●INDEX● ●SPECIAL●

◆Q&A◆

今まで疑問だったアレコレを、解決しちゃうコーナーです。尚質問のある方は、BBSに書き込んで頂くか、マッチ次長までメールで質問をお寄せください。平光さんや、石塚さん、もしくは管理人2人がわかる範囲内でお答えいたします。
*初回は先日のオフ会のときに郷田さんに質問した内容も掲載してみました。
みなさまの熱い質問、お待ちしています(笑)宜しくお願いいたします。それでは、ゴー!

NEW!
なぜ「ウソップランド」というタイトルに決まったんですか?
タイトルとして挙がっていた候補は他にどんなものが?
(質問者:ゆーすけ)
申し訳ない、全然覚えていません。確か、怪物ランドのデビュー番組だから、「怪物〜」か「〜ランド」のどちらかを付けようという事だったと思います。従って「怪物劇場」とか「ギャグ・ランド」とかいったしょうもないタイトルは当然出てきたと思いますが、平光君が「イソップ童話」をもじって「ウソップランド」はどうかと言い出し、それを田辺社長が「ウソ」を番組コンセプトにするのはなかなか良い、と勝手に拡大解釈してくれて決定したように思います。実は当時「ウソップ童話」という本を久世光彦さんが書いていて、それを拝借したにすぎません。もちろん後に、田辺社長から久世さんに連絡して使用許可はとったようです。

との事です。

石塚さん、ありがとうございましたm(__)m
NEW!
松尾享子さんは途中で降板しますが、もしかしたらスタッフの船橋さんと結婚して引退したんですか?(スタッフリストの中に 「船橋享子」という方が入っていたのでこう推測しました)
(質問者:ゆーすけ)
申し訳ない、これもわかりません。そのスタッフリストの中の「船橋」さんおよび「船橋享子」という人も、どんな人か覚えていません。松尾享子ちゃんに関して言えば、降板の理由は単純に少し色を変えたかったから。怪物以外のレギュラーといえば、(僕をはじめとするスタッフ陣をのぞいて)松尾享子ちゃんしかいなかったので、彼女を変える他なかったのです。
彼女とは個人的に「ウソップ」の後も、僕の書いてた旅番組にレポーターとして出演してもらったりうすーくお付き合いは続いてました。しばらく芸能活動を続けた後、やはり結婚を機に引退したようです。確か、怪物のマネージャーだった田辺エージェンシーの石崎順子ちゃんが、「享子ちゃんは普通のサラリーマンと結婚して、今は一児の母だよ」と言っていたように思います。

との事です。

石塚さん、ありがとうございましたm(__)m
「ウソップランド」でモンティ・パイソンを意識なさったりした事はありますか?
(質問者:マッチ次長)
「モンティ・パイソン」はもちろん意識してました。
あの当時は、外国のコメディやパロディ番組として「モンティ・パイソン」と「サタディーナイト・ライブ」が二大勢力を誇っていました。(モンティの方はテレビのレギュラー番組でやってましたが、サタディーの方は確かビデオが出回ってたと思います)
「ウソップランド」も含めて当時の日本のコメディ番組は、必ず両者と比較されましたが、「ウソップ」は圧倒的に「モンティ」に似てると言われてました。僕個人としても、トーク芸中心でアメリカ的な「サタディー」より台本勝負でイギリス的な「モンティ」の方が好きでした。
もう忘れちゃったけど、「モンティ」からいくつかパクッたネタもあったと思います。

との事です。

石塚さん、ありがとうございましたm(__)m
アニメの音響監督さんは、キャスティングにも多少なりとも関わってらっしゃるのでしょうか?
例えば『テニスの王子様』はキャスティング協力に ネルケさんが関わっておりますが、平光さんご自身も 気に入っておられる役者さんに、ゲストとしてお仕事をご依頼されるのでしょうか?
ゲストの役は、オーディションよりも、役者さんご指名が多いのでしょうか?
最近のアニプリでの、他校生徒先生役の役者陣の顔ぶれがかなり豪華で意図的のようなので、気になっておりました。
どうぞよろしくお願い致します。
(質問者:あゆとさん)

音響監督はキャスティングにメいっぱい関係しています。まずオーディションはすべてシキらなければなりません。監督、プロデューサー、音響監督、原作者の四者会談で基本的には決定します。ただし僕はあまりあえて発言しません。責任取りたくないから。
下手でもいいから性格いいやつにしてください、と言っています。芝居に性格でますから・・。

との事です。

平光さん、ありがとうございましたm(__)m

お疲れ様です。ヴィヴァルディのマンドリン協奏曲なんて頭の中でリフレインさせながら家事とかこなしてらっしゃるのでしょうか?
あ、今書いてて思い付いたのですが、複数の作品の音響を掛け持っていると、今自分がやってる他の作品のBGMをどうしても使いたくなるような誘惑に駆られるようなことってありませんか(あのアニメのあの場面はあっちのあの曲の方が絶対しっくりいった、とか)?
(質問者:仮の名さん)

今、5つの番組を音楽選曲していますが、おっしゃるとうり、この曲こっちに欲しい!というときもたまにはあります。だけど、さすが作曲者はプロ。漫画の世界観をきっちりとオーダーどうり仕上げてきてくれてます。

との事です。

平光さん、ありがとうございましたm(__)m

ウソップを観ててちょっと気になったのですが、「だってお友達になりたかったんだもん」の歌を唄ってる「紅介」という方は、どんな人物なのでしょうか?
ネットで検索したら「坂井紅介」さんというベース奏者が見付かったのですが、同一人物でしょうか?
(質問者:ゆーすけさん)
ウソップの紅介さんは、べーシスト奏者です。妻の親友のだんな様です。

との事です。

平光さん、ありがとうございましたm(__)m
平光さんにお仕事の依頼をする場合は何処へ問い合わせたら良いのでしょうか?
(質問者:真面目さん)

僕の所属先は、出演は円企画(3354)4421
演出などのスタッフ系はラブライブ(5469)2768です
よろしく。

との事です。

平光さん、ありがとうございましたm(__)m
平光さん、郷田さんがやっていたという「スプラッシュアクターズ」っていったいどんな集団だったのですか?
(質問者:マッチ次長)
 『「日本の将来を背負うような、新しい役者感をもった俳優を送り出したい。」俳優小野進也の呼びかけに、怪物ランドの平光啄也、郷田ほづみが賛同し結成した劇団。国内外の魅力的な作品をジャンルを問わずプロデュース。』という文章をネットでまず発見。

96年9月スプラッシュアクターズ『ファントム』(作 富田隆/演出 郷田ほづみ)97年『12人の浮かれる男』(演出/郷田ほづみ),『地球物語』(栖部良秀 脚本・演出)98年『ファントム』(演出/郷田ほづみ)他『ファルスtoファルス』『Try to Remember』という公演を行ったらしいです。正式名は「SPLASH Actors Communication」?

 郷田さんのお話によれば、「ひらり、空中分解<仮>」のメンバーのみなさん(若山慎/八幡朋昭/大波誠/坂本充広さんたち)は、SAC出身との事です。

郷田さん、どうもありがとうございましたm(__)m 
ウルトラマンティガ16話「よみがえる鬼神」は、本当は怪物ランド三人での出演予定ではなかったのですか?
(質問者:マッチ次長)
やはり怪物ランド三人での出演依頼だったそうですが、赤星さんがスケジュールの都合で出演できなかったそうです(残念!)
尚、「『よみがえる鬼神』『オビコを見た!』監督の川崎郷太さんは日大芸術学部出身ですが、その関係での出演依頼だったんでしょうか?」という質問には「それはない。それは違う。」というお答えでした。

こちらも郷田さん、どうもありがとうございましたm(__)m
モンスターファミリーの活動。メンバーは当初7人だったと読んだ事があるのですが、どなたがメンバーだったのでしょう?
(質問者:マッチ次長)
平光、赤星、郷田の三人に、劇団「魔天楼」時代の役者陣から、高野寛、安西正弘、矢尾一樹、それに演劇集団「円」の後輩の石田登星の4人を加えたメンバーだと思います。
「ウソップランド」スタート直後、入れ替わりで半年ほど出演していましたが、怪物ランドは田辺エージェンシー所属のタレントなのに対して、他の4人はいわばアルバイト。結局、長続きはしませんでした。

石塚さん、どうもありがとうございましたm(__)m