●INDEX● ●SPECIAL●

年譜 *(石塚千明さんの記憶による)

◆「ウソップランド」「なに・ソレ!?」以降

昭和61年(’86)12月か昭和62年(’87)1月頃 怪物ランド、音楽活動に入る(アラマッチャン・パーソンズ・プロジェクト)
昭和63年(’88)頃 田辺エージェンシーを退社。
平光、「演劇集団 円」に戻る。赤星、「ぐあんばーる」に所属。
(郷田「ラブライブ」?)
平成元年 テレビ番組「禁断!イモリ帝国」出演(「東京フュジティブ(逃亡者)」)

怪物ランドプロデュース公演スタート。平成4年まで続く

 *詳細は別ページにて

◆田辺エージェンシー所属〜「ウソップランド」「なに・ソレ!?」放送開始から終了まで

昭和58年(’83)、5月の終わりか6月初め頃 怪物ランド・田辺エージェンシー所属
10月26日 「ウソップランド」放送開始
昭和61年(’86)             4月16日 「ウソップランド」終了。(全部で124回だった。)
4月23日 「なに・ソレ!?」放送開始
9月24日 「なに・ソレ」終了。(全部で23回)

◆六本木:バナナ・パワ時代〜怪物ランド結成、お笑いスター誕生10週ストレート勝ち抜けまで◆

昭和57年(’82年)夏 六本木:バナナ・パワー(ショー・パブ)で、怪物ランドの元になるコント・グループ結成
当時の主なメンバーは平光琢也・赤星昇一郎・郷田ほづみ・高野寛・矢尾一樹・石田登星など。
グループ名はモンスターファミリー(のはず)
昭和57年(’82)年末、もしくは昭和58年(’83)初頭 「お笑いスター誕生」出場を決め、グループ名も正式に「怪物ランド」に決定。(「モンスターファミリー」ではTV欄に名前が収まりきらないので改名)メンバーも平光琢也・赤星昇一郎・郷田ほづみの三名に固定。
昭和58年(’83)2月26日 「お笑いスタ誕」第三期グランプリ・シリーズ出場。

第1週〜第10週までのネタは・・・

第1週 怪物くんコントPART1「大魔人ネタ」(怪物くん・・・平光 ドラキュラ・・・郷田 オオカミ男・・・赤星)
第2週 英語劇「英語劇」(マフィア1・・・郷田 マフィア2・・・赤星 情婦・・・平光)
第3週 ネズミの軍隊「ねずみの軍隊」(少佐・・・赤星 大佐・・・郷田 殿下・・平光)
第4週 E・T(板垣退助)「E・T」    (母・・・郷田 息子・・・平光 E・T・・・赤星)
第5週 怪物くんコントPART2「珍狼男」(怪物くん・・・平光 ドラキュラ・・・郷田 オオカミ男・・・赤星)
第6週 新撰組「変態新撰組ネタ」(沖田総司・・・平光 近藤勇・・・赤星 土方歳三・・・郷田)
第7週 ゲゲゲの鬼太郎「鬼太郎vs怪物くん」(鬼太郎・・・平光 子泣きじじい・・・赤星 ネズミ男・・・郷田)
第8週 迷信家族「迷信親子ネタ」(父・・・赤星 母・・・郷田 息子・・・平光)
第9週 ロボットストーリー「鉄腕アトムネタ」(博士・・・郷田 助手・・・赤星 ロボット・・・平光)
第10週 仮名手本忍者村「爆笑忍法ネタ」(一刀斎・・・郷田 でんべえ・・・赤星 サスケ・・・平光)

(「怪物ランドの生涯」・「漂泊旦那の漂流世界」内「お笑いスター誕生の世界を漂う」を参考にさせて頂きました。)
昭和58年(’83)、多分5月 10週ストレートで勝ち抜け、グランプリ獲得。

ちなみに「お笑いスター誕生」で10週ストレートで勝ち抜けしたグループは怪物ランド、B&B、おぼん・こぼん、大木こだま・ひかりの4組のみ。但し大木こだま・ひかりに関しては参考記録で放映はされず、受賞者リストから削除されているとの事。

(「漂泊旦那の漂流世界」内「お笑いスター誕生の世界を漂う」http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/1901/star.html#hyouk
を参考にさせて頂きました。


◆劇団 魔天楼 オリジナル作品時代◆

昭和51年(’76年)秋 ●「エレナ〜芸能界はつらいよ〜」
場所:東長崎「タロー村」
作・演出:平光琢也
出演:高野寛、赤星昇一郎、北村行正、石川雅史 など。
昭和51年(’76年)の秋か、昭和52年(’77年)の冬 ●「新撰組さん、こんにちわ!」
場所:東長崎「タロー村
作・演出:平光琢也
出演:高野寛、赤星昇一郎、北村行正 など。

昭和52年(’77年)5月下旬か6月上旬の3日間
●「魔天楼のDOWNTOWN物語」
作・演出:ちあき由宇(石塚千明)
場所:池袋シアター・グリーン
出演:安西正弘、赤星昇一郎、高野寛、北村行正、ケロ など。

昭和52年(’77年)冬 ●「魔天楼の大脱走」
作・演出:ちあき由宇
場所:池袋シアター・グリーン
出演:赤星昇一郎、郷田ほづみ、石川雅史、高野寛、北村行正 など。
昭和53年(’78年)
*5月の週末の3日間、4週連続して池袋シアター・グリーンを借り切って4本連続公演を敢行
「魔天楼フェスティバル」

●「魔天楼の芸能界はつらいよ」

 作・演出:平光琢也
 出演:高野寛、赤星昇一郎、郷田ほづみ など。

●「魔天楼の大脱走」

 作・演出:ちあき由宇
 出演:高野寛、赤星昇一郎、郷田ほづみ など。

●「摩天楼の新撰組血風録」

 作・演出:平光琢也
 出演:高野寛、赤星昇一郎、郷田ほづみ、橋本紀代子 など。

●「魔天楼の千夜一夜物語」

 作・演出:ちあき由宇
 出演:高野寛、赤星昇一郎、郷田ほづみ、橋本紀代子 など。

昭和53年(’78年)秋、9月ごろ ●「魔天楼の大都会〜東京の青い空〜」
場所:池袋シアター・グリーンで多分5日間くらいの公演。
作・演出:平光琢也
出演:高野寛、赤星昇一郎、郷田ほづみ、矢尾一樹 他 魔天楼オールスターキャスト。何とこの時、魔天楼芝居では多分初めて、平光本人が出演。(役柄はアルバイトのケンちゃん役)
昭和53年(’78年)冬、11月下旬か12月上旬 ●「魔天楼の真夜中のパーティー’78」
作・演出:ちあき由宇
場所:池袋シアター・グリーンで5日間くらいの公演。
出演:平光琢也、赤星昇一郎、郷田ほづみ、矢尾一樹、杉政俊哉、橋本紀代子、他オールスターキャスト
昭和54年(’79)年2月か3月 ●「ブルー・スカイ」(再演)
場所:池袋シアターグリーン
昭和54年(’79年)7月か8月 ●「湘南綺譚」(しょうなんきだん)
作・演出:ちあき由宇
場所:池袋シアター・グリーンで、多分5〜6日間
出演:赤星昇一郎、郷田ほづみ、矢尾一樹、杉政俊哉、岸田、橋本紀代子、他オールスターキャスト
    前回の「ブルー・スカイ」と今回にかけ、平光琢也君の弟、哲也君が役者として出ています。
昭和54年(’79)12月または昭和55年(’80)1月 ●「魔天楼のスーパーマン」
作・演出:平光琢也
場所:池袋シアター・グリーン
出演:高野寛、赤星昇一郎、郷田ほづみ、岸田、橋本紀代子、他オールスターキャスト
    この時、後に平光の妻となる千種かおるさんが客演。
昭和55(’80)年4月か5月 場所:小田原市民会館・大ホール
昭和55(’80)年9月 場所:京都・青年芸術会館(名前は不確か。同志社大学の近く)
    大阪・阪急ファイブ「オレンジ・ルーム」
昭和55(’80)年10月 場所:法政大学・学生会館ホール
昭和55(’80)年12月 ●「ナルニア国物語〜ぜんまい仕掛けのフェアリーテール〜」
作・演出:ちあき由宇
場所:渋谷ジャンジャンで4日間ぐらいの5〜6ステージ
出演:高野寛、赤星昇一郎、郷田ほづみ、矢尾一樹、杉政俊哉、橋本紀代子、岸田、他オールキャスト。
昭和56年(’81)9月1日〜9月30日 ●「薔薇タバコの日々」
作:津川 泉 (当時、FMなどでドラマを書いていたプロの放送作家)
演出:平光琢也
場所:新宿「スペースDEN」
出演:よしえ、高野寛、演劇集団「円」の平光の友人たちが脇を固めた。
昭和56年(’81)10月1日〜10月31日 ●「夜は千の眼を持つ〜メタモルフォセス・ホテル〜」
作・演出:ちあき由宇
場所:新宿「スペースDEN」
出演:赤星、郷田、矢尾、杉政、岸田、橋本、他オールスターキャスト


◆劇団 魔天楼 つかこうへい作品時代◆

昭和50年(’75年)
(旗揚げ公演)
「出発」
場所:渋谷「天井桟敷」
作:つかこうへい
演出:「車 忠則」(くるま・ただのり)松本きょうじを中心にほとんど役者全員で演出していたため、その合体名として使っていた)
出演:平光琢也、安西正弘 など
昭和50年(’75年)秋〜冬 「郵便屋さん、ちょっと!」
場所:池袋小劇場
原作:つかこうへい 演出:車 忠則(松本きょうじ)
出演:椎野保之、安西正弘 平光琢也など。
昭和51年(’76年)夏 「熱海殺人事件」
場所:水道橋・労音会館
原作:つかこうへい 演出:車 忠則(この時は確か、多田誠が演出だったような…?)
出演:松本きょうじ、椎野保之、平光琢也 など。
昭和51年(’76年)冬 「生涯」
場所:浅草・木馬館
原作:つかこうへい 演出:車 忠則(松本きょうじ)
出演:椎野保之、橋本紀代子、赤星昇一郎、高野寛(後の魔天楼の二大看板になる) など。


◆劇団 色鉛筆◆

昭和48年、(’73年) 劇団色鉛筆結成。

既成の戯曲(多分、木下順二の「夕鶴」のたぐい)で、学外の小劇場で一公演を行った(はず。)
昭和49年(’74年) 「グッド楽苦(ラック)」
場所:小田原市民会館(公演期間は2日間)
出演:赤星昇一郎、高野寛、松本きょうじ、杉政俊哉、安西正弘、郷田ほづみなど。
石塚千明さんは本番のみ、照明で参加。