KAIBUTSU AT THEATER

●INDEX● ●OTHERS●



【ライブ・イベント】

2004年5月24日(月)・25日(火) 練馬春日町 LADY DAY

Lady day プロデューススペシャル vol.1 
ゲスト・怪物ランド (出演:幻の芸人・ポニー&ジェニー・八月薫子 24日高橋佳作(P) 25日大徳俊幸(P))

*レポート*

LadyDay プロデューススペシャルライブの2日目に行って参りました。
今回のライブの情報は、マッチ次長が「怪物ランド」でネット検索していて偶然見つけたそうです。一生分の怪物運を使い果たしていなければ良いのですが…

 まず最初に謎のコンビ・ポニー&ジョニーが登場。そのコント中、突然「宅急便でーす」と地味目のお兄さんが登場・・・ 郷田さんでした(笑)
郷田さんは平光さんの登場について客席に指示。「ひーらみーつさーん!」とコールして、出てきたら「キャー!」と歓声をあげろと要求(笑)
出番を待っていた平光さん、店の中を覗き込んでいたところ、通行人に「何かあるんですか?」と尋ねられたそうです(笑)
 二人でトークしていると、お店の大きな窓ガラスの向こう側にヒゲを生やした女性の姿が。外をウロウロしたり店の中を覗き込んだり、突然花火を始めたりしています(近くに交番があるので、放火と間違われないかと心配だったそうです^^;)
やおら携帯電話を取り出し、店内の郷田さんに電話するスカート姿の赤星さん。しかし「あ、赤星さんからだ」と言いつつ携帯を切ってしまうドライな郷田さん。赤星さんは寂しそうです(笑)

そんなこんなで、今やシェイクスピア俳優としてお馴染みの赤星さんが入店し、怪物ランドが15年ぶりに集合しました(『赤星昇一郎の新年会』やアニメの『ハンター×ハンター』はネタを披露していないのでノーカウントのようです)。

 久しぶりに会う怪物ランド、平光さんは「SMAPの中居くん」、郷田さんは「外務省の藪中アジア大洋州局長」、赤星さんは「若林麻由美と結婚した宗教家」へと華麗なる転身したとのこと^^;

●第一部 怪物ランド結成前からウソップランドまで。
・「平光さんと郷田さんのお父さんが一緒」と、妙に端折った説明(笑) (お父さん同士が同じ会社だということ)
・平光さんは大学をしっかり卒業したが、赤星さんは体育系の2単位しか取れなかった^^;

・「お笑い! スター誕生」で、他のグループは2〜3本ネタを考えたら すぐにオンエアに挑めたのに、怪物ランドだけはプロデューサーに10本もネタを求められたそうです(結局8本ほどしかネタが完成しなかった)。番組側からの怪物ランドへの期待の現れだったのでしょう。
・「夜の少年ドラマ・バロムI」のロケ中、スタッフとはぐれてしまう赤星さん。ただの変態だが顔にマスクをしてるぶんだけマシとのこと(笑)

●ネタ
・お笑いスタ誕での怪物くんコント(中国語で好きな女性に愛の告白をする 話)。最後の「これで おシューマイ(おしまい)」はテレビ用に付け足したオチだそうです。

・赤星さんが「郷田、いい時計してるねぇ」とフリートークを始めた と思ったら「なに・ソレ!?」でのお尻コントが始まりました。ここらへんが他のコントグループとは違うところですね。 (ちなみにネタは、郷田君のサボテンが欲しい赤星君が、平光君に内緒でサボテンと平光君のお尻を勝手に交換してしまってクルクル回る話)。

・子泣きジジィをリクエストされた赤星さん、おもむろにお客さんの椅子を借りると、その上にしゃがみ込み「子泣きジジィじゃ! 夢見るぞ」(笑)  やはり子泣きジジィはこの姿勢じゃないとキマりませんね。

「久しぶりで何の打ち合わせもしてない」と言いつつも、しっかり打ち合わせされていて、ブランクを感じさせないコンビネーションでした。

●休憩
赤星さんがオリジナルカクテル“赤星スペシャル”を受注生産。2名のお客さんの手に渡りました。

●第ニ部 隠遁もしくは潜伏トリオ時代以降
赤星さんと八月薫子さんの熱唱。“ピアノの皇太子様”こと大徳俊幸さんの曲や、八月さんの歌に乗せた郷田さんのジェットストリームな朗読。
そして平光さんの「Never Never Ending Story」。若い頃は10回位唄えたそうですが、今回は3回ほど(笑)

●アラマッチャンパーソンズプロジェクト解説
 「なに・ソレ!?」の放送終了後、バンド活動に入った怪物ランド。曲の裏話を色々と聞けました。

・『誰もいなくなっちまった海』 十数年前に既に拉致問題を鋭くえぐった曲を作成していました。平光さんの偽ハングルが絶品です(笑)

・『ロンリーロンパールーム』 寺尾聰の「ルビーの指輪」風の歌。
 孤独な男の悲哀とロンパールーム「鏡よ鏡よ」の融合だそうです。

・『いいんぢゃないかな』 シンセの音色設定を間違えて、牛の鳴き声で曲が流れたことから出来た曲だそうです。曲調は“ぢゃないか”→ジャマイカでレゲエだとか。

そんなわけで歌ありコントあり子泣きありの濃厚で充実した一夜でした。ファンを長いことやっていると、たまにこんなラッキーがあるから世の中分からないものです。年一回ペースでも良いので、シークレットライブやイベントをこれからも開いて欲しいですね。(ゆーすけ)


 場所は練馬春日町のこじんまりとしたJAZZ BAR「LADY DAY」。怪物ランドプロデュース公演「フェロモン」のシアージュ役や赤星さんとのジャズライブ共演・「赤星昇一郎の新年会」でもバキッとカッコいい和服姿での歌声を披露してくださった八月薫子さんとマスターの宮澤彰さんのお店。小さなお店ですが、細かいところに配慮の行き届いたとても居心地の良い空間でした。

 最初、LADY DAYさんのサイトで告知を見た時「幻の芸人:ポニー&ジョニー」って誰?と思いましたけど、ライブが始まってみたら… あ〜!あの方々がポニー&ジョニーだったのかと納得。特に可愛いらしいジョニーさんの鼻の下の描きヒゲは大丈夫なんだろうか? とずっと気にしていましたが、その後、魅力的な歌手へと華麗な変身を遂げるジョニーさん(笑)。ポニーさんはカウンターで優しいマスターに変身。サイトを拝見すると、宮澤さんは文章も書いていらっしゃるのですね。是非拝読したいです。

 怪物ランドお三方の個性あふれる登場シーンで個人的にツボだったのは、女装した赤星さん(もしかしてあれは今演ってらっしゃる『三人でシェイクスピア』の衣装じゃないかな〜?とちょっと思ったのですが)のヘッドドレスと手にしていた紙袋(確か『20世紀梨がなんとか』とか書かれていた)のミスマッチさ加減(笑)。郷田さんはベージュ系のジップアップブルゾンにプリントTシャツと黒の細身のパンツ、平光さんは襟元がフリンジ加工になったグレー系テーラードジャケットに白のラルフローレンっぽいシャツと白のVネックTシャツとお洒落。赤星さんはスカートを脱ぎ捨て、紫の絞り染めのラグランシャツに黒のデニム? ウソップランド時代より皆さんカジュアルになってます。(でもとっても似合ってました。)

 怪物ランドヒストリーから特に印象的だった事。私の場合はこれに尽きます。(あえて太字で書いちゃう)

 
『「お笑いスター誕生」出演を決めた時、「失うものなんて何もないんだから。」と言った人は平光さんじゃなくって、他の人たちが平光さんを説得する為に言われたものだった。』(赤星さんと郷田さんは、平光さんを囲んで再現をされたのです)

……!? 

私事なので詳しくは書きませんが、ご存知の方は私のブログ(怪物ランドとは関係ない内容でやってますのでリンクはしてません)の方でお読みになった方もいらっしゃるハズ… そう、私はこの一言が平光さんが仰った事だと信じていたのです。ああ、勘違いで決まった私の人生って一体… (実は第1部の方はこの件で頭がイッパイイッパイでした^^;)
 他に印象に残ったトークとしては平光さんの「赤星の年金、オレが払ってるんだ」と(笑)、バレンタインデーのチョコの話。郷田さんはダンボール2箱ほど来ていたが、赤星さんは2〜3個。しかもカレーチョコや餃子チョコだったという話と、「『ウソップランド』って面白いよ。」と注目してくれた芸能人としてサザンの桑田佳祐・坂本龍一・細野晴臣氏らの名前も登場し、そういえば昔「宝島」がまだ音楽雑誌と言っても良かった頃、怪物ランドの三人もファッションページに登場したっけな、あれはもしかして細野さんなんかが「怪物ランド、面白いよ。」なんて言ったからかしら?なんて妄想。他には平光さんが『トゥナイト』で何回かコメンテイターをやったとか、学園祭ライブの話など、初めて聞く話も多く、新鮮でした。
立ち位置を気にし、いつものポジションにつき(赤星さんが左で平光さん真ん中、郷田さんが右。平光さんが赤星さんの頭を叩きやすい位置らしい(笑))「あー落ちつくなー」というのが印象的でした。

 休憩時間終了後はいよいよ第2部。特に印象に残ったのはやっぱり赤星さんの歌でした。
今回のライブで赤星さんのジャズナンバーを聴くまでは、赤星さんの歌い方ってちょっと力入ってるな、という印象でしたが、ノビノビと歌う赤星さんを見てビックリ。素晴らしく歌が上達している!
考えてみれば赤星さんほどジャズボーカルに適した人ってそうはいないと思って… 赤星さんとジャズとは出会うべくして出会ったのだな〜とシミジミ思いました。八月さんが赤星さんの歌唱を大徳さんが誉めていらした、というのを喜んでいらっしゃったのが印象的でした。

 シメは3人でサザエさんを熱唱(笑)。最近は、ソロ活動で演出家など「オトナな表情」ばかり拝見していたので、怪物ランドとして集まり、若やいだ表情のお三方を見たのが何より新鮮でした。
実は私は「怪物ランド」としてのネタは、十数年前の勢いがなくなってしまってつまらないんじゃないか、もしそうだったらネタは当時の「いい記憶」を残しておきたいからあまり見たくない、という後ろ向きな気持ちが多々あったのですが、実際に当時のネタをいくつか見せて頂いて、私の考えが杞憂に過ぎなかったと分かり、すごく安心しました。最近のお笑いの人たちだったら勢いやネタの奇抜さだけで笑いを取っていくのだけど、怪物ランドの三人は役者としての確かな演技力がまずあって、そこにネタが乗っている。お三方は「もうキツイよ〜!」と仰るかもしれませんが、まだまだ新ネタイケますよ(笑)。何より三人でいる時の怪物ランドは、「ウソップランド」当時とのギャップを感じさせない、そこが一番凄いと思いました。

 ライブ終了後はお店をクローズ状態にして、お店の常連の皆さんや、一緒に行ったあゆとさんやレイディさんたちと飲んだり、おしゃべりしたり。
シークレットライブだったらしく、お店の常連さんたちにも「なんでこのライブの事知ったの?」って凄く聞かれました。(7人くらいには聞かれたと思う。平光さんにまで聞かれちゃいました^^;) ↑でゆーすけさんが書いてますが、過去データの補填の為にたまたま検索を掛けていて(きまぐれに時々やって、こっそり情報を補填していたりします)見つけたんですよ。きっと「怪物ランドの神様」がご褒美を下さったのでしょう。検索は掛けてみるものです(笑)。

 ご一緒したあゆとさんと、行きの電車、または帰りのホームでそこで待ち合わせたわけではないのに二度も偶然会ってしまった事などは、ライブレポートを書いてらっしゃるそれぞれの方のページにリンクを貼っておきますのでご覧下さいませm(__)m 私は年一回、なんて贅沢は申しません、気が向いたらで構いませんのでまたこのような機会を怪物ランドの皆さんが作って下さいますように。(マッチ次長)

PS/つけたし。今回のライブ用かもしれませんが、郷田さんの赤星さんから電話が掛かってきた時の携帯の着信音は「♪カッコー、カッコー」(カッコーの鳴き声)でした(笑)。平光さんに「オマエ、ナニ使ってんだ?」とツッコミ入れられてましたが、なんとなく郷田さんっぽくって笑ってしまいました(笑)。

あゆとさんのライブレポート(「アクエリアス」)  レイディさんのライブレポート
(「maniac+complex」)

2001年1月6日 新宿ロフトプラス・ワンにて ALL NIGHT!

「赤星昇一郎の新年会」

*レポート*

 マッチ次長は仕事の都合上、ちょっと遅れていったのですが開場は当初、どこにいたらいいのかわからないほどの満員状態、開場時に入った人たちには赤星さんお手製のきりたんぽ&からしれんこんが振舞われたようでした(残念!)各ゲストの歌の他、途中、来場者カラオケ大会状態になったり、いろいろでしたが0時過ぎに郷田さんが到着するとそこは怪物ランドトークライブ!久々の3人揃った姿に皆、大感激でした。
Shinさん・郷田さんの「生ストリートウルフ」の他、2時過ぎには「ウソップランド」のビデオが流れたり、怪物ランドの皆さんが各テーブルを回ってくれ、それぞれ舞台やTVの裏話などを聞かせていただきました。今回の一番のポイントは)赤星さんが「いつかはわからないけど、又三人で何かやる。それまで待っていて。」と、言って下さったこと。マッチ次長は信じていつまでも待ってます!平光さんからも音響監督の舞台裏などのお話をお聞きすることが出来ました。
再びこのようなイベントがありますようにコーナーも設けました(笑)。ゲストの皆様、怪物ランドの皆様本当にお疲れ様でした。今回参加できなかった方々も、次回には是非!

【舞台】

●怪物ランド●

怪物ランドプロデュースVol.1 1989年(?)9月29日〜10月4日
「WATER  ショウパブが演劇になった日」シアターVアカサカ にて上演
第一幕(10分):LP-14°の歌劇より「SHABURANAIDE!」
第二幕(55分):映画「チューズミー」より「機能性恋愛」のすすめ
第三幕(12分):アムウェイからみた三角関係の考察「別名トイレタイム」
第四幕(16分):オムニバス宮廷劇No.1〜No.4
第五幕(9分):ザ・ウォーター

*観劇記*

この公演は、ストレートプレイ・ダンス・コント・歌・パフォーマンスなどで構成された5幕仕立てのプレイ・コンプレックスという新しい演劇方式で構成されてます。ストーリーは、ウォーターという誰のものでもなく、そして誰のものにもなる<何ものをも超越した存在>、つまり絶対的な第三者を通して「機能性恋愛」をしよう、というのがテーマだと思われます。初演のこの「WATER」では、第一幕(というよりプロローグのような場面)、様々な映画のキスシーンのフィルムの上映・花道から出演者登場!久しぶりの平光さんの女装(笑)(そういえばその後、平光さんの女装は観ていないですね)華やかなダンスで始まり、構成・芝居の内容共に、怪物ランドを渇望していた私にとっては満足かつ、とても刺激的でした。
怪物ランドプロデュースVol.2

1990年3月8日〜11日
「WATER Again セックスマシーン’90モデル発表会」
新神戸オリエンタル劇場・新宿シアタ ーアプルにて上演

*観劇記*

衣装がクラフト感覚(と言っていいのか?!)のものに変わり、リニューアル公演だったので、最初の「WATER」と細かなセリフのニュアンスの違いなどを楽しむことができました。赤星さんのエルザのいじらしさがとても良かったです。又、初演はパンフレットの販売がなかったのですが、この公演からパンフレット有り。

怪物ランドプロデュースVol.3 1990年7月21日〜8月5日
「フェロモン〜限定4000人に捧げるセレモニー」新宿シアタートップスにて上演
プロローグ(2分):『少女の気持ちになって
一幕(55分):ストレートプレイ〜映画「メロ」より〜『パイが焼き上がるまでのワイ談』 *観客参加盗聴コーナー付き
二幕(20分):コスチュームプレイ〜「美女と野獣」より〜『ムスクの囁き』
三幕(5分):アラマッチャン・パーソンズ・プロジェクトライブ演奏『パープルレイン』
エピローグ(3分):『777』

*観劇記*

一幕、シナモン入りのアップルパイの香りが客席に流れ(舞台上でパイを焼く)二幕目のタイトルは「ムスクの囁き」、とことん「匂い」にこだわった作品。、二幕では宮崎さん演じるバージニアムスク(鹿)と、少女の関係が一角獣伝説を連想させて、マチ蔵にはこの鹿と少女の関係性が一番、エロチックに思えました。三幕での「パープルレイン」演奏では、赤星さんが人間ミラーボールに扮してくれて、サービスも満点。宮崎さんの関西弁が印象深い(笑)
怪物ランドプロデュースVol.4 1991年3月19日〜27日
「SEXSOPHY〜怪物ランドの高俗と低俗」シアターVアカサカにて上演

*観劇記*

一幕目の舞台はタイかなんかなのでしょうか?アジアンティストでもあり、無国籍でもある雰囲気。(衣装が「AGAIN」のせいもあったかもしれません。)一幕目のお芝居は、郷田さん演じる不能の夫とその妻が、第三者を通して性的不能を克服するお話と、自分の中にある聖の部分と悪の部分(特に娘への近親相姦願望)に苦しむ赤星さん演じる牧師さんのお話を、二つを交互に織り交ぜながら進行する形式、二幕目の「女の一生」は、代々伝わる「愛人」を巡っての家族のお話。この中で、一条さん演じる「愛人」と、島崎さん演じる「妻」の奇妙な友情はとてもよく判るなぁと、共感しながら観ました。「WATER」から一貫して「新しい三角関係を作って人間関係を円滑にしよう」というようなテーマがあるように感じられます。「永遠の愛人」を演じられた一条さん(「愛人」の登場場面の一条さんはとても素敵)の剣を使ったストリップが観られ、女性も楽しめる美しいストリップに思わず溜息ついた観客の女性も多いのでは?平光さんの「おじさん」演技が好きな私は、ぜひ又平光さんの「おじさん」が観たいです(笑)平光さん・赤星さんが「女欽ちゃん」と絶賛する島崎さんの演技も必見。
怪物ランドプロデュースVol.5 1991年12月13日〜19日
 「WATER」シアターVアカサカにて再演

*観劇記*

(これ、ビデオ化されている「WATER」です。)今回は松本きょうじさんのとぼけた味にすっかりはまってしまったマッチ次長。高野さんも良かったけど、きょうじさんも良い!ナスターシャも良い!(笑) エルザの「わったしっはタッコおっんな〜」が何度も頭の中をリフレイン・・・郷田さんの「・・・おれもやられた。」この回のが一番好きです。
怪物ランドプロデュースVol.6 1992年3月19日〜24日
 「Domination〜怪物ランド風SMファンタジー〜シアターVアカサカにて上演
PARTーT(15分):<ボンテージファッションショー>
PARTーU(30分):レクチャーコント<サザエさんとマスオさんに見るSM的考察>
PARTーV(45分):コスチュームストレートプレイ<ラブ ボンテージ>
PARTーW(10分):<ドミネーションバンド>

*観劇記*

いつもはストレートプレイ→コントという構成だったのですが、これはコント→ストレートプレイという構成であるし、ストレートプレイの部分の脚本は、一条さゆりさんが書きおろしていらっしゃいます。
一条さゆりさんの不思議な存在感が印象に残る。ストリップ観るのは(SEXSOPHY以来なので)二回目。今回は蝋燭を使ったストリップで、ストリップってキレイなものだな〜・・・と、思った人、多いはず。郷田さんのマスオさんっぷり、赤星さんの波平さん・・コントの部分は平光さんが書いており、赤星さんの「一人SM」の場面は必見です(笑)そして平光さん・一条さんのストリートプレイの部分なのですが、いつもはちょこっとしか出演しない平光さんが、45分ものお芝居で演技をしてくれたのが単純に嬉しかったです。妻子持ちの男と、ある女性の恋愛関係をSMを通して描いているのですが、幼児プレイ・ナースプレイとコスチュームも楽しめ、個人的に幼児プレイの場面のお二人の演技が好きです。衣装といえば、「ラブ ボンテージ」の部分の衣装は、ファッション関係の専門学生さんたちの作品だったと記憶しているのですが、とても豪華かつセクシーで良かったです。
余談ですが、『ドミネ−ション』のポスターで乗っている金色のロールスロイスは勝新太郎さんのもので、当時、ある事情(借金のかたに取り上げたという噂)で、ロック座にあったので借りた、というお話を一条さゆりさんに伺いました・・・勝新太郎さんと金色のロールスロイス・・・凄い。
*一条さゆりさまから更に情報を頂きました。
パート1がコント、2が、ファッションショーです。チラシが間違っています。平光さんとのお芝居の部分も「60分SM一本勝負」と言っているとのご指摘がありました。(パンフレットにも「1時間出ずっぱり」と書いてあったような(^^;)これはチラシからの転載なのですが、ビデオで確認すると確かにその通りですね(すみません、気がつかなくって(^^;)一条さん、どうもありがとうございますm(__)m
怪物ランドプロデュースVol.7 1992年8月20日〜23日
 「フェロモン」ラフォーレミュージアム原宿にて再演

*観劇記*

実はこの芝居、マチ蔵は「使えるだけの汚い手」を総動員して、稽古場にはお邪魔してお稽古は見せてもらうわ、楽屋にはいれてもらうわさせて頂いたの記念すべき芝居。(いや、後輩が演出助手していたんでフツーにお願いしたんですけど)稽古が始まる前、稽古場に入っていくと「パソコンで麻雀しているつるつるの人」(赤星さん)がいて、音響さんが入ってきた〜・・・と、思ったらなんと郷田さんでした(^^;宮崎さんは稽古場のすみでなにやらおとなしくされていました。
稽古場での平光さんは、稽古中にマッチ次長が差し入れしたドトールのアイスコーヒー(ブラック)をパックのままゴクゴク飲み、マッチ次長たち見学者が「わはは」笑うと、その反応を鋭い目線でチェックしている「厳しいプロ」でした。

公演終了後、楽屋を訪ねると鏡前に一升瓶を何本か置いた赤星さんが出迎えてくれました。一緒に行ったマッチ次長の友人が「パイ、美味しそうでしたね。」と言うと「食うか!いいぞ、食ってくれ!でも手垢だらけだぞ、病気になるぞ!」と、友人を脅しました(^^;;;

芝居の出来は言わずもがなですが、シモーヌ役の麻衣子ちゃんが成長して、より少女らしさを増し感無量でした。稽古場、楽屋の様子、少しは伝わったでしょうか?

●郷田ほづみ●

NEW!
湘南アクトステージ第六回公演
「想い出のガーデニア」
2004年6月24日〜27日 会場:神奈川県二宮社会福祉センター
作:金津泰輔 演出:郷田ほづみ
CAST:高杉健太・須加みき・杉山弘子・中村佳世・水野理紗・佐土原智子・小林貴・帖佐寛徳・原田博之・仲野元 茂木修二・西原ゆーこ・水斗あゆ美・西村奈央・中村梨香・貫井りらん・米田昌二・山本 浩司・坂本充広・宮入斗似

*観劇記*

三年ぶりくらいの舞台。お馴染み(と言っても二回目ですが)のアクト皆さんはすごく成長されたなーという印象でした。登場人物全員の名前が花の名前なのも、子育てとガーデニングをだぶらせた脚本も面白く感じました。
坂本さん出演回を観せて頂きましたが、坂本さんはちゃっかりしたキャラクターの味がよく出ていて面白く、とにかく楽しませて頂きました。それから水斗さん、第二回公演「煙が〜」ではおばあさん役が印象的だったのですが、今回のお母さん役も達者。四人の子供を育てた貫禄のようなものも出せていて良かったと思います。次回作もオリジナル脚本でしょうか?シリーズものっぽいので、次回作も楽しみにしています。(マッチ次長)
ひらり、空中分解。<仮> vol.7  
 『コックは踊る!〜 at one's choice 〜』
2004年4月7日〜11日) 会場:新宿THEATER/TOPS
作:金津泰輔(つ組) 
演出:郷田ほづみ
CAST:ひらり、空中分解。<仮>(大波 誠/坂本充広/八幡朋昭/若山 慎)  
GEST:松川貴弘/宮内知美/野口聖古/新堀真澄

*観劇記*

 
今回は初めて平日の公演を観せて頂いたのですが、なかなかの盛況!もうすでに「お母ちゃん」的な気持ちで追っかけさせて頂いているのでなんかもう、開演前の客席見ただけで一安心(笑)。

 東京オリンピックの選手村の食堂が舞台。スクリーンを使っての東京オリンピックダイジェストっぽいものが楽しめたり、工夫が満点。ナレーション役も兼ねている野口さん、出ずっぱりの上にもの凄いセリフ量^^; 可愛らしい声も心地よく、楽しませて頂きました。女性が多かったので華やかなカンジがしました。ひらりメンバーに混じった松川さんも、丸尾くん(@ちびまる子ちゃん(笑))的なイヤな奴ぶりを発揮、なかなかいい味出してました。コック長@若山さん、飛ばす、飛ばす(笑)。いつもは「特撮ヒーローっぽい人だな」って印象だったのですが、今回はどこで変身してもおかしくないテンションの高さ(笑)。八幡さんは引き出しの一つ、「C調人間」をこれまたいいカンジに。幼い娘に毎晩電話を掛ける「パパの顔」も良かった。坂本さんの女性キャストとの「デートのお約束」ももはや定番化?(笑) 次回が楽しみです。さて最後まで取っておいた大波さん、今回は「スシ食いねぇ!」な和食の板さんで、コック長(代理)から追廻(おいまわし)まで転落、しかし薬丸裕英な魅力全開(笑) で楽しませて頂きました。

 次回公演の前に、若山さんの「若山慎 演劇ショー」があるようで、こちらも期待しています。だって「日本のモンティ・パイソン」こと怪物ランドは三人組だけど、ひらり〜の皆さんは四人組。企画も手がける集団になって欲しいと思っているのです。
次回作では何が飛び出すか。そろそろ「郷田さんとの五人芝居」が観たいころではありますが(笑)。

羽衣1011 第1回プロデュース公演
夢見る頃を過ぎなくても

2004年1月15日(木)〜18日(日)会場:ウッディシアター中目黒
作:池田政之 演出:郷田ほづみ
CAST:山像かおり/渡辺美佐

*観劇記*

 羽衣さんの公式サイトによると、一年間もこの舞台を大切に創り上げてきたのが分かるのですが、舞台の出来ももちろん素晴らしいものでしたが、HP、チラシ、劇場サービス、どれをとってもキャスト・スタッフ一丸となって(という言葉はよく使われますが、本当に使いたくなったのはこの公演が初めて)楽しんで作ってきたのだなぁ、という事が伝わってきて、そちらも楽しめました。
 女ふたりがいがみあうといったらもちろん男問題でしょう、と思っていたらドンピシャリ(笑)。女優二人の芝居には、何一つもムダがなく、あっという間に時間が経ってしまい、あの二人の居た空間にもうちょっと居たかったな、という余韻も楽しめました。この公演は郷田さんも楽しんで演出されたのではないでしょうか? 次回も郷田さん演出だとしたら、山像さん・渡辺さんを次はどう調理してくれるのかが楽しみです。これからもチェックしていきたい企画集団です。
ひらり、空中分解。<仮> Vol.6
「銃を弾け、楽器を撃て〜the superior」

2003年11月27日〜12月1日 会場:恵比寿・エコー劇場
作:金津泰輔 演出:郷田ほづみ 
CAST:ひらり、空中分解。<仮>(若山慎/八幡朋昭/大波誠/坂本充広) 
GEST:矢崎まなぶ・大和波路・樋口泰子

*観劇記*

 二年ぶりのひらり〜のメンバー。四人ともすごくたくましく成長されていて、楽しく観劇させて頂きました。今回は「ひらりのメンバーに階級をつけたらどうなるか?」がテーマだったようですが、脚本の金津さん上手い! ペーペーな大波さんに、我関せず、だって客観的な立場で大丈夫だもんね〜な坂本さん、たたき上げ、な若山さんにヤなエリートの八幡さん(笑)。特に気になったのはボケ三人、ツッコミ一人(大波さん)なひらり〜のメンバー。大波さん、大変です(笑)。郷田さんは四人の個性をしっかり把握していらっしゃるので安心して観ていられました。パワーある男の子の芝居はこちらもパワー貰えるので観ていてワクワクします。次回作も楽しみです。

湘南アクトステージ第五回公演
 「幸せのアルデンテ」
2003年10月9日〜12日 会場:神奈川県二宮社会福祉センター
作:金津泰輔/演出:郷田ほづみ
CAST:水野理紗・貫井りらん・仲野元・須加みき・原田博之・米田 昌二・中村佳世・玉井美佳・高杉健太・西村奈央・花澤美喜・西原ゆーこ・湯川正樹・伊藤麻美・山本浩司・帖佐寛徳・中村梨香・杉山 弘子・茂木修二・佐土原智子
ひらり、空中分解。<仮> Vol.5
「ブルドッグ 〜The Struggle of Bulldog Edition〜」
2003年4月16日〜20日 会場:シアターVアカサカ
作:金津泰輔 演出:郷田ほづみ 
CAST:ひらり、空中分解。<仮>(若山慎/八幡朋昭/大波誠/坂本充広) 
GEST:嶋田奏子・野口聖古・森宮 隆

湘南アクトステージ第四回公演
 「アルジャーノンに花束を」
2003年2月15日・16日 会場:神奈川県二宮町生涯学習センター ラディアンホール
原作:ダニエル・キイス 脚色:菊池 准 演出:郷田ほづみ
CAST:茂木修二・水野理紗・湯川正樹・須加みき・原田博之・小林貴・山本浩司・米田昌二・志猪千晶・仲野元・中村佳世・西原ゆーこ・染麻里子・玉井 美佳・佐土原智子・宮入斗二・花澤美喜・佐々木恭介・伊藤麻美・中村梨香・水斗あゆ美・高橋京子・貫井里蘭

湘南アクトステージ第三回公演 
「誰かが誰かを愛してる」

2002年2月23日・24日 会場:神奈川県二宮町生涯学習センター ラディアンホール
原案:鈴置洋考 脚本:堤 泰之 演出:郷田ほづみ
CAST:宮入斗似・水斗あゆ美・仲野元・中村梨香・原田博之・貫井里蘭・高橋京子・染麻里子・佐々木恭介・外村和雄・西原ゆーこ・須加みき・伊藤麻美・湯川正樹・水野理紗・米田昌二・茂木修二・中村佳世・志猪千晶

湘南アクトステージ第二回公演
 「煙が目にしみる」

2001年6月3日〜24日 会場:神奈川県二宮町生涯学習センター ラディアンホール
原案:鈴置洋考 脚本:堤 泰之 演出:郷田ほづみ
CAST:湯川正樹・中村佳世・外村和雄・染 麻理子・水斗あゆ美・又村 奈緒美・宮入斗似・仲野元・花澤美喜・西原ゆーこ・米田昌二・高橋京子
郷田ほづみ・中村梨香・高杉健太・貫井里蘭・志猪千晶・須加みき・小林貴・佐々木恭介・花澤美喜・水野理紗・茂木修二・伊藤麻美

*観劇記*

初めて観る郷田さん率いる湘南アクトステージの舞台。もちろん郷田さんご出演回を観せて頂きました。お葬式という大変緊張を強いられる場でのドタバタの面白さと、故人の思い。笑わせるところと泣かせるところのメリハリが利いていて、大変面白く観せて頂きました。シリアスな郷田さんって初めて観たのですが、やはり上手いし、何と言っても牽引力がある。またこういった形での公演も拝見してみたいです。(マッチ次長)
ひらり、空中分解。<仮> Vol..4
「バンドワゴン 〜今なお一縷の希望あり〜」

2002年6月6日〜9日 会場:中野ザ・ポケット
作:金津泰輔 演出:郷田ほづみ 
CAST:ひらり、空中分解。<仮>(若山慎/八幡朋昭/大波誠/坂本充広) 
GEST:長澤功一・野口聖古・宮内知美

ひらり、空中分解<仮>vol.3 
『罠』
2001年2月22日〜25日 会場:中野ザ・ポケット
原作:ロベール・トマ 演出:郷田ほづみ 
CAST:ひらり、空中分解。<仮>(若山慎/八幡朋昭/大波誠/坂本充広) 
GEST:柴田時江・真日龍子・正田達也 

*観劇記*

 まずは「ひらり、空中分解<仮>」の説明から。「コメディにこだわる4人の俳優ユニット」だそうです。今回の戯曲はオーソドックス、いや、当日頂いたモノに寄れば「基本的にはオーソドックスな演劇、ただメンバー全員が喜劇にこだわっている」そうだ。確かに新劇でもなければ、アングラでもない。基礎のしっかりした役者さんたちがそれぞれの個性に合った「笑い」を表現するために舞台を作っている、そう感じました。
 今回、郷田さんの演出というものを初めて観て、今までマチ蔵は「郷田さんは役者として「笑い」を得意とするが、演出家としては違う傾向のものがお好きなのでは?」と、思っていたのですが、違うという事にやっと気づきました。まさに『罠』に掛かっていたマチ蔵。役者・郷田ほづみさま、流石です。もちろん、いまさらそんな事を言うのもおこがましいですが。
 これからも演出家・郷田ほづみ氏の「笑いの探求」は続くのでしょう。次回作も楽しみにしています。

湘南アクトステージ第一回公演 
「見果てぬ夢」
2000年10月6日〜8日 会場:神奈川県二宮社会福祉センター
原案:鈴置洋考 脚本:堤 泰之 演出:郷田ほづみ

CAST:湯川正樹・宮入斗似中村梨香・佐々木恭介・仲野元・高杉健太・須加みき・小林貴・金子智治・水斗あゆ美・高橋 京子・志猪千晶・花澤美喜・中村佳世・米田昌二・坂上真紗希
ひらり、空中分解。<仮> Vol.2
「パジャマスガタの決闘 〜All in a night’s fuss〜」

2000年2月18日〜20日 会場:銀座小劇場
作:金津泰輔 演出:郷田ほづみ 
CAST:ひらり、空中分解。<仮>(若山慎/八幡朋昭/大波誠/坂本充広) 
GEST:沢木みな

ひらり、空中分解。<仮> Vol.1
「女優様御命令 〜taming of the goddess.〜」
1999年7月9日〜11日  会場:新宿パンプルムス
作:金津泰輔 演出:郷田ほづみ 
CAST:ひらり、空中分解。<仮>(若山慎/八幡朋昭/大波誠/坂本充広) 
GEST:五藤悠有菜

●赤星昇一郎●

  

劇団鳥獣戯画
『三人でシェイクスピア』
*不定期ロングラン公演 会場:(現在は)プーク人形劇場
演出:知念正文
出演:石丸有里子、知念正文、赤星昇一郎

*観劇記*

 けっこう前に観たのですが、(2003年3月の横浜公演)とてもいい公演でした。シェイクスピア全37作品を一時間半弱(しかも休憩あり)で公演しちゃうという大胆なもの。特に印象的だったのは、なんといっても赤星さんの女装(しかもジュリエットやマクベス婦人、オフィーリアまで綺麗どころをカツラを駆使して演じちゃう… もちろんヒゲつきで(笑))と、もの凄い衣装の早替え。一本終わったあとの舞台裏はさぞかし凄まじいものなんだろうなぁなんて考えながら観てしまいます。観客参加型コーナーもあり、三人に翻弄されつつ、大満足。ロングラン公演ですからまだご覧になってない方は是非、ご覧になってください。ハマりますよ。