教材に出てきそうなイラストが楽しい占い。「良い事をして褒美を貰おう。10点」「君はカレーの食べ過ぎで頭が変になった。3点」等、なつコマリクエストでたまに使われていた。
トメ 小雪ちゃんが演じた「若者たち・よ」の末っ娘。恐喝を生業としている中学生(^^;)
ドン松五郎の大冒険 劇場映画。ヤクザA・B・C役で出演。
泣き声 ウソップランドと初期のなに・ソレ!?のエンディングで流れる赤ちゃんの声で、構成作家の川崎良氏の発案。夜中に聞くと怖くなる(笑)
なつコマリクエスト 視聴者からの懐かしいCMのリクエストに応えるコーナー。司会は平光氏と郷田氏が交互に務め、女の子が一人アシスタントについていた。女の子2人で行なわれたこともあった。
「何か言い残すことは?」 「銃撃オープニング」で処刑前に尋ねる台詞。
なに・ソレ!? ウソップランドの後番組。歌とコントのメリーゴーラウンド。放映期間は六ヶ月。主なコーナーは怪物エージェント、選手権タイトルマッチ、小雪ちゃんコーナー、コント、LET‘S ENJOY!など。
「な〜んかもの足んねぇなぁ」 「外苑東通りの狼」で社会にはびこる悪を懲らしめた(つもりになっている)二人が、むなしさと共に吐き出す言葉。
「なんとか言ってみろよっ!!」 平光くんのちょっかいに頭にきた人が胸倉を掴んで言う台詞。
「何の話だっけ?」 論点のずれた知恵袋おばさんが、ふと我に返って言う台詞。発音は「あんのはなしだっけ?」
24時間テレビ 日本テレビ系で夏に放送されているチャリティー番組。怪物ランドは昭和61年の“愛は地球を救う9”に登場。
「Next please」 「タレントアカデミー」「怪物エージェント」のオーディションで入室を促すゲットアウトおじさんの台詞。
ねずみ男 郷田氏が夏休みの総集編で演じた半妖怪。女性をラブホテルに多数連れこむ特技あり(笑) その後「ねずみ男に決まってるでしょーが。調子に乗ると馬鹿みるぞ! 痛ぇよぉ〜」と言って泌尿器科に……。
ネバーエンディングソング 予告編「ネバーネバーエンディングストーリー」で登場。その後、有栖川ライブでジャンケンで負けた人が実演させられた。「♪正直爺さんポチ連れ敵は幾万ありとて桃から生まれたもしもしカーカーカラスがハトポッポ ポッポポッポッポポ飛んで遊べらんめぇこん畜生やっつけろ オー! 皐月の鯉の吹流し あらなんて間がいいんでしょう(最初に戻る)」
バーゲン 怪物ランドがこだわるもの。「安いよ〜安いよ〜。怪物ランドも買いに来た〜!」(平光氏が赴いたバーゲン会場の販売員さん談(笑))
ハーフ村コント 日本人少年・平光くんをいじめるハーフの少年・ヘンリー赤星(マリンバ赤星の時もある)を、ティーチャー郷田が日本人の欠点を交えて戒める。コーナー開始当時は「ネバーエンディングハーフ村ごっこ」というゲーム形式だった。「♪小さい頃から日本人 チョンマゲ結って日本人 道行くハーフに石持て追われ 木陰に隠れりゃ棒持て突付かれ アカギレ・シモヤケ・インキンタムシ それでも毎日日本人」
ハウスマヌカン 怪物ランドがこだわる職業その2。ファイブフォックス社長・上田稔夫氏が造った言葉で「ブティックの女性販売員」という意味だが現在は死語(^^;。予告編「ハウスマヌカン物語」も制作された。
八月薫子(はづきかおるこ) 怪物ランドプロデュース公演「フェロモン」に出演。ジャズシンガーでもある。
バット 「外苑東通りの狼」でハンマーを壊してしまった郷田氏に与えられた凶器。しかしハンマーに比べると破壊力は少ない。
HAPPYCALL 知恵袋おばさんにお便りを送った人に一時期、抽選でプレゼントされた特製ヨットパーカーやトレーナーなどのメーカー。
パフォーマー 「なつコマリクエスト」で黙々とパフォーマンスをする、赤星氏演じるパントマイマー。冬場は黒、夏場はピンクの全身タイツを身にまとう(ピンクは盗難にあったことがある)。
バポナ殺虫プレート 吊すだけの殺虫剤。平光氏→子供、赤星氏→ハエ、郷田氏→蚊の役で製品のCMに登場。劇薬のため購入時には署名が必要。
パロディ 映画、TV、CM、ビデオクリップ、ハウトゥービデオはおろか、政府広報すらもパロディにしていた。
バロムI(あい) 赤星氏が演じる呪われたヒーロー。身長170センチ、体重2万トン。チッチとサリーが合体して誕生し、そのバリエーションは48通り。必殺技は「タンパク光線」。戦った敵は「新宿七色仮面」「職業おばさん四人衆(その内の一人はチッチとサリーの母)」「海の怪獣ガイラ」「北海道の専門学校生」など。
HUNTER×HUNTER 週刊少年ジャンプ連載の人気漫画。アニメ版では郷田氏がレオリオ役でレギュラー、平光氏が音響監督を務めており、第33話では平光氏がシークアント役、赤星氏が第32話から引き続きゼブロ役で登場したことで一時的に怪物ランドが復活しファンを狂喜させた。
平光氏の演出でミュージカルが3本上演されているが、「ザ・ナイトメア・オブ・ゾルディック」ではシークアントは登場せず、ゼブロは別の方が演じた。
P.I.C パシフィックアイランドクラブの略。グアムロケで毎回宿泊したホテル(もちろんタイアップ)。子供さん向けの設備が豊富らしい。
必殺仕置きおばさん この世の悪に敢然と戦いを挑み理想郷の夢を求めひた走るおばさん達。メンバーはキャディのおばさん、キオスクのおばさん、給食のおばさん、緑のおばさん、ヤクルトおばさん等。
ヒフミちゃん 一重瞼で二重アゴで三段腹の女の子の総称。
漂流家族 路上や雪山、野球場など様々な公共の場で暮らす3人家族(“新人類人猿”というよく解らない設定(^^;))の流浪の生活を描いたコーナー。
平光アイ シャンプーやソースなどが入って苦しむ平光氏の目(^^;)
平光琢也 昭和30年1月13日生・O型。怪物ランドのリーダー。現在はアニメの音響監督や舞台演出など裏方の仕事が多い。演者としての復帰が望まれる。コーヒーが好きでヨウカンが嫌い。
ひらり、空中分解(仮) 郷田氏が演出する、コメディにこだわる4人の俳優ユニット。平光氏、郷田氏が携わったスプラッシュアクターズ出身。
ビンタ 怪物ランドの場合は両手でピチャピチャ行なう。ただし顔にヒットさせてはいけない。
ファッション 平光氏はニコル、郷田氏はアーストン・ボラージュ(佐藤孝信)や、セシル・ビートンを愛用。赤星氏は頭に巻いたバンダナに荻窪ブランド(笑) ただし現在は不明。
ファン KONISHIKIやチェッカーズもウソップランドのファンだったという話が。
不条理コント 「なに・ソレ!?」でちょくちょく行なわれていた、ちょっと不思議なコント。
布団 ベッドシーンに必要なもの。バロムIのグアムロケの為にわざわざ日本から運んだが、バロムIシリーズ最終作ということで撮影終了後に捨てられた(^^;)
フランソワーズ 30億円イロモノ隊のメンバー。ドラマでは郷田氏が演じる甘えん坊で成績優秀な高校生。
FROM−A ウソップランド初期のスポンサー雑誌。3人でCMに出演したことがある。「小耳に挟んだんですけど…」
紅介 ベーシスト。平光氏が唄う「♪だってお友達になりたかったんだもん」の作者(平光氏の奥さんのお友達の旦那さん)。
募集のお知らせ 遣隋使、貧乏パワー、忍者部隊、人間国宝など、さまざまな募集を告知していました。当時、実際に番組へ応募する人も(笑)
本編コント 前期ウソップランドの前半コーナー。オチは全般的に戦争・人類滅亡・超管理社会など、ディストピア(反楽園的)なものが多い。後期には入門ビデオクリップという体裁に。
マイポエム 格言や詩・名文を楽しく映像化したアカデミックなコーナー。
松尾享子 ウソップランド最初期に登場していた女性。
松本きょうじ 怪物ランドプロデュース公演(「Water」)に出演。怪物ランドとは古くからの付き合い。俳優だけでなく、演出家としても活躍。99年に文化庁在外研修員としてロンドンに留学。
松本小雪 昭和41年2月3日生。東京都出身。ウソップランド初期から「なに・ソレ!?」最終回まで連れ添う。眉毛が濃く、頭のつむじがないらしい。現在はイラストレーター&オブジェ作家。
ミスターフレンドマン 街で知らない人にイタズラをして仲良くなろうとする平光くんのこと。
ミステリーゾーン 往年のテレビドラマをモチーフにした単発シリーズ。4篇のオムニバス「トワイライトゾーン」も制作されている。
宮崎強 テレビ番組「禁断!イモリ帝国」の1コーナーや、「Water」「フェロモン」「Sexsophy」などの怪物ランドプロデュース公演で共演。素晴らしい肉体美を持つ男性だが犬が怖いらしい(^^;
ミュージックビデオ ウソップランド初期、なつコマリクエストの後に流れていた時間調整の為の洋楽コーナー。
ミュージックファーム ウソップランド、なに・ソレ!?を作ったTV制作会社。現在は「えむふぁ〜む」に社名変更。番組のビデオが保存されているという話。
メカ子泣きジジィ 子泣きジジィを倒すために宇宙から送りこまれた銀色のロボット。有栖川ライブの予告編で登場。「メカ子泣きジジィ ジャ。尻拭クゾ!」
「めげないめげない、明日があるさ!」 踊り終わったミスターフレンドマンの台詞。
「めでてぇなぁ」 ウソップランド後期に本編コントを見終わった3人が雑談後に言う台詞。
面対考 郷田氏と声優・水島裕氏の単行本(ゴーストライターは永田悦雄氏)。ダブルジャケットでソノシート付き。
モンスターファミリー 怪物ランドの前身でメンバーは高野寛氏、安西正弘氏、矢尾一樹氏、石田登星氏を加えた7人。新聞のテレビ欄に名前が入りきらないため怪物ランドに改称しメンバーも3人に。
矢尾一樹 ウソップランド初期に登場。赤星氏の妹さんの同級生で現在は声優・舞台俳優として活躍。酒癖があまり良くないという噂があるらしいが真偽の程は?
「やな野郎だなぁ〜 松本小雪って」 「今週のヤな野郎!!」で小雪ちゃんが行なう非道に対する怪物ランドの非難。この後に 郷:「俺ゃ許さねェ!」 平:「えぇんとちゃう?」 赤:「よくねぇよ!」と続く。
ゆーじん 俳優・山崎努が率いていた草野球チーム。平光氏と赤星氏が参加。
「夢見るぞ!」 子泣きジジィお馴染みの台詞。
予告編 摩天楼時代に制作したフィルムがルーツの名物企画。「ハウスマヌカン物語」を皮切りに様々な予告編が作られた。「30億円イロモノを追う」は連続ドラマ「若者たち・よ」に。「ネバーネバーエンディングストーリー」は有栖川ライブでの実演と展開を遂げた。
4コマ子泣き 番組内に散りばめられた、子泣きジジィの活躍を描いたコーナー。お使いを頼まれたりランチタイムに駆け込んだり犬の糞を踏んだりワナにかかったりと大活躍。
乱闘 「外苑東通りの狼」の冒頭で、心底くだらない理由(アンパンのあん論争や赤星の小学生のようなイタズラ)から郷田と赤星が始めてしまうもの。
ランフィニ 六本木スクェアビルにあったショーシアター。ウソップランド後期のライブで使用。
リフラフ 「ウソップランド」ではスリラー(マイケル・ジャクソン)のパロディ、「なに・ソレ!?」では歌とダンスで出演。怪物ランドとお友達で、かのtrfのSAM(安室奈美恵の元夫)が在籍していた事で有名な四人組のグループ。「なに・ソレ!?」ではメンバーが一人減り「リフラ」となる。
流通神様 1991〜92年に日本テレビ系で放映されていた深夜番組。あるテーマを取り上げ、そのテーマの神様を勝手に決める番組。レギュラー出演。
LET'S ENJOY〜 「なに・ソレ!?」の1コーナー。郷田氏が「自宅で温泉を楽しむ方法」や「自宅で入院気分を楽しむ方法」「ホテル通」など、色々な楽しみ方をレクチャーしてくれる。
ロケ 番組開始当初は赤坂、六本木と近場ばかりだったが、後に湘南、猪苗代と遠征。さらには北海道やグアム等でもロケできるようになった。海外ロケは構成作家・石塚千明氏の手腕のおかげで慰安旅行も兼ねている(かも(^^;))。なに・ソレ!?では予算を抑えるために「やっつけ5本撮り」したことがあった。
ロックスターヒストリー KISS、ジミー・ヘンドリックス、セックスピストルズ等メジャーアーティストのエピソードを、4人がコスプレして紹介する短期コーナー。
若者たち・よ 両親を亡くした4人の兄弟の苦難に満ちた連続ドラマ(全3回)。後番組は「三銃の侍」(予告編のみ)。
笑ってコラえて! 日本テレビ系で放送中のバラエティ番組。2001年に「日本列島・幼稚園の旅」コーナーで久しぶりに子泣きジジイが復活!

文責:ゆーすけ