KAIBUTSU-TV

●INDEX● ●OTHERS●

怪物ランドの代表的TV番組といえば、「ウソップランド」「何、ソレ?!」ですが、ここではその2番組からマッチ次長が独断と偏見でセレクトしたコーナーを紹介しています。さあ、みなさん「怪物ランドと深夜に狂おうゼ!!」



●「ウソップランド」●

「有栖川ライヴ」
ご存知、有栖川公園でのライヴ。「ネバーネバーエンディングストーリー」の他、マチ蔵一押しネタは「あやとり選手権」での「三月三日お餅つき」。赤星さんがこれをやるっていうキャラとのギャップ感が妙に可笑しかった。

「いやな野郎」

松本小雪がいろんな「いやな野郎」を演じ、その松本小雪の様子を見て怪物ランドの三人が「・・・いやなヤローだな・・・松本小雪って。」と声を合わせて言うネタ。小雪ちゃんのキャラと相まっていい味出してたネタ。

「イロモノ隊」

リーダーのチャッピー(平光琢也)、ウクレレ担当のフランソワーズ(郷田ほづみ)大ボケのエルザ(赤星昇一郎)、の三人が「30億円イロモノ隊」としてデビュー。特筆事項はエルザがその後、演劇「WATER」で、エルザ役として昇華していた事か?(→「エルザです!野生です!」WATERより)

「一点おイモ主義」

ええトコのボンボンの平泉琢丸が、コーディネイトをどっか一個ハズす事によって己のカッコよさをグレードアップさせる・・というネタ。

「ウソップアカデミー賞」

(確か)「ウソップ」ラスト一回前で、総集編。ネタではないが、この回の収録は平光さんが40度近い熱を押して、演じている。(全くそんな様子には見えない!さすがプロ)是非チェックしてみてください。

「男と女の日本史」

「本能寺の変」などの歴史上の出来事をHテク(?)として紹介。類似ネタとして「医学における野球用語解説」などがある。

「オーソン・ウエルズネタ(タイトル不明)」

全身をアーストン・ボラージュでキメキメにした、あからさまに怪しい郷田ほづみを追う少女・平光琢也。ハラハラ、ドキドキ、前編見終わる頃には当然、「あっと憶える四万語」なのだ(笑)→タイトルわかる方、是非ともご一報を。

「可笑しんぼ」

 ご存じ「美味しんぼ」のパロディで、郷田ほづみ扮する郷岡司郎が平光琢也扮する栗田ゆう子と共に「究極のお笑い」を探すストーリー。郷田さんのあまりのはまりぶりにTV 版、映画版を見ながら「違う、山岡司郎じゃない。」と呟いた人も多いはずだ。その後「美容師対決」など、数々の対決があった。

「面白焼肉ショー」

夏休み恒例(?)総集編。焼肉屋で冷麺やらいろんなものを食べながらコーナー紹介をしていく。平光氏の女装(浴衣)、妙に色っぽかった・・・

「外苑東通りの狼」
 赤星、郷田の両人がジープで外苑東通りを乗り回し、毎回「世直し」の 為に活躍するが、「...なんっか、もの足りねーな。」という決めゼリフ の後、ハンマーでTVを壊しまくるという、ウソップのネタの中ではハードボイルドな一編。後半、視聴者からの葉書によって、目覚し時計を壊したり、冷蔵庫を壊したりしていたが、最終回にはなんと!TV朝日を壊してしまった。当時の裏話(?)では、追っかけの女の子が、このロケ中、郷田・赤星両人の乗ったジープをタクシーで追っかけたりしたらしい・・

「機嫌を直してもう一度」(?)→曲

番組途中で挿入された曲。Vo郷田ほづみ、Dr赤星昇一郎、Key平光琢也で構成

「クォーター募集」

→金髪の女の子たちがフレンチカンカンを踊る。
「ゲストトーク」
ウソップランド終盤に、六本木のライヴハウスで収録してたコーナー。ゲストには原田知世、斎藤由貴、佐藤隆、亀和田武他。
「現代カタカナ問答」
→「あいうえアイテム、インプット、かきくけカリスマ、コーディネイト、さしすせサイコロジー、ストイック、たちつてダウシンドローム、チープガバメント!」

「子泣きじじい」

多くは語るまい、赤星昇一郎の超有名ネタ。発展型として「メカこなき」がある。
「子〜泣きじじいじゃ!夢見るぞ!」

「怪物ランドの仁義なき戦い」
NG集。コーナーオープニングの子泣きじじぃの「走り」の表情が忘れられない。ティーチャー郷田の「転び」や、郷田さんの突然の「セ○ズリ小僧」(ちなみに台本にそんなセリフは一秒もない(^^;)発言など、郷田さんのNGが光った。赤星さんの「ボーズ頭でウェディングドレス姿、地下鉄恵比寿駅駆け上がり」など、見どころたっぷりな回。
*ゆーすけさまより
恵比寿駅ではなく、赤坂駅のTBSホールに近い1番出口で、道路の反対側にあるファーストフード店の2階あたりから撮影しているのではないかという貴重なご意見を頂きました。

「GSネタ」

ウソップ後期のネタ。GSルックの平光琢也がGSの名曲を歌うコーナー。

「TVススキノ」

札幌、薄野収録ライヴ(?)。コーナーに「ザ、ニニンバオリIN NEWYORK」(病気の少年からの手紙を読んだ赤星・郷田両氏がNEWYORKにニニンバオリをしに行く。しかしNEWYORKの風景は北海道のソレ。そこにNEWYORKの地名が入る)「ウソップランドスキーツアー」があり、「ただ遊んでいるだけ・・・?」というカンジのする構成が妙に面白かった。類似ネタに「グアム島日帰りハンドブック」がある

「ストリートウルフ」→曲
「外苑東通りの狼」のテーマ。「郷田ほづみとHIS BAND」が演奏。

「スリラー」

平凡な青年(平光琢也)のところに突然舞い込む赤紙。出征は嫌だという青年に迫る軍隊・・「リフラフ」が出演。演劇っぽい話でこれ、とても好きな話です

「政府広報」

爆笑問題の元ネタ?「遣唐使募集」などがある。

「卓球デスマッチ」
→マリンバ赤星

「(まとめて)DCネタ」

 いまさら、という感もあるが、DCとは「デザイナーズ、キャラクターズ ブランド」という意味で、この場合のブランドとは、海外ブランドではなく、国内の、主に「東京コレクション」なんかで活躍しているようなブラ ンドの事だ。(ま、当時と今主流のブランドは随分、様変わりしてしまっているが。)子ネタだけでも「ニコル、ニコル、メルローズのすりきれ..」 から、「あんた、ちょっと、みかけによらずパーソンズ。」本編では「ハウスマヌカン物語」(関係ないが、ハウスマヌカンって死語ですよね。どー やら名付け親はコムサで有名、ファイブフォックス社長の上田稔夫氏らしい。)高田裕三氏の漫画の原作にもなった「進めバーゲン部」もある。 有栖川公園に来ていたおっかけの女の子達も「頭の先から靴の先までみーんなロゴ入り、しかもみーんな違うブランド」なんて子もいたし、当時「10万円コーディネイト」(今では常識ですね)で、フォーカスに怪物ランドが載ったりした...いやでも、「怪物ランドのDCネタ」に将来決まってしまった人なんかもいるんだからまさに「人生いろいろ」だ。

「知恵袋おばさん」

郷田ほづみ演じる超有名ネタ。旦那は平光琢也演じる「玉袋おじさん」。キメ台詞「こんなところにお葉書が」「なんの話だっけ?」

「トワイライトゾーン」

映画「トワイライトゾーン」のパロディで三編から成る。笑い、というより演劇的な話。けっこう初期のネタですが、クオリティの高さには脱帽です。

「懐コマリクエスト」
「懐コマ」といえば、松本小雪(...現在でも「ゆうせん」で連載、してい るのでしょうか?)、そしてパフォーマー!!(赤星昇一郎)パフォーマー はゆうきまさみ氏の「超人あ〜る」でもネタにされていたらしい。 郷田さんと小雪ちゃんによる「懐かしのコマーシャル紹介」と、赤星さん の全身タイツ姿のパフォーマンス(今考えるととんねるずの「実験くん」「モジモジくん」の元ネタでもあるか?!)が楽しかった...確か赤星さんのタ イツ、途中で色が変わったような記憶があるが...さて、どうだったか?
*ゆーすけさまより
「途中で黒からピンクにチェンジしましたね。しばらくして、また黒に戻ったような記憶が。」とのご意見を頂きました。ありがとう!
「ネバーネバーエンディングストーリー」
 映画「ネバーエンディングストーリー」公開時、童謡(?)「終わりの ないうた」をモチーフに「怪物ランド流ミュージックプロモビデオ」 風に作り上げた(笑)♪しょっおおーじきじいさんっ♪という曲を 広く全国に知らしめた一編。後半、罰ゲームのように使われる事が多かった。

「Bar Bar Show」
「有栖川ライブ」の一編。客席(?)にいた人を突然ステージにあげて頭を刈ってしまう。

「ハーフ村」
 ハーフ村に純粋日本人として生まれてしまった少年(平光琢也)同級生でいじめられっ子のマリンバ赤星(赤星昇一郎)に毎回いじめられている ところを先生(郷田ほづみ)に「Mr.アカボーシ!!Mr.ヒラミツはにっぽん人なんだ!!みっともないんだ、ちんちくりんなんだ、だからいじめたらノーグッド、デス、イズ。」と、一応仲裁に入ってはくれるがその後、 なにがなんだかよくわからない「大岡裁き」によって毎回、純粋日本人の 平光少年の立場は一向に良くはならないのだった...決めゼリフ(言い回しか?!)「デス、イズ!」ティーチャー郷田の「転び」の人気が高かった。 マチ蔵もティーチャー郷田の「先生はまた転んでしまったよ。」が大好きだった...雨の日にドベチャッ!!と転んだあの衣装、「買い取り」したんでしょうか?

 「バロムT」

 チッチ(平光琢也)とサリー(郷田ほづみ)の兄弟の忌まわしい近親相姦から生まれたバロムTは、おのれのアイデンティティを探す...が、バロムTには「目的」も「使命」もなく、自分の正体も知らない..... ふとんをしょって歩く2人(確かチッチが掛けぶとん、サリーが敷きぶとん )と、平光氏の「女子高生姿」がハンパじゃなく決まりすぎの名作コント。「ウソップランドで一番好きだったネタは?」と言う問いに「バロムT」を 挙げる人は多いだろう。決めゼリフは「最近ごぶさたじゃん...やろ!」「チッチ!」「サリー!」「バロームクロース!!合体!!」

 
 「漂流家族」
(推定)6畳位のござの上にちゃぶ台、炊飯器、ポットなどが置かれ、 家族が電信柱の隣なんかに吹きっさらしで暮らしている。決めゼリフ は「新人類人猿」かな?!今、考えて見ると「バロムT」のチッチとサリーの掛けぶとん・しきぶとんをもって放浪...の進化系だったのかもしれない。

「プロボウラーに何が起こったか?」

→「元ネタ」は「少女に何が起こったか」。深夜のアイドル平泉キョンキョン演じる薄幸の美少女に次々襲いかかる不幸。「私、決して涙は見せないわ(キラリ。)」類似ネタに「コメディアン・ジェネレーション」(槙村さとるの漫画「ダンシングジェネレーション」のパロディ。ここぞ、という時に少女まんがの「キラキラお目目」になる(笑))がある。

「50’sネタ」
女の子(平光琢也)を郷田、赤星両氏が取り合う英語劇(?)
→「I'm エイトベクトルビューティ!(八方美人)」

「Mr.フレンドマン(または「めげないくん」)」
平光琢也演じるMr.フレンドマンが色々な人々に「良かれ」と思ってやった事がことごと裏目に出て、怒って襟首をつかまれたり、いきなりサングラスを外されたりしてしまう。キメ台詞は「だってお友達になりたかったんだもん。」あとに挿入される踊り(?)(後に「だってお友達になりたかったんだもん」の歌ができる。フルコーラス歌われたのは確か、早稲田祭だけだったと思う)があった。キュートな平光さんのキャラと相まって本人と役柄を混同してしまった人も多い秀作ネタ。

南の島のパラダイス「TEN TEN TENUKI」

チェッカーズの映画「TAN TAN TANUKI」のパロディ。もち、フミヤ役は平光琢也。類似ネタに「ヤヌスの鏡」のパロディがある。

「ロックスターヒストリー」
KISS,ミック・ジャガー、ロッドスチュアート、ボーイ・ジョージなどのロックスターの半生を(怪物ランド演ずるミュージシャンの)プロモを交えながらのミニドラマ。私は、「郷田さんのまるでヤクザのようなミック・ジャガー」よりもなによりも、赤星さんの「うちの女房にゃヒゲがある」といったカンジの女装が大好きだった。三人の女装では赤星さんのが一番好きかもしれない・・・


●「何、ソレ!?」●

「お風呂ネタ」
(確か)原宿の「THE GROUND」で撮っていたネタ。ついたての後ろに怪物ランドがいて、影絵ふうのシルエット。「カポ〜ン、カポ〜ン。」という音をバックにホモネタっぽいあやしい会話が展開。妄想広がる会話は、ファンの女子たち(の、一部)を狂喜させたにちがいない。

「グアムロケ」
「トライアスロン選手権」「Let’sエンジョイグアムツアー」「Let'sエンジョイホテル通」
グァムもののネタ、怪物ランドはとても多い。ネタとしての面白さ・・・というより深夜番組らしい妙なおかしさがあって感慨深い。
「組人3」
ネタではないが、この番組から飛び出した三人組グループ。後に「三人組」に改名。
確か平光さんが名付け親だったような記憶が???

「スリーヤンキーズ」
怪物ランドの三人がヤンキー姿(?)で踊ったり、ツバ吐いたりするネタ。赤星さん、
郷田さんのヤンキーぶりはホントに怖かった・・・

「バーゲン部」
教師役・平光琢也、生徒に赤星昇一郎・郷田ほづみ。DCブランドに命を掛けるバーゲン部。お金持ちのボンボンの郷田さんの「こんな事しなくたって・・・オレ、家にカネあるし。」というセリフが妙におかしい。後にマンガ「スポーションKIDs」の原作に。

「ライブ」
番組に挿入される歌のコーナー。初回には(確か)SAMのいたリフラフがゲスト出演。
後半は組人3が出演。


●その他●

笑っていいとも

1985年2月21日(木)
(確か)岸田今日子さんからのご紹介。平光さんは三つあみつけて郷田さんと踊るわ赤星さんは子泣きじじぃの扮装で出演してくれるわ、見ていた人にはとってもオイシかった。前日の電話(スケジュール確認)では、平光さんが「生留守電」をやったような記憶がある。岸田今日子さんの平光さんへの「いつでも戻っていらっしゃい。」というメッセージが妙に印象に残っている。